アルスラーン戦記(11) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.13
  • (33)
  • (53)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 739
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065150771

作品紹介・あらすじ

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く、世界最高の歴史ファンタジー、最新作!


ペシャワール城を拠点に王都奪還の準備を進めるアルスラーン。たった2人から始まった奪還軍は今や兵数10万の規模となった。しかし、増兵による新旧家臣の衝突がアルスラーン軍に分裂の危機をもたらす! 銀仮面ヒルメスとの宿命、そして目前に迫る大戦。パルスの王を目指す若き王太子の前には厳しく険しい道のみ。…それでも歩みを止めてはならない。国を取り戻すため、アルスラーン出撃! 新たな歴史と出逢いが少年を待つ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「…そのように我らを大切に思っていただけて嬉しゅうございますよ。アルスラーン殿下」

    古今創作における、慕われるべきやんごとなき人物とは下々に気安い者であるものだけど、アルスラーン殿下のあり方は気持ちいい。さて、この漫画版は荒川弘っぽいキャラクター造形の人がたくさんいるけど、原作はどうなのかしらん。

  • ギーブ!!!
    ほんとにかっこいいな!!
    門閉じさせないところとか、巻頭の流れ受けての長距離だし!
    ルバイヤートは、馬さんがちゃんときいてたよ!

    それこらアルスラーン殿下、いつからあんなにキリッとした顔もとい目つきできるようになったの?
    成長したなぁ。

    エスエルはさ、女の名前捨てたと言ってるのに髪長いのね。
    初出は少年だったけど、今は少女だよなぁ。
    敵の糧食を減らしてやる大作戦は、小説思い出した。

  • ペシャワール城を出発するところから。

    武勲を上げたくて焦ったイスファーンとザラーヴァントには不安になったけど、その先走りも考慮してのチャスーム城での戦いはあっぱれ。

    続く狩場での鉢合わせから始まってしまった聖マヌエル城の戦いは、城に攻め込むまではハラハラしたけど、結局は圧勝に。
    バルカシオン伯爵の死は悔やまれるけれど、責任者として仕方ない対応だったのかもしれない。

    エトワール(エステル)は捕虜としてパルスの考えを知り、考え方が変わるのか?
    気になるところです。

    アルスラーンの出生についてや、銀仮面卿の行動はあまり触れられなかったのが残念。
    なかなかの大作になっていきそうなので、その辺はゆっくり語られるのでしょうか。
    気になるー

  • アルスラーンたちのチームからギーヴが離脱

    …と思いきやナルサスの作戦で…

    王都エクバターナへ向かう途中ルシタニア軍にばったり出くわしてしまい…
    そこで再会したのはルシタニア人のエトワールで…

    エトワールとアルスラーンが神について話すシーン深いわ~
    これってホント今の宗教戦争に通じる…

    12巻へ続く!

  • そうでした。緊迫の場面から。
    キャラがたっているなぁ、みんな。
    彼女はどんな存在になっていくのだろう。
    アルスラーンがあんな顔する事もあるのだな。
    続きが気になって仕方ない。

  • 王都奪還に向け、人を集め、着々と準備を進めるアルスラーン軍。
    しかし、仲間同士の衝突が起きてしまい…。

    *****

    前巻がそこで終わるのか、と思っていたら予想外の展開に。
    殿下と一緒にえっ、えっ、となったよ。
    束の間といえ、ちょっと寂しい。

    殿下は巻を重ねる毎にきりっとしてきた。
    まだアタフタしている時はあるけれど、肝心なところではきりっとしてきた。

    ルシタニア討伐、いよいよ。
    ギスカールは何だかんだキレ者。
    そこがまた面白い。

    次の巻は11月…やった、年内だ!あ、半年後だ…待ち遠し過ぎて。
    物語もまだまだ先は長い~。
    時間はかかっても原作と同じく最後まで描くのかなぁ。
    コミックを待つ間に原作に手をだすべきか悩んでいる。

  • 早速クバードが表紙!ってワクワクしたけど、本巻の内容には、彼、一切関係なし。まあ良いんですけどね、面白けりゃ。いよいよ敵国との決戦で、向こう側の将軍やら何やらが色々出てきたけど、残念… 一切忘却の彼方で、懐かしさを感じる余地すらなかったです。このあたり、殆ど新作を読む感じで読めるから、まあいいっちゃいいんだけど。

  • 人生観の相違というやつでして ほしいまま恣に振る舞うのが俺の性に合っている 折角の美貌が曇る 御照覧あれ 鉄鎖術 戦熱が発散されれば良いがの 命を懸けるほどの激しい「信仰」も持っていない

  • いろんなキャラクタから
    慕われるってことの凄さ
    誰かだけではなく
    誰かれも
    全く違う感じの人にも
    喋らないようにと言っていても
    つい話してしまう仲間達。
    良いなぁ

  • ギーヴの離脱。快進撃のアルスラーン軍。そして、エトワールとの再会。

    新旧アルスラーン傘下のいざこざ。武人に新しく加わったイスファーン、ザラーヴァント、トゥースたち。彼らにとってダリューン、キシュワードの万騎長二人は、どう頑張っても勝ち目のない実績の持ち主。ここに関しては、問題はないけども、ギーヴのような存在は、どうもいけない。そうでなくても、ギーヴという人間自体が胡散臭いので。読み手としたら、ギーヴは魅力的で好感を持つのですが、いざ友人でなく同僚として考えると、首肯はしにくい御仁であります。

    イスファーン、ザラーヴァント、トゥースの新人トリオは、トゥースがまとめ役となっていて楽しい。後々、トゥースは予想外の私生活を見せてくれるけど、今の彼のイメージからは想像できないよなぁ。アイゼナッハが、どうやって奥さん口説いたんだ?と同じです。

    聖マヌエル城で出会ったアルスラーンとエトワール。
    アトロパテネ後、新たな世界で新たな価値観を構築しつつあるアルスラーンと、己の価値観に縛り付けられているエトワール。暴論を振りかざすエトワール。容赦なく論破するアルスラーン。宗教を盲信するあまり、思考放棄していたエトワールには酷な仕打ち。アルスラーンにはナルサスをはじめとする教え手がいて、彼らの薫陶あっての現在。エトワールには、誰が教え手となって導いてくれるのか。

    アルスラーンが突きつけた「大切なものだからこそ、自分の都合のいいように振り回してはいけないのではないか?」
    正論であるから急所を突く。それは、エトワールも薄々感じていたことであるから尚更。個人の感情を一つの精神で塗りつぶす側面があるから、宗教の盲信は恐ろしい。
     

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

荒川弘の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×