いつもそばには本があった。 (講談社選書メチエ)

  • 講談社
3.65
  • (3)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 142
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065150122

作品紹介・あらすじ

1冊の書物には、それが大切な本であればあるほど、たくさんの記憶がまとわりついている。その本を買った書店の光景、その本を読んだ場所に流れていた音楽、そしてその本について語り合った友人……。そんな記憶のネットワークが積み重なり、他の人たちのネットワークと絡み合っていくにつれて、書物という経験は、よりきめ細やかで、より豊かなものになっていく──。
本書は、そんな書物をめぐる記憶のネットワークを伝えるために、二人の著者がみずからの経験に基づいて書いたものです。ただし、これは「対談」でも「往復書簡」でもありません。
キーワードは「観念連合」。ある考えやアイデアが別の考えやアイデアに結びつくことを示す言葉です。一人が1冊の本をめぐる記憶や考えを書く。それを読んだ相手は、その話に触発されて自分の中に生じた観念連合に導かれて新たなストーリーを綴る。そして、それを読んだ相手は……というように、本書は「連歌」のように織りなされた全16回のエッセイで構成されています。
取り上げられるのは「人文書」を中心とする100冊を越える書物たち。話題がどこに向かっていくのか分からないまま交互に書き継がれていったエッセイでは、人文書と出会った1990年代のこと、その後の四半世紀に起きた日本や世界の変化、思想や哲学をめぐる現在の状況……さまざまな話が語られ、個々の出来事と結びついた書物の数々が取り上げられています。本書を読む進めていくかたたちにも、ご自分の観念連合を触発されて、新たなネットワークを交錯させていってほしい。そんな願いを抱きながら、人文書の衰退、人文学の危機が自明視される世の中に、二人の著者が情熱をそそいだこの稀有な1冊をお届けします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本は、ドゥルーズなど仏哲学を中心とした哲学研究者の國分功一郎さんと、雑誌編集者兼ソシュール研究者でもある互盛央さんが、昔読んだ本に関する文章を相互に交換リレーする形式で綴ったものである。フォーマットとしては珍しく面白い仕掛けだが、それが成功してこの本を特別な本にしたかというと、それほどまでではない。ただ、少なくとも二人の関係性と、主に1990年代初めに学生だった世代が共有する読書空間があって初めて成立した本だという意味で特別な本である。國分さんが1993年に、互さんはその1年前に大学に入学している。自分は1988年入学だが、理系であったこともあり、現代思想にかぶれるようになったのは少し後であることを考えると、おそらく著者らとちょうど同じころに現代思想に触れた世代といえる。そのため、出てくる本、出てくる著者、出てくる言葉、についていちいち溢れ出てくる懐かしさを感じた。1995年に日本で公開されたクロード・ランズマンのドキュメンタリ映画『ショア』(上映時間9時間半!)の話が出てくるに至ると、本当に同時代の空気を感じて生きていたんだなあと思う。

    國分さんが担当する最初の回では、國分さんが大学一年のときに所属していたサークルで柄谷行人の話題が出た話で始まる。そのとき國分さんは柄谷のことを知らなかったそうだが、その後出版されたばかりの『ヒューモアとしての唯物論』を夢中で読んで、その内容に感銘を受けたという話が出てくる。自分の柄谷体験で熱心に読んだ本を挙げるとすると、それとは違う『探求I』『探求II』になるが、そのころに現代思想にはまった人間にとって、柄谷の影響力は今では想像することは難しいのかもしれない。自分が大学院生になったころ、思想書好きで集まったグループで手作りの雑誌を作ったことがあったが、そのグループの中でも柄谷の存在感は頭ひとつ抜けていた(そのグループの中に、東大教授となっている社会学者の北田暁大がいた)。國分さんは、柄谷の最近の著作として『哲学の起源』を出色の出来であり傑作と評しているが、この辺りにもまだ柄谷へのある種の憧憬がまだ生きているということなのかもしれない。自分なら、近年の著作から選ぶのであれば、やはり素直に『世界史の構造』を挙げるが。というように、この世代であれば、柄谷行人については話を継ぐことができるものなのである。

    瓦さんは、自身の研究者としての方向性を作るきっかけとなった本として丸山圭三郎の『ソシュールを読む』と『ソシュールの思想』を挙げている。自分にとっても、シニフィアンとシニフィエの発想、すでにある世界の分類に沿って言語があるのではなく、言語自体によって現実世界が分節されているという思想を眼から鱗が落ちる思いで読んだ。ソシュールは哲学思想の深さと面白さを知ったきっかけの一つでもあった。そして、自分がそのような現代思想の書き手を知った本は『わかりたいあなたのための 現代思想・入門』という本だったのだが、この本について「この本、懐かしく感じる世代のかたがいるはずだ」と書かれてあり、驚いた。この本は単行本ではなく、いわゆるムック本のようなものだが、懐かしく思い出すというのは全くその通りで、自分もこの本から現代思想に入り、どの本を読むべきかのガイドブックとして長く手元においていたものである。ああ、みんなそういう感じで入ったんだな、ムック本でもこうやって広く影響を持つものもあるんだと、そのころの熱とともに思い出した。瓦さんはこの本に出てきた人として山口昌男、廣松渉、今村仁司、蓮實重彦、柄谷行人という名前を挙げているが、まさしく懐かしく感じる名前である。本書に出てくる思想家の名前をあらためて見ると、『わかりたいあなたのための 現代思想・入門』の影響の大きさがわかるような気がする。「若い頃は、豊崎や蓮實重彦の文章に憧れて、むやみに込み入った文章を書こうとしていたのを(恥ずかしく)思い出す」と書かれているが、恥ずかしながら自分もそういう思いを共有する一人である。

    昔読んだ本については、その本を読んだ状況含めて、さまざまな記憶と結びついているものが多い。今は電子書籍で読んでいることもあるのか、年齢のせいなのか、そういう本は少なくなっているような気がする。学生のときに読んだ本のいくつかはその本を読んでいる情景とともに思い出すことができる。なぜその本が印象に残っているのか理由はわからないものもある。例えば、蓮見重彦の『フーコー・ドゥルーズ・デリダ』は、何か所用があって一人で遅れてスキー場に向かう電車の中で読んだのをなぜかはっきりと覚えている。もちろん、フーコー、ドゥルーズ、デリダ各々の本は、その気合の入った本の装丁とともに印象深い。本書の中でも様々な話題の中心にフーコー、ドゥルーズ、デリダがいる。特にフーコーの『言葉と物』『監獄の誕生』『狂気の歴史』は、丁寧にかぶせられた薄紙をくしゃくしゃにならないように大事にして、読むたびに丁寧に再び本にかけてカバーに入れていた。フーコーの読書体験は、あの装丁とともにある、と言って同意していただける人はどれくらいいるのだろうか。
    他にも、本書の中で今でももっと読まれるべき本として挙げられたロラン・バルトの『テキストの快楽』『S/Z』『物語の構造分析』『零度のエクリチュール』『モードの体系』『恋愛のディスクール・断章』『神話作用』『表徴の帝国』『彼自身によるロラン・バルト』などは、光沢のある真白い、みすず書房の品のある書籍を大学院生時代の部屋で、寝床にしていたロフトに寝ころんで熱心に線を引きながら、ときに印象的な言葉をノートに書き写しながら読んでいたことをやや暗い部屋のくすんだイメージと少し匂う布団のにおいとともに思い出す。

    「本だけがそのような物語を紡ぎ出せるわけではない。だが、本はそのような物語を紡ぎ出すのに最適の媒体である。だからこそ、人類が発明したこの本という媒体は、どれだけメディア環境が変化しようとも、常に高く評価されてきたのである。いつもそばに本があることは、人間が人間らしく生きるために必要な条件だという認識は今も失われていない。
    私のような書き手の端くれもそのことを常に意識してきたし、意識している。そしてこの本は本がもつそのような機能と魅力を読者の皆さんにお伝えするために書かれたのである」ー 國分さんは自身の最後の断章においてこう書いて終わる。もちろん、この本のタイトル『いつもそばには本があった』は、ここから取られたのは間違いない。

    「本がもつそのような機能と魅力」は、同時代に当時の1990年代初めの現代思想にかぶれたものとして、とてもよく伝わってきた。それはすでに自分の中にあったもので、この本を触媒として再び上がってきた感情である。そうした同時代的な空気の共有を、例えば今の大学生の世代では持っているのだろうか。持っていないだろうとも言ってはいないし、仮に同じようには持っていないとしてもそれが劣っていることだとも思っていない。それは時代の違いというべき類のものかもしれないが、しかし寂しい気持ちもある。

    あとがきにて國分さん自身は「機能主義的に本を読んできた」と書く。「機能主義的に」ということが、「知っている」ことを確認し、さらには何を「知らない」かを知ることであるとすると、自分も機能主義的に本を読んできた。決して時間潰しのためでもないし、娯楽のためでもなかった。それこそが國分さんが言う「本がもつ機能と魅力」であるとすれば、自分も機能主義的な本読みだと思う。そして、それは結局のところ贅沢で大いなる悦楽でもあるのだ。

  • 國分功一郎と互盛央が交互に書き綴る、一種の読書エッセイ。
    文中に挙げられている本は基本的に哲学や思想などの人文書である。
    序盤に『読書ガイドではない』と宣言されているのが面白い。しかし『違う』と言われるとガイドとして使いたくなるのが人間というもので(天邪鬼)、ページ下部に載っている書影をチェックしているのだった。
    文庫化されているものもけっこうあるが、人文書は品切れにならずに細々とでも売り続けられていることが多いので、取り敢えず本屋に行ってみるか……。

  • 新しい形式である。対談でもない。往復書簡でもない。同時代を生きてきた二人のなかで本を介した記憶や思想のネットワークがつながり、広がる。アクチュアルな哲学に興味のある人ならば、引き込まれるはず。いわゆるエッセイやガイド本ではない。

    ・アーレントは最後まで実存主義を離れなかったには目からウロコ。
    ・内田義彦の『作品としての人文科学』。論文としての人文科学ではなく。
    ・答えではなく、問いが人文科学。

  • 國分功一郎さんらが書物という経験を語りあう一冊。
    人文書を中心とする100冊を越える書物たちについて「連歌」のように語り合う書、注目です!

  • ジュンク堂で

  • 本の題名からして魅力的だが、國分さんの名前は、つい最近、能動でもなく受動でもない中動相を調べていて、『中動態の世界』に出会い、この人どういう人だろうと思っていたところだったから、思わず手にとって読み始めた(珍しく図書館の本だ)。國分さんは早稲田の政経の出身だが、専門は哲学・現代思想。一方の互(たがい)さんは東大で博士号を取った人だが、研究者にはならず、岩波。講談社の編集者としてやってきた人だ。ところが、世の編集者がそうであるように、互さんは自分でも本を書き、和辻哲郎賞とかサントリー学芸賞なども獲得するほどの実力者である。専門は言語論、思想史。この二人が往復書簡のかたちで、読んだ本をめぐって議論を展開しているのだが、出てくる本がぼくが読んだことのないものばかり。もちろん、ソシュールとか、スピノザとかラカンとか名前は知っているが、縁遠い。人生70年近くやってきて、自分の読書範囲がいかに狭かったかを痛感させられた。しかし、今後読むかといわれると、おそらく一部を除いて読むことはないだろう。そういう本ばかりなのだが、二人が自分の読書体験史の中で語ると、とても魅力的に見えるのである。

  • 19/04/12。

  • 人文科学の社会科学科が進んでいる。そこに存在してしまっている実存、さまざまな喜びと苦しみを抱えてそこに行きえつぃ待っている実存から遡って、自分にとっては不明瞭な行為や言葉の背後に潜む動機に向かおうとするとこrに人文学の神髄はあるのではないかと

  • 國分先生の本ということで飛びついて買った。一気に読んだ。
    互さんとお二人で連歌のように「本」について語っていくという試みがまず面白い。互さんは、國分先生のことが大好きなんだと思う。國分先生も互さんを信頼し甘えている節がある。ガイドブックではないということだが、紹介されている人文書の数々には未読のものの方が多い。お二人の読書遍歴を追体験したくて、図書館で予約したり、ネットで注文したりした。「知っている」と「知らない」の間を楽しむ充実した時間をいただいた。たった一箇所、参照を促された『ドゥルーズの哲学原理』は「いつもそばにあったけれども読んでいなかった」ので最後まで読もうと思う。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1974年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学を経て、現在東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。専門は哲学・現代思想。著書に『スピノザの方法』(みすず書房)、『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社、増補新版:太田出版)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波現代全書)、『来るべき民主主義』(幻冬舎新書)、『近代政治哲学』(ちくま新書)、『民主主義を直感するために』(晶文社)、『中動態の世界』(医学書院)、『いつもそばには本があった。』(互盛央との共著、講談社選書メチエ)など。訳書に、ジャック・デリダ『マルクスと息子たち』(岩波書店)、ジル・ドゥルーズ『カントの批判哲学』(ちくま学芸文庫)などがある。『暇と退屈の倫理学』で第2回紀伊國屋じんぶん大賞、『中動態の世界』で第16回小林秀雄賞を受賞。

「2019年 『原子力時代における哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いつもそばには本があった。 (講談社選書メチエ)のその他の作品

國分功一郎の作品

いつもそばには本があった。 (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
ツイートする