イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

  • 講談社
4.04
  • (10)
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 131
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065147382

作品紹介・あらすじ

インターネットのプロトコルは、仲間同士の協力から生まれた。できあがったシステムも、同じようなコラボレーションを助長する遺伝子が埋め込まれているかのようだ。
第2巻では、いよいよ身近なデジタルイノベーションのすべてが明かされる。パーソナルコンピュータ、ソフトウェア、ブログ、Google、ウィキ。そしてテクノロジーの「これから」とは?

【チームワークこそイノベーションの根幹である】

人物のチームワークについて描くことが重要なのは、チームワークのスキルこそイノベーションの根幹であることが見落とされがちだからだ。私のような伝記作家の手によって孤高の発明家として描かれ、神話化された人物が主人公の本なら無数にある。私も、そうした本を何冊か世に送り出してきた。

アマゾンで「発明した」や「発明家」を検索してみればたくさんヒットする。一方、コラボレーションによる創造を描いた本は少ない。だが、今日の技術革新が形作られた経緯を理解するうえで真に重要で、しかも興味をそそられるのは、チームワークが生み出すものなのだ。

「イノベーション」という言葉は、多用されすぎたせいか、最近ではすっかり手あかがついてしまい、その意味もあいまいになりつつある。そこで私は、イノベーションが現実の世界で実際にはどのように起きるのかを明らかにしてみたいと考えた。
創意あふれる現代のイノベーターは、いかにして破壊的なアイデアを現実のものとしたのか。その発想の飛躍を生み出した要素はなんだったのか。どんなスキルが最終的に有効であり、どのようにリーダーシップを発揮し、コラボレーションを進めたのか。成功と失敗を分けたのはなんだったのか。

私が本書に取りかかったのは、10年以上も前のことになる。自分自身が目撃してきたデジタル時代の変化に魅力を感じていたことも動機だったが、ベンジャミン・フランクリンの伝記を書いたのもきっかけだった。(中略)

最初に考えたのは、インターネットを発明したチームに光を当てることだった。だが、インタビューに応じてくれたビル・ゲイツが、こう勧めてくれたのだ。インターネットとパーソナルコンピュータは同時期に出現した、それを書いたほうが深い話になるんじゃないか、と。
……序章より


*「ゼロックスというお金持ち」を狙うジョブズとゲイツ
*経営が苦手な天才起業家、ウィリアム・フォン・マイスター
*起業を支援する大学、スタンフォード
*「ウィキ」と「ヌーペディア」の目指したもの
*スペルミスが名付け親のGoogle

野心と創造性、欲望と使命。
AI と生きていく人生100年時代、ビジネスパーソン必読の歴史書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イノベーションの歴史はバトンを受け継ぐように繰り返されるものだ。
    本書はそのイノベーションを扱いつつも、エンジニアリングの本質であるビジョンとチームワークの重要性を有形無形にといたものとなっている。

    下巻ではいよいよパーソナルコンピュータが登場し、イノベーションの軸がハードウェアからソフトウェアへと比重を移してゆく。
    フォーマルな装いに身を包んだ上巻のイノベーターたちとは対象的に、下巻で紹介されていくイノベーターたちの佇まいはより庶民的で、いわゆるギークなものになってゆく。
    コンピュータが民主化され、イノベーションの主体が一般大衆に移ってきたことの現れかもしれない。

    プロプライエタリとオープンソース、いまだに尽きることのない論争だ。
    本書を通してその激しい攻防の歴史が綴られるが、このせめぎあいがあったからこそ今日の発展があるのだろう。
    理想主義に走りすぎるとビジネスとしては成立しなくなり、利益追求で囲い込むと広がりが生まれない。

    ソフトウェア産業に関わる向きには、本書は芳醇な示唆を与えてくれる。
    プロダクトに集中したビジョン、そしてそのビジョンの元に集まった素晴らしいチームこそがイノベーションを導くということだ。
    ビジョナリーが途方もないアイデアを掲げ、凄腕のエンジニアがその夢想を正夢に変えていく。本書で繰り返し登場するパターンだ。
    スクラム開発ではプロダクトオーナーとチーム、そしてスクラムマスターを役割として定義しているが、このイノベーションの勝ちパターンとどこか似ているというのは考えすぎだろうか。

    下巻には我々が同時代を生きたスターであるジョブズやゲイツ、ペイジにブリンが登場する。そういったスターの成功譚として楽しむでもよいし、イノベーションの本質を知りたい、自分でイノベーションを起こしたいという人には必読ともいってよいだろう。

  • こちらのほうはほぼ同時進行のネタ。そしてほとんどが社会人になってからの話。

  • #flier

  • ●カウンターカルチャーは中央の権威を軽蔑しており、それがパーソナルコンピュータ革命の思想的な基礎となった。
    ●まだプログラミングの地位が低い時代で、プログラマーは女性ばかりだった。
    ●アランケイが1972年に描いたダイナブックのスケッチ
    ●ポールアレンとビルゲイツ。ウォズニアックとジョブズ。
    ● 1992年まで、AOLのような商用サービスがインターネットに接続するのは違法だった⁉︎93年から誰でもアクセスできるようになった。
    ●情報の結びつきを実現できるシンプルな方法がハイパーテキスト。URL HTTP HTML
    ●プリンもペイジも、モンテッソーリ教育
    GoogleはGoog olのスペルミスで、たまたまドメインが取れた事がきっかけ。
    ●いつかは、人ゲノムの配列が明らかになり、自然が炭素ベースのシステムが知性を生み出している方法もうできる日が来るだろう。他人の作った製品をリバースエンジニアリングして課題を解決するのと同じように。といっても容易なことではないだろう。ニューロン302個シナプスを8000個持つ長さ1ミリメートルの線虫でさえ、神経系の活動をマッピングするのに40年もかかっている。それが人間の脳には、ニューロンが860億シナプスは150兆個以上もあるのだ。
    ●デジタル時代と言えばとかく大変革を連想しがちだが、実際は、前の世代から受け継いだアイディアの拡張が中心だ。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/522996

  • 色々な話がありすぎて。。。インテルやゲイツ、ジョブス、グーグル等の話はそれぞれで書籍化されているので、そちらを読んだ方が有用とも思えた。

  • どこかで読んだ話の詰め合わせの印象でした。

  • 請求記号 007.2/I 68

  • ステーブ・ジョブズ、ダヴィンチをものにした伝記作家アイザックソンの最新刊。
    コンピュータ・ネット・ITの歴史がテーマだが、そこは伝記作家らしく、人、それも一人の天才だけではなく、オタクやチーム作りの名人など人と人とのコラボに焦点を当てたのが出色。
    今に至るITは、ハード、ソフト、ネットワークの進歩の積み重ねではあるが、単に個々の技術だけでなく、進化の歩調や社会的な志向が絶妙に組み合わさったものだと理解できる。
    ITの通史だけでも十分に面白いが、人とチームのコラボ・葛藤を描くことで絵巻物のような圧巻のノンフィクションだ。さすがアイザックソン。

  • 「イノベーターズI」の続きです。この巻では、パーソナルコンピュータの誕生、ソフトウェアの発達、ネットワークの発達などが語られています。しかし個人的には、内容は1巻の方が面白かったです。
    内容のいくつかはリアルタイムで自分が体験したことが含まれていたので、内容的な踏み込みの浅さが気になりました。
    とはいえ、コンピュータの歴史がコンパクトにまとめられた良書だとは思います。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ウォルター・アイザックソン【著者】Walter Isaacson
1952年生まれ。ハーバード大学で歴史と文学の学位を取得後、オックスフォード大学に進んで哲学、政治学、経済学の修士号を取得。英国『サンデー・タイムズ』紙、米国『TIME』誌編集長を経て、2001年にCNNのCEOに就任。ジャーナリストであるとともに伝記作家でもある。2003年よりアスペン研究所特別研究員。著書に世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』1・2、『レオナルド・ダ・ヴィンチ』上下、『ベンジャミン・フランクリン伝』『アインシュタイン伝』『キッシンジャー伝』などがある。テュレーン大学歴史学教授。


「2019年 『イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウォルター・アイザックソンの作品

イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史を本棚に登録しているひと

ツイートする