七つの大罪(35) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (8)
  • (13)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 301
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065138779

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

英雄六傑、頂上超決戦! 団長の魔神王化を阻み、王女を死の呪いから解き放つ。不可能を可能にすべく、敵中枢に斬り込む命知らずたち! 「閃光」の天使長、唯我独尊の〈傲慢〉、天下一の魔術士らの強襲が功を奏すか? 〈おしゃぶり〉&〈うたたね〉の最凶W指南役が返り討ちに仕留めるか? 天下分け目のキャメロット。聖戦の本丸で勝機を掴むはいずれの軍か──!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回はマーリン、リュドシエルvsゼルドリス達のところ。
    いやー、ついていけていない。

  • 英雄六傑、頂上超決戦! 団長の魔神王化を阻み、王女を死の呪いから解き放つ。不可能を可能にすべく、敵中枢に斬り込む命知らずたち! 「閃光」の天使長、唯我独尊の〈傲慢〉、天下一の魔術士らの強襲が功を奏すか? 〈おしゃぶり〉&〈うたたね〉の最凶W指南役が返り討ちに仕留めるか? 天下分け目のキャメロット。聖戦の本丸で勝機を掴むはいずれの軍か──!?(Amazon紹介より)

  • もうみんな最強すぎて追いつかない…!!
    ラストのバンとエレインのシーンは最高だ〜
    ほんと生き返るとかなんでもありすぎるけどバンの思いが叶ってよかったねえ〜〜

  • 英雄六傑、頂上超決戦! 団長の魔神王化を阻み、王女を死の呪いから解き放つ。不可能を可能にすべく、敵中枢に斬り込む命知らずたち! 「閃光」の天使長、唯我独尊の〈傲慢〉、天下一の魔術士らの強襲が功を奏すか? 〈おしゃぶり〉&〈うたたね〉の最凶W指南役が返り討ちに仕留めるか? 天下分け目のキャメロット。聖戦の本丸で勝機を掴むはいずれの軍か──!?

    メリオダスの帰還がほぼ確定になったところで、現実のメリオダスの前でマーリン・エスカノール組とゼルドリス組の対決。
    相変わらずこの人のバトルは奥の手を披露しびっくりした所でさらに奥の手が…といった具合になかなか終わらないのでだんだん読むのが疲れてくる。マーリンのチートっぷりも相変わらずだったのに、結局無駄になってしまったっぽい?
    まぁともかくバンが無事帰還出来て良かった。そしてエレインがついに本当の死者蘇生。でもこんな大戦のど真ん中で不死身を無くしたのは正直キツいと思うんだけど。

  • ゼルドリスとのたたかい
    バンの帰還

  • 「見た目で中身を判断しちゃダメよ」っていう事がよく描かれているマンガですね

  • "「バン……本当によかったの……?
    これで あなたは永遠の命を失ってしまったのよ…?」
    「…んなことはどうでもいいさ お前との約束さえ果たせればな♬
    『いつか必ずお前を奪う』エレイン これでお前は一生俺の物だ♬」"[p.180]

    エレインの命に関してはこれでひと段落?
    読んでる分には楽しいけど、戦いがなかなか決着しないのでそろそろ一息つきたい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1994年、『Revenge』でデビュー。著作に『ライジングインパクト』、『ブリザードアクセル』、『金剛番長』、『ちぐはぐラバーズ』など。現在、週刊少年マガジンで『七つの大罪』を大人気連載中。

「2018年 『小説 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木央の作品

七つの大罪(35) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×