惑わない星(4) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.74
  • (1)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065154250

作品紹介・あらすじ

遠い未来の日本で、理由もわからないまま寝たきり状態の「地球」とされる少女。宇宙に手紙を送る仕事をしているS沢と、嵐吹き荒れる荒廃した地上でガラクタ回収の仕事をする及川は、惑星達とともに「地球」を救う手だてを探し続ける。世界を学ばせるために月が語るは摩訶不思議な「光」のお話。そして太陽系外から新たな来訪者が現れる。前代未聞の惑星擬人化漫画第4巻は、人智ギリギリへ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もやしもんの石川雅之が、まんがサイエンスに挑戦したような、科学物語。
    しかし、科学を知ってる人には当たり前な話だし、提示の仕方が斬新で面白いというわけでもないし、科学を知らない人や興味ない人には上から目線の説教臭い話にしかなっていないようで、科学教育の難しさをこれまでの話で感じていたけど、ミステリー要素が出てきてようやくマンガとして面白くなってきた感じ。
    既刊の分で振りまいてしまった「啓蒙」という言葉の持つイヤな面丸出しな部分は取り返せないけど、とりあえず今後に期待。

  • どんどん説教くさくなってる。やはり「もやしもん」より「純潔のマリア」の路線の方がいいと思うんだけどな。

  • 2019/06/18購入・06/29読了。

    シリウス登場!日本の外には一体何があるのか気になる。そして人間が人間に内緒にしているのがなぜなのかが気になる。

  • ワープ航行が可能なアニメに対して、指定した座標に物質をワープさせることが可能なら、敵艦の艦内にミサイルなりをワープさせれば一撃で片がつくという話。確かに目から鱗だけど、物語にならないよなあ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

石川 雅之(いしかわ まさゆき)
1974年生まれ、大阪府堺市出身。18、9歳の頃より『週刊ヤングマガジン』に投稿を始め、1997年に「日本政府直轄機動戦隊コームインV」でデビュー、初連載。1999年、「神の棲む山」(『人斬り龍馬』所収)でちばてつや賞準入選受賞。代表作に、全11話TVアニメ化された『もやしもん』。第12回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第32回講談社漫画賞一般部門をそれぞれ受賞。ほか、テレビアニメ化された『純潔のマリア』。現在、『惑わない星』を『週刊モーニング』で連載中。

石川雅之の作品

惑わない星(4) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×