浜村渚の計算ノート 9さつめ 恋人たちの必勝法 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065155387

作品紹介・あらすじ

名古屋のテレビ塔が爆破され、あのテロ組織がカジノの地下から犯行声明を出した。ルーレットゲームで、もし玉が黒い数字に止まったら更なる爆破が起きるという。「数学的に絶対に負けない」と豪語する敵・マーチンゲールを浜村渚はどう墜とすのか!? ほか「組み合わせ」や「レピュニット数」をテーマにした数学×キャラミス全4編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  シリーズ11巻目。
     毎度おなじみ数学少女、浜村渚とその他大勢。
     説明不要の展開で、今回のお題はこちら。

    ・レピュニット数
    ・不等式
    ・順列Pと組合せC
    ・マーチンゲール法と期待値

     今回は話的には進まなかった全4編。
     次巻であの人が再登場(何度登場するんだ...。)

  • これを読むとテスト前にこの本があったらなと思ってしまう自分がいます。問題解いてみたくなりました!次が待ち遠しいです!!

  • シリーズ11冊目。
    ずっと読んでいる方には特に言うこともないでしょう。テロの内容は相変わらず変。浜村渚は相変わらず可愛い。長く続いて欲しいシリーズです。

  • 人質を救うためにルーレットゲームで必ず勝つには? 数学少女・浜村渚の意外な答えとは!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

【青柳碧人(あおやぎ・あいと)】
1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞し、小説家デビュー。「浜村渚の計算ノート」シリーズはロングセラーの大ヒットとなり、「月刊少年シリウス」でコミカライズもされている。他の著作に、「ヘンたて」シリーズ(ハヤカワ文庫JA)、「朧月市役所妖怪課」シリーズ(角川文庫)、「ブタカン!」シリーズ(新潮文庫nex)など著書多数。

「2018年 『上手な犬の壊しかた 玩具都市弁護士』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浜村渚の計算ノート 9さつめ 恋人たちの必勝法 (講談社文庫)のその他の作品

青柳碧人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする