スイート・マイホーム

著者 :
  • 講談社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065141779

作品紹介・あらすじ

狂気に迫りおおせた作品。――朝井まかて
最後の1ページ、ここまでやるか。――石田衣良
ここまでおぞましい作品に接したのは初めてだ。――伊集院 静
読みながら私も本気でおそろしくなった。――角田光代
情動の底の底にある不安感を刺激される。――花村萬月

選考委員、全員戦慄。
第13回小説現代長編新人賞受賞作。

長野の冬は長く厳しい。スポーツインストラクターの賢二は、一軒のモデルハウスに心を奪われる。「まほうの家」という売り文句がついたその家は、たった1台のエアコンで家中を同じ温度で暖めることができた。寒がりの妻と娘のためにも、真剣に購入を考え始める賢二だったが、実家のことが気にかかる。年老いた母と、引きこもりの兄。二人を古い実家に残し、新しい家を買っていいものか。意を決して母に相談するが、意外にもすんなり納得してくれた。
「いつも監視されているから、隠しておくのも大変なんだ」
わけがわからない兄の言動は気になるものの、賢二は家を建てる決心をする。
1年半後、新居は完成し、新しい家族も生まれた賢二は幸せの絶頂にいた。ところが、その家に引っ越した直後から奇妙な現象が起こり始める。我が家を凝視したまま動かない友人の子ども。赤ん坊の瞳に映るおそろしい影。地下室で何かに捕まり泣き叫ぶ娘――。想像を絶する恐怖の連鎖は、賢二の不倫相手など屋外へと波及していき、ついに関係者の一人が怪死を遂げる。
ひたひたと迫り来る悪夢が、賢二たち家族の心を蝕んでいく……。

圧倒的な恐怖で選考委員を驚愕させた、「イヤミス」を超える、世にもおぞましい「オゾミス」誕生!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画「へレディタリー/継承」の小説版のような作品。でもその全然手前にいる作品。
    謳い文句には「『イヤミス』を超える、世にもおぞましい「オゾミス」」とある。
    黒板を爪で擦った時に出る不快な音のような小説はあまり得意ではないのだが・・・

全1件中 1 - 1件を表示

スイート・マイホームのその他の作品

スイート・マイホーム Kindle版 スイート・マイホーム 神津凛子

神津凛子の作品

ツイートする