紺田照の合法レシピ(8) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065146231

作品紹介・あらすじ

実写ドラマ超絶大人気!大炎上(ヒット)!!

お料理に血道を上げる紺田 照(こんだ てる)は、高校3年生の新人極道。
組の宴会中に襲撃を受けた先輩組員・丸長を前に、流石にお料理している場合ではないのか!?

↓魅惑のレシピの数々↓
豆腐と卵のふんわり巾着煮
お茶漬け風親子丼
鮭と小松菜の台湾風炒め
などなど!!!

実写ドラマも超絶大絶賛だった高校生極道のお料理ギャグ、新展開!温泉での宴会中に、組長と若頭に矢が放たれた!手品をしていた組員・丸長が二人をかばうも、そのまま崩れ落ちてしまう。丸長の命は、真犯人は、そしてそんな状況でお料理はできるのか!?戦慄の最凶ライバルも登場!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今ドラマやってるの?
    おもしろい?


    第51話・甘辛殺し屋
    あぁー、
    オカマちゃんの続きか!
    で、
    殺し屋なオカマちゃん紺田照を殺るのか?!
    と、
    思いつつ裏切り?!
    何事も信頼関係よね。
    と、
    サイレンサーのごとき太巻きってなんだ!?


    第52話・香ばしく焼けた事件
    射的!
    だいたい打ち落とせない!
    そういうのはユーチューバーに検証してもらおう!
    と、
    祭りかと思ったら学園祭で、
    さらに、
    謎解きっていう模擬店も凄いな。
    さらに、
    謎解いた景品が叉焼って。。。
    渋くない?
    で、
    紺田照は叉焼欲しさに頑張る!

    しっかし、
    根菜界の手榴弾って!
    でもさ、
    コロッケなんですが里芋で作るのって美味しそうじゃない?
    しかも、
    叉焼とブロッコリーまで入ってます!
    これ、
    美味しいやつじゃないか?
    食べたい。。。
    そろそろ、
    ドラマ化していい感じなんですから、
    紺田照食堂とかどっかで開いてよ!
    食べに行くんで!


    第53話・キャンパーインザダーク
    あれか、
    キャンプで焼きマシュマロってデフォなんですか?!
    美味しいらしいよね。
    やってみたいが、
    キャンプなんていくわけない!
    家でガスコンロじゃ味気ないしね。。。
    で、
    知り合った男性がヤクの売人!
    春さんも久しぶりに登場です!
    で、
    ヤクの売人からいただいたホルモンでハンバーグ!
    最近、
    美味しいハンバーグって食べてないんですが、どこかオススメありませんか?


    第54話・隠蔽された恋心
    三須寺守は、
    組長の旦那の肉蔵さんと仲良かった人。
    今は足洗ってるのね。。。
    で、
    組長が気になってると!
    極道の女に惚れるって怖いよね!
    しっかし、
    観覧車から中華を連想するってなかなか紺田照の想像力も怖い!


    第55話・てまり、襲来
    紺田てまり?
    てまり?
    紺田照のお姉さん登場!
    つか、
    お笑い芸人になりたいって。。。
    どうでもいい。。。
    よしもといけ!
    つか、
    豚バラ肉とキクラゲのらーめん風パスタは食べたい!
    美味しそうじゃない?


    第56話・雨中の捜索
    紺田照と春真希はつきあってる?
    気になるのはそこだけじゃなく、
    エイリアンvsマフィアってどういう内容なんでしょう?


    第57話・かぶりつく黒い魔の手
    春真希が誘拐!
    紺田照に警視総監を暗殺せよ!
    じゃないと、
    春真希を殺すぞだって!
    問題は、
    9巻に続く・・・。

    こういうの嫌い!
    ちゃんと、
    8巻は8巻できれいに終わらせようよ!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

鹿児島県出身。デビュー作は『名探偵キドリ』(全3巻)。現在、「少年マガジンR」にて『紺田照の合法レシピ』連載中。また「月刊少年マガジン」にて『カラダ電気店』不定期連載中。

「2018年 『紺田照の合法レシピ(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

紺田照の合法レシピ(8) (KCデラックス)のその他の作品

馬田イスケの作品

ツイートする