「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (6)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065137208

作品紹介・あらすじ

死刑存続論者の多くは、「死刑制度がある理由は被害者遺族のため」と言う。しかし、著者は問う。「自分の想像など被害者遺族の思いには絶対に及ばない。当事者でもないのに、なぜこれほど居丈高に、また当然のように死刑を求められるのか?」本書は、死刑制度だけでなく、領土問題、戦争責任、レイシズム、9・11以後、原発事故、等々、多岐にわたる事象を扱う。日本に蔓延する「正義」という名の共同幻想を撃つ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筆者は「売国奴」や「非国民」などと嘲笑され、誹謗中傷されることが多いといいます。
    たしかに、そういった批判は浴びるだろうという主張ではありますが、筆者の主張に共感できる部分がとても多く、刺激的な1冊でした。

    筆者の主張の根幹にあるものは、「暴力に暴力で対抗してはいけない」「いたずらに危機意識を煽るメディア(また、事件報道をはじめ危機感を要求する視聴者)を無批判に受容してはいけない」といったことだと思います。
    近年の日本社会に溢れる「治安が悪化している」という雰囲気は、事件報道を見たがる視聴者と、それに応えたマスコミの相互作用で醸成されてきたという筆者の指摘は正しいように思いますし、具体的なデータ(数字)にもとづかない印象による議論も多いと感じます。

    たしかに、「理想論」と批判されるようなことも述べられていますが、その”理想”を「現実」のものとするために、何ができるのか、また何をすべきなのかということを考え、また世の中で起こっている事象の”原因”は何なのか、一面的な報道だけでなく多角的な視点から情報を得て考察すること(それにより「恐怖」や「不安」の根源を明確にすること)の必要性を改めて強く感じます。

  • 一章は良かった。
    自分より明らかに弱い相手(つまり自分が論破出来そうな意見)だけを取り上げて殴るスタイルにだんだん飽きてくる。

  • だいぶ前に買って読みかけていたのがいつのまにか積ん読の山に紛れ、このたび発掘されたので続きを読んだ。

    森達也さんの書くものは常に葛藤にまみれている。揺れている。自分が正しいとは決して思わず迷いながらそれでもご自分が見たもの聞いたこと経験したこと調べたことを真摯に書いている。
    ショッキングなタイトルは本書に収録された一コラムのタイトルだけど、この中でも筆者は躊躇なく「自分がその立場に置かれたら」と書きつつ迷う。

    疑問を持ち続けること。自明とされている、報道されている、今目の前に見えるもの、それらを(自分を含めて)疑い続けること。その上でバイアスを排して物事をあるがままに認めようともがき続ける著者の姿勢に共感する。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/523757

  • もっとオウムのはなし載ってると思ったー

  •  タイトルがショッキングで、このタイトルに関してゴリゴリ書いているかと思いきや、過去の連載をまとめたもので、様々な内容について言及していた。なので森達也ってどんな人なのか?という入門編としてピッタリだと思う。僕はドキュメンタリーの映画監督という認識で、A、A2、FAKE、新聞記者iと見ているけど、どれもめちゃくちゃオモシロいのでオススメ。特にAシリーズはオウム真理教に内部から密着しているドキュメンタリーで、本著でも繰り返し言及されているA3の前の話なので見ておけばA3を100倍楽しめる。
     一部加筆されているものの、2000年代後半~2010年代初頭に書かれたコラムで構成されている。著者が当時懸念していたことがことごとく表面化している最近で、読んでいると辛い気持ちになった。日本は平和な国なのかもしれないけれど、その平和を達成するために何を犠牲にしているのか、再三言及している麻原彰晃がなぜサリンを撒かせたのか、その原因を突き止めずに、社会が考えることを放棄した結果、どんどん国民の権利が侵害されている。そのことに無自覚なまま、責任を取らない社会がどんどん広がっていくディストピア。政治のニュースを見ていて意味が分からない/気持ち悪いと感じるポイントが数多く指摘されており、それは確かにそうですねーと納得することばかりだった。普段特定の人としか政治の話はしないけど、こんな風に自分の意見を述べて同意・反対含めて議論しないと政治自体が成熟しないなと最近思う。なぜなら今の政治のレベルは保守/革新とか右/左とかそういう次元の議論ではなく、もっと土台レベルでおかしいことの連続だから。そして「おかしい」と声に出さなかったことのツケを払っているような気がする。じゃあこれからどうするねんというのは読んだ人が一人ずつ行動するしかない。それが民主主義なんだと思い知った。

  • 弩ストレートでそれ故に衝撃的なタイトルが目を引く一冊。
    「人間社会」ではなく、「群れで生活する霊長類の一種、ホモ・サピエンス」について考察されているといったイメージ。 難しい話題も多かったが、途中途中に挟まれる「日常のクエスチョン」が清涼剤となり、自分のような知識不足の人間でも読み切る事ができた。
    タイトルを目にし、「何を言っているんだこいつは」と思った方にこそ読んで頂きたいと感じる。

  • 19/1/6読了。

    ダイヤモンド誌に連載した記事をまとめたもの。
    なので、記事自体は5〜10年ほど前(2007〜2013年あたり)のものがメイン。

    本書の中で、表現の本質は欠落にある、との一文がありました。
    だから、僕も真似して、本書については多くを書かないようにしてみます。

    ーー森達也氏、相変わらずですw


    ところで、森達也氏の作品(映像、著作)に触れたことがない方は、ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。
    (本書でなくてもいいので。)

  •  著者は、一般の人やメディアが無自覚に持つ信念に潜む偽善や虚勢に、敏感でその無自覚に恐怖すら感じるのだろう。死刑に関する著書を読んだ時も、納得し、自分の無自覚を反省したはずだが、だらだらとニュースと新聞を受け取っているうちに、いつの間にか死刑容認を身につけている。人間は、錯覚を持つことで自己を保っているところがある。そんなどうしようもなさへの警鐘は、明らかにし続けなければならないでしょう。地下鉄サリン事件にかかわる死刑囚が、全員執行されたことを、著者はどう思っているのでしょう。

  • 著者の本や映像作品はいくつか見ていて、基本的な考え方には賛同出来るので、本作も共感しながら読了しました。
    ただコラムをまとめたもの(だと思う)なので、ひとつひとつの論説はややよわいかな、と感じます。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年広島県生まれ。映画監督・作家・明治大学特任教授。98年、オウム真理教のドキュメンタリー映画『A』を公開。2001年、続編『A2』が山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。11年に『A3』が講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に『放送禁止歌』『死刑』『いのちの食べかた』『FAKEな平成史』『ニュースの深き欲望』他多数。

「2019年 『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森達也の作品

「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×