虚構推理(10) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
制作 : 城平 京 
  • 講談社
3.93
  • (7)
  • (13)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 203
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065151778

作品紹介・あらすじ

『絶園のテンペスト』城平京 原作! 怪異達の知恵の神になった少女と、怪異にさえ恐れられる男が、怪異に挑む[恋愛×伝奇×ミステリ]!!  “怪異”の知恵の神になった少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男だった!?  2人に振りかかる奇想天外な事件と、その恋の行方は――!?


鋼人七瀬の事件で岩永琴子と戦い、姿を消した黒幕・桜川六花はいったいどこで何をしているのか‥‥ 彼女の日常とも非日常ともいえる日々が明らかに。そして、六花を追っていた琴子はついにその軌跡を掴み――!? 【姿なき黒幕“桜川六花”再登場の「第10巻」!!】

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「虚構推理」という作品が始まった当初から明確な敵として描かれてきた立花だけど、その人間性については見えない部分が多かった
    それがこの巻では少し見えたようなまだまだ見えていないような

    第23話は立花が事故物件に住み管理人と共に以前の住人について色々と想像を巡らせる話
    あらゆる怪異から恐れられる彼女からしたら自殺者が続く事故物件なんて怖くはないんだろうけど、周囲からしたら怖いと思ってしまうのは仕方ない話。1回目、2回目の自殺はどうにか偶然が重なったと片付けることが出来ても、間を置かずに2回目に自殺した女性の彼氏がやってきてやはり自殺したと言うなら何らかの霊的存在を信じたくなるのも無理はない
    まあ、結局琴子によって虚構の真実が組み立てられそれで一件落着となるのだけど、ここで面白いのは立花の動き
    立花が部屋を去る前に「あの娘がちょうどいい合理的なものを教えてくれるでしょう」と太鼓判を押したから管理人も突如やってきた琴子の推論を聞く気になり、そこで急遽組み上げられた虚構も信じてしまう結果となった。いわば立花は琴子のアシストをした形になったわけである
    琴子と立花は色々な意味で敵対した関係なわけだけど、今回の話ではまるで連携しているかのように見えてしまう。面白い関係である

    第24話は長編の前振りエピソードだね
    琴子の高校時代に触れつつ、彼女の底しれなさを改めて描いている。
    この話でも琴子は虚構の真実を組み上げて皆に披露しているのだけど、ここで琴子は事態の沈静化を狙っているようでいてその実臭いものに蓋をしている
    琴子が示した虚構によって、肝試しからの体調不良によって生じかけた風間玲奈の交友関係の危うさは一先ず落ち着き、ミステリ研がオカルト研になりかねなかった事態も防ぐことが出来た。何よりの効果として得体の知れない解決をしたことで、岩永琴子を詮索しようとする者はこれまで以上に減ったのだろうね。それが後々天地学の伯父藤沼への忠告へと繋がっていくわけだから琴子にとっては良い事ずくめだったはず
    ただ、物事は不思議なものであれだけ岩永琴子の奇々怪々さを提示されたというのに藤沼は遺産相続の課題を持ちかけられたために岩永と関わらざるを得なくなるのだから悲しい話である

    第25話は長編の始まりの部分である為、謎が提示される展開
    いや、あれを謎と呼んで良いのか迷うけど。
    狐と取引して妻を殺してもらった音無剛一。勿論完全なアリバイも有るし、そもそも狐が犯人なんてそうそう信じられる話じゃない。また、妻の死によって子供達は望む未来を手に入れらたし、会社は上向きになった。良い事ずくめの話である
    でも、音無は子供達に「死による報いは存在するのだ」と説くために自分が自分が犯人であると子供達に信じさせて欲しいという。
    妻の死によって誰もが得をしたし、そもそも証明が不可能な犯罪を納得出来るようにした上で損が存在すると信じ込ませなければならないという。中々厄介な話であると同時に城平先生お得意の展開でも有ると感じられる

    単純に琴子が真実を話しても意味は無いし、虚構を組み上げるにしても素人の子供達にどうやってそれをさせるのかという問題が付き纏う
    この難題に対して琴子がどう向き合うのか、そして暗躍しているっぽい立花は何を狙っているのか、次巻の内容が楽しみだね

  • 怪異が関わった事件を、合理的な虚構の推理で解決するという異色の伝奇ミステリ。
    動き出した六花。ミステリ定番でもある遺産相続物が始まるも、その条件がこの作品らしくてワクワクする。
    真実を当てることが必ずしも解決ではないって捻くれてるけど情を感じる話よね。

  • 「私の左足と右目を奪ったのは神にするためということですか。悪い交換じゃあないですね」

    マガポケのサイトで紹介されていたのが面白そうだったので読みました。
    https://pocket.shonenmagazine.com/article/entry/kyokosui_20190724

    子どものころに神隠しにあい、右目と左足を失って戻ってきたヒロインが妖怪・怪異の力を借りて事件を解決する、伝奇系ミステリ小説を原作にしたコミック。
    真実は妖怪や幽霊がさらっと教えてくれるけど、それじゃ関係者を納得させられないので説得力のある虚構を作り上げるというお話。

    ヒロインがお嬢様だけどお下品というキャラクターで面白可愛い。作画担当の絵作りが上手くて良かった。オリジナル要素っぽいところも良いし、コミカライズとしてはかなり成功っぽい。岩永可愛い。義眼義足にこんな色気があるとは。10巻限定版付属のYES/YESYES枕欲しい・・・いや欲しくはない・・・。

    本職ミステリ作家による緻密な理論組み立てが魅力。

    10巻は、若いころに妻を妖狐に殺してもらった実業家が、「父による母殺し」を子供たちに立証させようとするお話の導入編。
    どういう虚構を語るのか、続刊が楽しみですぞ。

  • まさしく「虚構」推理

    「スリーピングマーダー」というタイトルに、推理小説ファンなら心震えるよね。後編待ってます。

  • 次の巻はまた文字数が多い読み物になる予感!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

【片瀬茶柴(かたせ・ちゃしば)】
本作にてデビュー。

「2019年 『虚構推理(11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

虚構推理(10) (講談社コミックス月刊マガジン)のその他の作品

片瀬茶柴の作品

虚構推理(10) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に登録しているひと

ツイートする