地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065134122

作品紹介・あらすじ

全国の不動産関係者と銀行員必読の書!
いま日本中で「地面師」という名の詐欺師集団が跋扈している。彼らは不動産の持ち主になりすまし、勝手に不動産を転売して大儲けするのだ。騙されるのは、デベロッパーや不動産業者などの「プロ」たち。被害者の中には信じられないような大手も含まれている。積水ハウスは五反田駅前の旅館「海喜館」の土地建物を70億円で購入したが、なんとその土地取引は完全な詐欺。被害があまりに巨額だったため、この事件が会長追い落としのクーデターに利用される後日談もあった。また、飛ぶ鳥を落とすあのアパグループも、赤坂溜池の駐車場を12億円で買ったつもりが、これまた地面師詐欺で全額減損処理を余儀なくされた。名だたるプロがコロッとダマされる地面師の手口は実に巧妙で複雑だ。詐欺集団の実態とその犯行の内実を知ることしか、詐欺から身を守る方法はない。

著者プロフィール

森功(もり・いさお)

 1961年、福岡県に生まれる。岡山大学文学部卒業。伊勢新聞社、テーミス社などを経て、新潮社に入社し、「週刊新潮」次長などを務める。2003年から、フリーのノンフィクション作家として活躍。2008年、「月刊現代」の連載「ヤメ検―司法に巣くう生態系の研究」が、2009年「同和と銀行」が、2年連続で「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を受賞。単行本の『同和と銀行』は第41回大宅壮一ノンフィクション賞候補、また2011年の『泥のカネ』で第33回講談社ノンフィクション賞候補、2012年の『なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間』で、第11回新潮ドキュメント賞候補、第44回大宅壮一ノンフィクション賞候補。
 著書には、『ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき』『黒い看護婦 福岡四人組保険金連続殺人』(以上、新潮社)、『許永中 日本の闇を背負い続けた男』『サラリーマン政商 宮内義彦の光と影』(講談社)などがある。

「2017年 『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団のその他の作品

森功の作品

ツイートする