罪の声 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 346
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065148259

作品紹介・あらすじ

2020年映画公開!小栗旬×星野源の共演。

「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、本屋大賞第3位。圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた傑作長編小説。「これは、自分の声だ」――京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品からカセットテープとノートを見つける。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。

逃げ続けることが、人生だった。

「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2017年本屋大賞第3位。
圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた全世代必読の傑作長編小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明らかにあの事件をベースに、加害者側として関わってしまった主人公と、未解決事件の特集を担当することになった記者。
    記者がイヤイヤ取材してたのが、だんだんとのめり込むあたらがグイグイきて、目がはなせない。
    二人が繋がってからは、一気にくるカンジ。
    これはおもしろい!映画見ようかな?

  • 20150516

  • 昭和最大の未解決事件を圧倒的な取材で描いた大ベストセラー! 山田風太郎賞受賞作。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

塩田武士(しおた たけし)
1979年兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒。新聞社勤務中の2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー。2016年『罪の声』にて、第7回山田風太郎賞受賞、「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門で第1位となる。2019年『歪んだ波紋』で第40回吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に、『女神のタクト』『ともにがんばりましょう』『崩壊』『盤上に散る』『雪の香り』『氷の仮面』『拳に聞け!』『騙し絵の牙』がある。『罪の声』の映画化が2020年公開決定し、小栗旬・星野源の共演が決まっている。

罪の声 (講談社文庫)のその他の作品

罪の声 (講談社文庫) Kindle版 罪の声 (講談社文庫) 塩田武士
罪の声 Audible版 罪の声 塩田武士
罪の声 単行本 罪の声 塩田武士

塩田武士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
米澤 穂信
辻村 深月
伊坂 幸太郎
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

罪の声 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする