千年図書館 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065139646

作品紹介・あらすじ

ラスト1行まで何がおこるか分からない!
優しく、そして切ない5つの物語。

大ヒット「どんでん返し」ミステリ
『私たちが星座を盗んだ理由』の衝撃、再び!

全てはラストで覆る!
強烈な余韻があなたを襲う5つのミステリ

死後の世界と禁忌の谷に心を囚われた少女の物語「見返り谷から呼ぶ声」
村で凶兆があるたび若者が捧げられる図書館の秘密「千年図書館」
地球侵略中の異星人に遭遇した大学生の奇妙な日々「今夜の月はしましま模様?」
大きく奇怪な墓を村のあちこちに建てる男爵の謎「終末硝子(ストームグラス)」
呪われた曲を奏でた傷心の高校生におこる不可思議「さかさま少女のためのピアノソナタ」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2019/01/19読了

  • 2019年6冊目。どんでん返しミステリ短編集再び。⌈見返り谷から呼ぶ声」一番ミステリ度も高いし、伏線も上手く張られてる。最後に明かされる驚愕の事実とその理由には泣かされますよ。⌈千年図書館」圧倒的終末感。雰囲気作りが上手いからこそブラックなオチがより色濃く見えてくる。⌈週末硝子」最後に全てが繋がる、どんでん返しのお手本のような作品。⌈さかさま少女のためのピアノソナタ」とてもシンプルなのにしっかり意表を突かれた。この結末に思い至れなかったのは、逼迫した状況にすっかり浸っていたからだろう。

  • 著者らしさに満ちた五篇の作品集。いずれも、派手な表現は使われていないのにいつの間にか魅了されている…そんな作品たちだった。特に表題作の着地が秀逸。丹念に言葉を選び、紡いだ作品だからこそ、ラスト1ページへの落下が見事に決まる。あまりにも決まり過ぎて心の底からゾッとさせられた。ページの使い方さえも読者を楽しませる技として使う作者なのかと、妙な感動を覚えた程に。またSFとしてのエッセンスを効かせ、やはり最後にニヤリとさせる『今夜の月はしましま模様?』と少ないページ数で人物たちの寂しさと優しさを描き上げた『さかさま少女のためのピアノソナタ』がお気に入り。

  • 北山猛邦の最新刊。『メフィスト』掲載の3編と、書き下ろしの2編が収録されている。
    収録作はどれもSF色、或いはファンタジー色が強いミステリ短編だった。どれか1作挙げるとすれば、『終末硝子』だろうか。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

2002年、『『クロック城』殺人事件』(講談社ノベルス)で第24回メフィスト賞を受賞しデビューする。
代表作として、デビュー作に端を発する『『瑠璃城』殺人事件』(講談社ノベルス)などの一連の<城シリーズ>や、『踊るジョーカー』(東京創元社)などの<名探偵音野順の事件簿シリーズ>、『猫柳十一弦の後悔』(講談社ノベルス)などの<猫柳十一弦シリーズ>がある。

「2018年 『ダンガンロンパ霧切 6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千年図書館 (講談社ノベルス)のその他の作品

北山猛邦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
宮部 みゆき
ジェイムズ・P・...
東野 圭吾
村田 沙耶香
辻村 深月
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする