アルスラーン戦記(11) (講談社コミックス)

著者 :
制作 : 田中 芳樹 
  • 講談社
4.14
  • (13)
  • (16)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 280
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065150771

作品紹介・あらすじ

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く、世界最高の歴史ファンタジー、最新作!


ペシャワール城を拠点に王都奪還の準備を進めるアルスラーン。たった2人から始まった奪還軍は今や兵数10万の規模となった。しかし、増兵による新旧家臣の衝突がアルスラーン軍に分裂の危機をもたらす! 銀仮面ヒルメスとの宿命、そして目前に迫る大戦。パルスの王を目指す若き王太子の前には厳しく険しい道のみ。…それでも歩みを止めてはならない。国を取り戻すため、アルスラーン出撃! 新たな歴史と出逢いが少年を待つ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王都奪還に向け、人を集め、着々と準備を進めるアルスラーン軍。
    しかし、仲間同士の衝突が起きてしまい…。

    *****

    前巻がそこで終わるのか、と思っていたら予想外の展開に。
    殿下と一緒にえっ、えっ、となったよ。
    束の間といえ、ちょっと寂しい。

    殿下は巻を重ねる毎にきりっとしてきた。
    まだアタフタしている時はあるけれど、肝心なところではきりっとしてきた。

    ルシタニア討伐、いよいよ。
    ギスカールは何だかんだキレ者。
    そこがまた面白い。

    次の巻は11月…やった、年内だ!あ、半年後だ…待ち遠し過ぎて。
    物語もまだまだ先は長い~。
    時間はかかっても原作と同じく最後まで描くのかなぁ。
    コミックを待つ間に原作に手をだすべきか悩んでいる。

  • せっかくクバード表紙なのにな…笑

    ようやくエステル再会です!

  • 件の少年兵との再会の巻。
    アルスラーン殿下、このご時世この世界でどれだけ「異質」って目で見られてるんだろうな。それでも付いていこうと思うのは天武の才だよね、、

  • 読了。面白かった。

  • アルスラーン率いるパルス軍の進撃が始まる第11巻。表紙のクバードは残念ながら出番なし。トゥースの鉄鎖術が絵になると中々格好良い。

  • 読了

  • 今回も良かったです。ギーヴは良い役ですねー。アルスラーンが成長していくのを母のように見守ってます。早くパルスを奪回してほしい!次は銀仮面と?

  • 購入。

    安定したクオリティ。今回も戦闘シーンが本当にカッコいい!主人公もどんどんかっこよくなってるし(^-^)私的に小説より読みやすくて好きです。そして小心者なので、原作のラストは読んでません、怖いんで。続きが早く読みたいよ~。

  • 早速クバードが表紙!ってワクワクしたけど、本巻の内容には、彼、一切関係なし。まあ良いんですけどね、面白けりゃ。いよいよ敵国との決戦で、向こう側の将軍やら何やらが色々出てきたけど、残念… 一切忘却の彼方で、懐かしさを感じる余地すらなかったです。このあたり、殆ど新作を読む感じで読めるから、まあいいっちゃいいんだけど。

  • キャラクターが立ってる漫画はおもちろい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

アルスラーン戦記(11) (講談社コミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アルスラーン戦記(11) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする