日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065148280

作品紹介・あらすじ

なぜ米軍基地はなくならないのか? なぜ羽田空港から西へは離着陸できないのか? なぜ米軍機が墜落しても日本警察は出だしをできないのか? なぜ事故後も原発を続けようとするのか? 戦後70年を超えてもアメリカの「占領状態」が続く日本のおかしさを白日のもとに曝し、大反響を呼んだベストセラー。

著者プロフィール

(やべ こうじ)1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。株式会社博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表。著書に『知ってはいけない――隠された日本支配の構造』(講談社現代新書)、『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(以上、集英社インターナショナル)、『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること――沖縄・米軍基地観光ガイド』(書籍情報社)、共著書に『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』(創元社)。企画編集に「〈知の再発見〉双書」シリーズ、J・M・ロバーツ著「図説 世界の歴史」(全10巻)、「〈戦後再発見〉双書」シリーズ(以上、創元社)がある。

「2019年 『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか (講談社+α文庫)のその他の作品

矢部宏治の作品

ツイートする