今日から使える統計解析 普及版 理論の基礎と実用の”勘どころ” (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.74
  • (5)
  • (8)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065147931

作品紹介・あらすじ

難しい数学は不要! 統計の意味も使い方も抜群にやさしく解き明かす。
理論から応用まで、一歩一歩着実に! 最近は強力な統計用ソフトが手軽に使えるようになり、なんとなく解析ができるようになりました。しかし……なんとなく数字やグラフを出せるだけでは、統計を理解したことにはなりません。統計の「勘どころ」を押さえておかなければ、手法の選択を誤ったり、怪しい数字に騙されてしまったりするでしょう。いま、かつてないほどに統計の重要性が謳われています。本書はこれ以上ない丁寧さと、実用を意識した解説で、あなたを「統計達人」にします! 現代人必読の一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000086312 
    ※学外から利用する場合は、リンク先にて「学認アカウントをお持ちの方はこちら」をクリック→「北海道大学」を選び「選択」をクリック→入学時に配布されたID/PWでログイン

  • 信州大学の所蔵はこちらです☆
    https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB27701867

  • 他の本で見るような複雑な数式は少なく、各手法が何のために使われるか分かり易い。
    入門としては良い。とても良い。

    議論の正確さと言った点は、曖昧なものの、それは本書に求めることではない。

    すでに基本がある人には面白くないかもしれないが、他書で統計解析を挫折しそうな人におすすめ。

  • 意味がわかる統計学<本書<意味がわかる統計解析

    新書なので親しみやすく書かれた内容だが、分散分析以降は分かりにくい。

  • 大学の教科書の副読本みたいな感じ。復習がてらにちょうどよかった。

  • これはわかりやすい。カイ二乗はこれを読んで理解できた。式の意味、どのようなところに使われるのか詳しく書いてある。

  • 2019/5/11 ジュンク堂三宮駅前店にて購入。
    2019/11/8〜11/13

    このところ必要があって統計学を集中的に学んでいるが、あまり数式を使わずに統計の妙を語っている良書。大変参考になった。あと、2冊統計の本を買ってあるが少しお休みしてから勉強を続けることにしよう。

  • 統計の入門書的な位置付けの本、と言いつつ、案外難しいかも。あいだ間にあるコラムが好きで、目から鱗な内容が満載。

  • ★語り口調で丁寧に解説してくれるのでわかりやすい。「今日から使える」だけあって計算手順を一つ一つ示してくれる。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1930年、秋田県生まれ。1953年、東京工業大学工学部機械工学科卒業。工学博士。防衛庁(現・防衛省)、日本電気を経て、日本航空宇宙工業会顧問などを務める。ジェット機、レーダーなどの研究開発に携わった。確率、統計、多変量解析など、応用数学に関する著書は40冊を超える。主著に『今日から使える統計解析 普及版』(講談社ブルーバックス)や『確率のはなし』『統計のはなし』をはじめとする「はなしシリーズ」(日科技連出版社)など。

「2020年 『今日から使える微積分 普及版 基礎から大学数学の入り口まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大村平の作品

今日から使える統計解析 普及版 理論の基礎と実用の”勘どころ” (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×