罪の声 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (36)
  • (44)
  • (14)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 970
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065148259

作品紹介・あらすじ

2020年映画公開!小栗旬×星野源の共演。

「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、本屋大賞第3位。圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた傑作長編小説。「これは、自分の声だ」――京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品からカセットテープとノートを見つける。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。

逃げ続けることが、人生だった。

「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2017年本屋大賞第3位。
圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた全世代必読の傑作長編小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 徹夜本になりました(途中でやめられず一気読み)

    当時関西にいて、大人に近い年齢であったので
    あの何とも形容しがたい気配が本当にいやでたまらなかったです。
    ボイスチェンジャーだと思い込んでいた、何度も何度も聞いた子どもの声が
    本当に子どもが吹き込まされたものだったら?
    フィクションと知りつつ、そうであってくれと思いつつ
    今どんな思いで過ごしているのだろう
    それこそ生きているのだろうか。

    最後には泣けました。

  • とてもとても悲しく切ない話。最後はかなり泣けた。。。

  • 面白かった。前半はゆっくり読み進まないと分からなくなってしまったけど、後半はどんどん読み進みたくなった。
    実際の事件も解決したらいいのに。作者の想像力に魅せられました。

  • 『グリコ・森永事件』をモチーフにした話題作が文庫化。
    話題になるだけあって面白く、特に中盤〜後半にかけては殆ど一気読みだった。『ギン萬事件』と固有名詞だけは変えられているが、事件の内容は出来るだけ判明している事実に忠実に描かれているだけあって、『ひょっとすると本当にこれが真相だったのかも?』と思わせる説得力があった。

  • 本作品はグリコ森永事件を題材にしたミステリーとなります。

    狐目の男 菓子への青酸ソーダの混入 小学校に入る前の自分にとって何の事やら、断片的なキーワードでしかありえませんでした。本作を読んで『コレってグリコ森永?』と思いグリコ森永を、ググってみると本作品そのまんまの事が書かれている事に驚きました!

    京都のテーラーの二代目と何の為にジャーナリストになったのかに悩む新聞記者のダブル主人公がグリコ森永事件(作中では銀萬事件)の深層を それぞれの理由で探る事に・・・
    舞台はロンドン 京都 大阪と あっちに行ったりこっちに行ったりで主人公達が事件の真相を探るため所狭しと駆けずり回る!

    平成が過ぎ去り令和になった今だからこそ あえて昭和を振り返る!!!

  • いっきに読んだ。ああなんてこと。
    ノンフィクションのようなフィクション。
    フィクションだとしても、どうかこれからは幸せに生きていってほしいと願う。

  • 「報道とは何か」を加害者家族を通して向き合える本。

  • グリコ・森永事件を題材にして、罪を犯した者の身内、あるいは知らずに犯罪に加担してしまった者の苦悩を描いている。
    理不尽に罪を着せられた人間の社会に対する復讐ははたして正義なのか。冤罪についても考えさせられる。

  • グリコ森永事件を題材に、著者オリジナルのストーリーを重ねた小説です。
    京都でテーラーを営む曽根俊也は、母親の部屋から古いカセットテープと黒革の手帳を見つけます。そのテープにはあの昭和の食品企業恐喝事件の犯人による警察への指示に用いられた子供の声が。そして、それは俊也自身の声でした。
    なぜ自分の声があのテープに録音されているのかという疑問、身内があの事件に関わっていたのではとの疑念に揺れる俊也と、未解決事件を追う新聞記者の阿久津英士。二人は夫々が事件の真相を追っていることを知らないままに、わずかにつながる手がかりを手繰っていきます。そして物語後半で二人は出会い、なぜ俊也の声が犯行に使われたのかの真相を掴みかけるのですが…
    実際のグリコ森永事件は、警察の大規模な捜査にもかかわらず未解決のままです。そこに著者オリジナルの展開を盛り込み、緻密な伏線の張り方や、複雑に絡む人間関係の描写などのリアリティの豊かさ、「実際の事件の真相はこうだったんじゃないのか?」と思わされるほどの完成度です。
    お菓子に毒物を入れるという凶悪な犯罪をモチーフにしていますが、結末は非常に切ない展開で締めくくられ、フィクションではありますが、重厚なノンフィクションを読んだような印象でした。文庫本で500ページを超える大作ですが冗長な印象は全く無くて、グリコ森永事件を知っている方なら誰でも読んでいるうちに引き込まれて読み終えることができるのでは。最近読んだフィクションでは断トツの一番かなという気がします。

  • 久々に小説を読みました。面白かったです。グリコ森永事件に関する本も読んでみたいと思いました。

  • 初めての塩田武士さん。あのグリコ森永事件きっとこうだったんじゃなかったのかと新聞記者出身らしく時系列的なリアリティが凄いです。来年東宝で小栗旬、星野源で映画化も決定。どこまで原作に迫れるか興味津々。

  • 犯罪ってもちろん本人だけでなく、
    その家族に大きな影響を与えますよね。
    例え、それが完全犯罪だろうと。。
    目に見えない部分に泣く人たちのことを
    考えさせられました。

  • 明らかにあの事件をベースに、加害者側として関わってしまった主人公と、未解決事件の特集を担当することになった記者。
    記者がイヤイヤ取材してたのが、だんだんとのめり込むあたらがグイグイきて、目がはなせない。
    二人が繋がってからは、一気にくるカンジ。
    これはおもしろい!映画見ようかな?

  • 泣けるなぁ――。真実はどうなんだろう? 

  • 私は新しい本を購入する時、その作品に対する予備知識が無い場合が多い。
    ジャケ買い、帯の内容、書店員さんの手書きポップなんかを参考にその場で手に取って購入する事が多い。
    本作は「映画化決定」の帯の文字が目に入り購入。

    読み始めて
    「え、これあの事件?」
    とすぐに思い当たるも、当時小学校低学年だった私には「キツネ目の男」の似顔絵しか印象がない。

    そして混乱する。
    同年代の旦那にも聞いてみる。
    あの事件、解決してへんやんな?覚えてる?
    しかもあの事件、こんな馴染みのある地名で起きてたん?
    これ、事実やないやんな?
    予想通り旦那もあんまりハッキリ覚えてない。

    一体どこまで事実として認知されてるのか。
    ウッカリこれが真実だと思わせられそうだった。
    阿久津さんほどじゃないけど、ちょっとだけ調べてみようっと。

  • 面白かったが、自分には設定が不自然に感じた。もう少しハラハラさせて欲しかった。
    ヨークでの阿久津の台詞は流暢すぎて不自然に感じた。
    映画は見るか微妙。

  • 面白いと言ってはなんだけど、面白かった。
    追う新聞記者、真実を追求する声の主。この構成も面白かったが、点だった情報が線になっていくことの面白さ。
    でも、同じく声の主の別の子供たちの話は涙無しには読めなかった。
    本当にあの事件の真相知りたいな。

  • 面白かった
    最初は事件の全貌が分からず読むのに時間がかかったが、後半は一気読みだった!
    動機や各登場人物の心理的な部分は考えさせられた。子供を思う気持ちや自己保身、正義感、罪悪感など各自の思いが交錯することで、この結末につながったというのが違和感なく読めた。

    元の事件のことは全然知らずに読んだのでモデルの事件があったことに驚いた。
    2回目読むにはしんどいけれど映画はぜひ見てみたい。

  • 新しい着眼点で既存の犯罪を描く本作は、当時「微かな印象」が残っている自分としても興味深く読み進めていくことができた。「声を使われたこども」曽根俊也の心情、「事件を追う記者」阿久津英士の心情が丹念に描かれている。2つのルートで事件を追っていくが途中で1つになってラストへ向かう怒濤の展開。

    作中でも述べられているが、大胆な計画なのに、結局のところ、根底にあるのは「警察への対抗心と不審感」ではないか。
    山下と谷についての掘り下げがあまりなく、「双頭の天狗」のもう片方青木側の描写が少ないことが残念だ。青木が「プロ」であることは辛うじて分かるが、吉高の運用はどうなっていたのか、ブラックホールの解明に重点はおかれておらず、タカシについては、軍人崩れとしかわからない。

    子ども視点で描くことが主目的だからだろう。新たな視点で見直した点は評価できる。グリコ森永事件のこどもが罪悪感に苛まれていなければいいなと思う。

  • 20190516

全44件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

塩田武士(しおた たけし)
1979年兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒。新聞社勤務中の2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー。2016年『罪の声』にて、第7回山田風太郎賞受賞、「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門で第1位となる。2019年『歪んだ波紋』で第40回吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に、『女神のタクト』『ともにがんばりましょう』『崩壊』『盤上に散る』『雪の香り』『氷の仮面』『拳に聞け!』『騙し絵の牙』がある。『罪の声』の映画化が2020年公開決定し、小栗旬・星野源の共演が決まっている。

罪の声 (講談社文庫)のその他の作品

罪の声 (講談社文庫) Kindle版 罪の声 (講談社文庫) 塩田武士
罪の声 Audible版 罪の声 塩田武士
罪の声 単行本 罪の声 塩田武士

塩田武士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
辻村 深月
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

罪の声 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする