日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.97
  • (9)
  • (14)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 440
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065154298

作品紹介・あらすじ

いま、日本社会は停滞の渦中にある。その原因のひとつが「労働環境の硬直化・悪化」だ。長時間労働のわりに生産性が低く、人材の流動性も低く、正社員と非正規労働者のあいだの賃金格差は拡大している。

 こうした背景を受け「働き方改革」が唱えられ始めるも、日本社会が歴史的に作り上げてきた「慣習(しくみ)」が私たちを呪縛する。

 新卒一括採用、定期人事異動、定年制などの特徴を持つ「社会のしくみ」=「日本型雇用」は、なぜ誕生し、いかなる経緯で他の先進国とは異なる独自のシステムとして社会に根付いたのか?

 本書では、日本の雇用、教育、社会保障、政治、アイデンティティ、ライフスタイルまで規定している「社会のしくみ」を、データと歴史を駆使して解明する。


【本書の構成】

第1章 日本社会の「3つの生き方」
第2章 日本の働き方、世界の働き方
第3章 歴史のはたらき
第4章 「日本型雇用」の起源
第5章 慣行の形成
第6章 民主化と「社員の平等」
第7章 高度成長と「職能資格」
第8章 「一億総中流」から「新たな二重構造」へ
終章 「社会のしくみ」と「正義」のありか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 500ページほどあり、1〜2週間ほどかけて少しずつ読み終えました。
    感想としては、学術論文ほどのデータ量・構成でした。はじめはデータに基づいた事実が述べられているので、関心が薄いと内容が頭に入ってこず、理解するのが難しかったです。終章には考察が書かれているので、そちらを読むと「こういうことだったんだ」と仕組みが理解できました。
    また、20代前半の私にとっては知らなかった情報も多く、勉強になりました。

  • そりゃ、みんな知ってるよね・というのも多いかな。

  • 今の日本の雇用社会のしくみを全体像を描いてくれている労作です。

  • なるほど、そうか。ドイツをはじめヨーロッパでは職業別で就職を考えるのか。だから、同じ職種で別の会社に移ることなどがわりと簡単にできるのか。日本は会社自体を選ぶことが多い。その中でどんな仕事に就くのかはあまり関係ない。最近はずいぶん変わっているかもしれないが、それでも大学生は仕事の内容より、会社名で就職先を選んでいるような気がする。私自身は、職種で選んだかな。だから、別の会社でも良かったのかもしれない。ただ、わりと初期の段階で、トップにいる人の考えに共感できるものがあって30年近く同じ会社に勤めてきた。同時に、他の環境に入る不安もあったかもしれない。前の会社に転職後、ちょっとつらい時期があったから。人事考課制度とか目標管理システムのようなものがどうやら軍隊から始まっているようだ。そう聞くと、なんかしっくりいかないのはそれが原因かと思ったりもする。それはそうと最低賃金がまた上がる。良いことではあると思うが、なんだか、昇給のための基準などが無駄なような気もしてくる。パートナーは非正規で働いているが、同一労働同一賃金にはなっていないようだ。それどころか、正規雇用で働きが悪い人のしりぬぐいもしているようで、なんともやり切れないようす。まあ、いろんなことはある。社会のしくみはとにかくややこしい。入試制度にしろ、税金のしくみにしろ、シンプルな方が良いように思うが、一律に決めてしまうような制度設計はそうそう簡単にはできないのだろうなあ。結局2ヶ月で読めた。(もっとかかると思っていた。)間に似たようなテーマの本を並行で読むから、どこに何が書いてあったかさっぱりである。

  • この本、学術書です。新書レベルではない。現代の日本の雇用環境を中心に、教育や福祉について論述した本格的な一冊。一度では全部を落とし込めない、もう一度読み返したい。

  • 雇用慣行を通して日本社会のしくみを紐解く。職能給というより身分給というべき形態の起源は明治期官吏の俸給制度にあり、相応する形で軍隊にも適用され、やがて民間企業へと伝播した。その善し悪しはともかく、幕藩体制後の日本社会に新たな価値観(尊卑の対象)と、一定の安定をもたらした意味は重要で、日本人の性向の道筋をつけたと思う。加えて戦中の総力戦体制のエッセンスが、資源安と人口ボーナスと相まって、戦後日本は一気に経済大国にのし上がったが、強みとなった年功序列と終身雇用は、狙ったというより、慣行がたまたま世界情勢にヒットした側面も強いように感じた。重厚な分析を駆使した本書だが、今日に続く雇用慣行の元が明治初期ならば、その直前まで270年間続いていた江戸期との継続性、類似性にも触れる価値があったのでは。あと日本的社会ゆえに成し得た、30年代の軍事大国化と60年代の高度成長に対する詳しい論考もあれば良かった。

  •  「保育園落ちた。日本死ね」ブログが炎上したとき、俺は全く同意できなかった一人である。
     むしろ、保育園には子どもが集まらなくて廃業が増えていると人から伝え聞いていたからだ。
     それは地方都市の実情であり、保育園が足りないというのは都会の事情であり、「保育園落ちた。日本死ね」というのは、日本全体に当てはまるものでない。

     この違和感がなぜ起こるのか。
     現在の日本人のコミュニティを以下の三つに大別する。
    ・大企業型:26%
    ・地元型:36%
    ・残余型:38%
     それらコミュニティの壁が相互理解を難しくしている。
     「保育園落ちた。日本死ね」は、残余型の人ではないか。

     近年、日本で増加しているのは、残余型である。
     大企業の保護もなく、地元社会のコミュニティの一員でもない。
     この二つから離れ、非正規雇用、派遣社員、アルバイトなど社会からの保護を受けにくい残余型が増加している。

     本書では、現代日本の雇用問題を戦前から検証し、また他国との比較検討を大量の資料を基に調査している。
     雇用問題を考える資料としての価値がある。

  • 362.1||Og

  • 東2法経図・6F開架:B1/2/2528/K

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=341810

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年東京生まれ。東京大学農学部卒。出版社勤務を経て、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学総合政策学部教授。学術博士。主な著書に『単一民族神話の起源』(サントリー学芸賞)、『<民主>と<愛国>』(大仏次郎論壇賞、毎日出版文化賞、日本社会学会奨励賞)、『1968』(角川財団学芸賞)、『社会を変えるには』(新書大賞)、『生きて帰ってきた男』(小林秀雄賞)、A Genealogy of ‘Japanese’ Self-Imagesなど。

「2019年 『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)のその他の作品

小熊英二の作品

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする