おおきく振りかぶって(30) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (3)
  • (12)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 219
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065134085

作品紹介・あらすじ

県立西浦高校野球部の4市大会初戦の相手は崎玉高校。夏の大会でコールド負けした崎玉は西浦にリベンジを誓っていた! 徹底的に練られた崎玉の戦略が西浦を翻弄! 流れは崎玉に傾いた!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと同点に追いついて,振り出しに戻る.でも埼玉,かなり執念深い.なかなか試合が進まなくてだんだん飽きてきた.

  • 「夏のリベンジ」に燃える埼玉との試合が続く30巻。
    西浦と埼玉、チームとしても選手としても
    それぞれの作戦と思惑が絡み合い、
    濃厚なゲームが展開されていきます。
    正直、顔と名前が一致するキャラクターは多くないし、
    どちらのチームも全員を把握できるわけではない。
    でも確実にその一人ひとりの心理や状態が
    ゲームを左右していく面白さに引きこまれます。
    次巻、決着なるか!?

  • 12/07/2018 読了。

    両チームともにいいチームだなぁ…。
    次巻で決着つくかなぁ。

  • 面白かった

  • 読了。

  • 崎玉のリベンジなるか!
    沖くんのがんばりにじわっとなる。向こうのキャッチャー阿部並みの性格だったらどうしよう…でも彼には彼なりのイッチャン先輩を思う気持ちがあるんだろうなと。
    ミハシの強気がなんか面白い。オレはバントはうまいって。サードランナーのフミキのユルさ。
    次回決着かな?

  • 話としてはあまり進まなかったが、野球ならではの展開と球の読み合いが楽しませる。

  • 西浦対崎玉戦は、6~7回の攻防へ。
    「崎玉の本気度なめてたぞ!」・・・この阿部クンの言葉通りに、
    西浦の大ピンチは続く。ナインは、モモカンは、どう対処するのか?
    29巻の佐倉クンのピッチャーに驚きましたが、
    30巻ではなんといっても石浪クン!
    冷静沈着で読みも正確、バッティングのセンスも秀逸。
    投手へのフォローも良い。欠点あるのかなぁ?
    リベンジ!西浦は前回とは真逆に、コールド負けの寸前まで
    追い込まれますが、なんとか持ちこたえてます。
    そして、下位打線が頑張る・・・皆、モチベーション上昇中!
    両チームとも、一人ひとりが活きている感、これが良い(^^♪

  • 出ました!
    怒濤の30巻!

    しかし、四月に入学してまだ秋だぞ?
    それで30巻て……。
    どこまで描くんだ(^^)?
    まあ、ついていきますとも!

    2018/11/22 更新

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ひぐち アサ
埼玉県出身、女性漫画家。
大学卒業後の1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞(春)に「ゆくところ」を投稿、四季賞を受賞する。同年、『月刊アフタヌーン』8月号に「ゆくところ」が掲載され、漫画家デビュー。
2003年に連載開始した、高校野球をテーマにした『おおきく振りかぶって』がこれまでの熱血系・ドラマ系の高校野球マンガと異なる切り口で高い評価を誇り、第10回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。「日本のメディア芸術100選」でもマンガ部門で選ばれた。翌2007年には第31回講談社漫画賞一般部門を受賞している。テレビアニメ化もされた代表作となった。

おおきく振りかぶって(30) (アフタヌーンKC)のその他の作品

ひぐちアサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おおきく振りかぶって(30) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする