還暦からの底力―歴史・人・旅に学ぶ生き方 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065149874

作品紹介・あらすじ

還暦後の人生を充実させる考え方

第一章 社会とどう向き合うか
・「何歳まで働くのか」を考えても意味がない
・高齢者が生かされる歴史的・生物学的意味
・「敬老の日」を廃止せよ
・「年齢フリー」の世の中に
・グーグル・アマゾンを生み出せない日本の教育
・「飯・風呂・寝る」の生活から脱却せよ

第二章 老後の孤独と家族とお金
・「老後の孤独」の本質はゆがんだ労働慣行
・死んだら星のかけらに戻るだけ、恐れても仕方ない
・次の世代のために、自分の範囲でできることをする
・運をつかむカギは「適応」にあり
・人とのつながりは「自分」というコンテンツ次第
・人生は愛情の獲得競争
・子孫に美田を遺さず、必要なら生前贈与を

第三章 自分への投資と、学び続けるということ
・80歳でもチアリーダーになれる、DJになれる
・「昔取った杵柄、新たな物事への「感染」
・英語で一番難しいのは日常会話
・成果の出る学習の秘訣は「仕組みづくり」
・「物事の見方」をどう磨くか
・学びが還暦後の底力をパワーアップする

第四章 世界の見方を歴史に学ぶ
・日本が鎖国できたのは「世界商品」がなかったから
・スペインの没落を招いた「血の純潔規定」
・ダイバーシティで栄えた国、反ダイバーシティで没落した国
・日本の敗戦はおごり高ぶって開国をしてた結果
・世の中を理解するために必読の古典とは
第5章 持続可能性の高い社会を残すために
・男女差別が日本を衰退させている
・男性が子育てをすると家族愛が高まる科学的理由
・赤ちゃんを産んでも女性が経済的に困らない仕組み
・社会保障と税の一体改革は必要不可欠
・よいリーダーとよい政府は市民がつくる

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人生100年時代を楽しく過ごすために必要なことが書かれた本。

    充実した人生を過ごすには、健康を維持して、好きなことをやること。

    年齢の縛りから自由になれば、いくつになっても人は成長できることを本書は教えてくれます。

  • 人生の生き方のハウツーもの。特に感銘を受けることもなく、単純に読めた。

  • 出口治明(1948年~)氏は、京大法学部卒、日本生命勤務後、2006年にライフネット企画(2008年からライフネット生命)を起業、同社の代表取締役社長・会長を務め、2018年から立命館アジア太平洋大学学長。歴史書、読書論、ビジネス書などの著作も多数。
    私はこれまで著者の本を読んだことはなかったが、自ら50代半ばを過ぎて「還暦」を意識し始める中で、タイトルに惹かれて購入したというのが正直なところであるが、読了してみると、そのタイトルにもかかわらず、「60歳になったのだからこれをやりなさい」、「70歳になったらこれがお勧めです」というハウツー的な話はひとつも述べられていない。少々肩透かしを食った気がするのであるが、著者はそれについて、「必ずしも自分の好みではない誰かが決めたパターンにわざわざ自分からはまりにいく必要はない、人間は一生懸命自分の好きなことをするのが一番幸せだ、・・・「人・本・旅」でいろいろな人に会い、いろいろな本を読み、いろいろなところに出かけて行って刺激を受けたらたくさん学びが得られ、その分人生は楽しくなります。」と述べている。
    しかし一方で、(生物学的な)人生後半において、どのように人生に向かい、社会と接していくべきかについて、多読家で歴史や社会情勢に詳しいビジネスマン・教育者として、古今東西の幅広い人物・本・事象を取り上げて、様々な示唆を与えてくれている。
    いくつか印象に残った点を記すと以下である。
    ◆還暦からの底力を発揮する重要なポイントは、色眼鏡(その人の価値観や人生観)を外してフラットに周囲の物事を見ること。「数字・ファクト・ロジック」で、エピソードではなくエビデンスで世界を見ること。そうすれば、(年齢に関する)根拠のない不安はなくなる。
    ◆生殖機能を失った高齢者が生かされている歴史的、生物学的意味は、次世代を健全に育成すること。(本川達雄『生物学的文明論』による)
    ◆俗にいう「人脈の作り方」の類は無駄。毛筆の手紙をもらおうが、梨のつぶてだろうが、面白いと思った人にはまた会いたいと思うのが人情。人とのつながりは「自分」というコンテンツ次第。
    ◆人生において教養が重要である理由は、教養がある人は、教養がない人に比べて豊かで楽しい人生が送れるから。「教養=知識×考える力」であり、これは「おいしい人生」を送るためには必須。
    ◆世の中を理解するために必読の古典6冊は、ベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』、ウォーラーステイン『近代世界システム』、アダム・スミス『国富論』と『道徳感情論』、ジョン・ロック『統治二論』、ダーウィン『種の起源』。
    ◆人間観には、人間は勉強すれば賢人になれるという人生観と、人間は勉強したところで所詮はアホな存在であるという人生観の2種類がある。後者に基づき、皆が概ね満足しているならそのままでいいというのが「保守主義」の考え方。一方、前者に基づき、賢人が考えた通りにやれば世界はうまくいくというのが「革新主義」である。著者は、基本的に「保守主義」を支持。
    ◆歴史的に優れたリーダーは、経済の成長に貢献した人。日本では、平清盛、足利義満、織田信長。
    「人生楽しくてなんぼ」と語る著者が、「年齢フリー社会」、「オール・サポーティング・オールの世界」を生きるための指針を与えてくれる一冊。
    (2020年5月了)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

立命館アジア太平洋大学(APU)学長学校法人立命館副総長・理事ライフネット生命保険株式会社創業者1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画(株)を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険に社名を変更。12年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『全世界史(上、下)』(新潮文庫)、『人類5000年史(I~III)』ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義(古代篇/中世篇)』(文藝春秋)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)など著書多数。

「2020年 『ここにしかない大学 APU学長日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出口治明の作品

還暦からの底力―歴史・人・旅に学ぶ生き方 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする