増補改訂 アースダイバー

  • 講談社
3.80
  • (4)
  • (9)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065153987

作品紹介・あらすじ

2005年、『アースダイバー』は、東京の風景が一変する散歩の革命を起こし大ベストセラーになりました。野生の東京を描く東京創世記でした。
その後、『大阪アースダイバー』(2012)『アースダイバー 東京の聖地』(2017)、『アースダイバー 神社編』(刊行準備中)と日本の歴史を書きかえる射程をもつ大きなプロジェクトになっています。

縄文、そして「海民」へと日本のルーツを遡り、地形の無意識、文化と自然の相互作用を探るアースダイビングは、見えない東京を私たちに教えてくれます。

今回の増補改訂で隅田川と多摩川流域といった海民文化の要素が色濃く残る地域を追加しました。
そして東京の中心地であり、アースダイバーの出立点である大宮八幡へと帰還します。
東京アースダイバーの決定版にして完結版!

【120ページ加筆】
【全24点アースダイビング・マップ付き】
【第9回桑原武夫学芸賞受賞】

[目次]
増補改訂 まえがき
プロローグ
第1章 ウォーミングアップ―東京鳥瞰
第2章 湿った土地と乾いた土地―新宿~四谷
第3章 死と森―渋谷~明治神宮
第4章 タナトスの塔 異文/東京タワー―東京タワー
第5章 湯と水―麻布~赤坂
間奏曲(1)―坂と崖下
第6章 大学・ファッション・墓地―三田、早稲田、青山
第7 職人の浮島―銀座~新橋
第8章 モダニズムから超モダニズムへ―浅草~上野~秋葉原
第9章 東京低地の神話学―下町
第10章 海民がつくった下町-隅田川
第11章 よみがえる南郊-多摩川
間奏曲(2) 森番の天皇―皇居
最終章 ムサシ野オデッセイ
あとがき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東京の地形と暮らしの歴史と人々の心の有り様をリンクさせて縦横無尽に論じた「アースダイバー」(2005年)の増補改訂版です。当時、「縄文の大地を裸足で感じる」みたいな中沢新一っぽい言い回しに痺れて、東京散歩が新鮮になりました。洪積層と沖積層、山の手と下町、水の記憶と性産業、都市を見つめる目線に、出来事ベースの歴史だけではなく、人の潜在意識への妄想が加わりディープになったのを覚えています。考えてみれば、「ブラタモリ」のヒットとか、地形マニアとか、「せんべろ」などの下町巡礼とか、そんなこんなのきっかけが「アースダイバー」だったのかもしれません。今回の増補改訂には下町周りが補強されています。洪積層と沖積層の境界の物語から、沖積層の物語へ。それは、伊勢湾から東海地方を経て東京湾にたどり着いた「海民」の物語です。そこで熱く語られるのが「海民」の末裔としての吉本隆明。山の手の論理に対する異議申し立て力としての再評価を「足の下は海」という「海民」の意識に求めているのは現在のグローバル経済時代への違和感なのかもしれません。また資本主義の及ばないエリアとしての皇居という指摘も、時代的たと思いました。「森番の天皇」が変わるタイミングで、東京という都市の意味を考える材料になりました。

  • 東京の地形学とそれにまつわる歴史。洪積台地か沖積低地かで、ヒトはそこに何を作り、どんな文化を育むかが変わってくる。北ムサシの近辺に生まれ、南ムサシの近くに住んだことがあるだけに、そこに生まれたドラマは何か感慨深い。

  • 増補改訂版は下町部分を追加
    昔から神社の位置には特別な意味があるのでは思っていたが、この本はひとつの回答であろう。
    旅行して、各地の博物館により、神社・寺の位置を確認すると、驚くほど似通った場所にある。
    しかし、東京アースダイビングマップを見ると、東京は至るところに、縄文・弥生・古墳時代の遺跡がある。
    p.353 自然といわず生命といわず、あらゆるところに自分の原理を浸透させていこうとする押しつけがましさが、キリスト教と資本主義と科学主義という、西欧の生んだグローバリズムの三つの武器には共通している。
    もしも天皇制がグローバリズムに対抗するアジールとして、自分の存在をはっきりと意識するとき、この国は変われるかもしれない。
    p.365 墳墓、泉、磐座は、聖所を形成する三点セットとも言える。

  • 上京してから2年目の今だからこそ
    読んでよかった。街の見方が少しだけ変わる。

    ひとつ、地理的な説明を期待していたので
    予想よりも人物の歴史や霊的な観点からの
    考察が多めで、個人的興味はそそらなかった。

    たまに出でくる表現が急にエロチック。

  • 古代から続く土地の使い方の考察。
    視点と事実はおもしろいが文体があわかった。

  • 縄文時代の東京。
    考えてみたこともなかったが、想像するととても楽しい。(コアラ)

  • 2019年8月29日読了。かつて読んだ「アースダイバー」の増補改訂版。縄文時代の東京の海岸線を手がかりに、乾いた台地と濡れた湿地のそれぞれで育つ文化、境界に立つ神社などのモニュメント、現在に至るどこかで切断されるあるいは接続される土地の記憶を土地を周遊することで「ダイブ」して紡ごう、とする考え方には大変興味をそそられる。が、類書をそれなりに読んできたからか、「なんか思い込みで言ってない?」と興ざめする部分もある…まあ事実ばっかり列挙するだけでなく、こーいうロマンのある記述もあっていいと思うが。急に吉本隆明推しになったりするのも不思議。富岡八幡宮のあたりの成り立ち・盛衰に関する話などは非常に興味深かった。

  • 2005年にアースダイバーに出会ったときから、私たちは地層と神話の幾重もの堆積の上に立っているのだという新しい視点を意識するようになった。ちょうど多層多重の世界観の小説に惹かれていた時期でもあり、そもそも実際の私たちが住む世界が既に古層の神話の上にあるのだとドキドキしたのだ。

    今回の増補版では、東京下町の概念が加筆されている。紀州の海民を祖とする人たちがたどり着いて造られた下町の物語が加わることで、縄文時代からの長い旅が完結したように感じられた。同時に、私たちは数百年、数千年後のアースダイバーに、どんな地層を残すのだろう、という思いにも駆られた。

    ブラタモリよりずっと前に投げかけられた、アースダイバーとしての東京再発見の体験を14年ぶりに堪能できた。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

一九五〇年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。明治大学野生の科学研究所所長。思想家。著書に、『チベットのモーツァルト』『雪片曲線論』『森のバロック』『カイエ・ソバージュ』シリーズ『アースダイバー』シリーズ『野生の科学』ほか多数

「2019年 『レンマ学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中沢新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クロード・レヴィ...
中沢 新一
カルロ・ロヴェッ...
遠藤 周作
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

増補改訂 アースダイバーを本棚に登録しているひと

ツイートする
×