幸せカナコの殺し屋生活 1 (星海社COMICS)

著者 :
  • 講談社
4.20
  • (15)
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 203
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065157107

作品紹介・あらすじ

『徒然チルドレン』の若林稔弥の新作は、新人殺し屋OL!? 働くあなたをもっと元気にしちゃう4コマ、始まります!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵柄の可愛さに惹かれて買ってみた。お値段高い?って思ったけどオールフルカラーでこの内容ならむしろ安い。実質0←?
    倫理を気にせず気楽に読めれば面白い。

  • お前は伝説になれ

  • あ、普通に殺すんだ、これ。殺し屋って設定だからしょうがないけど。どうなんだろ。動物ギャグはつい口に出したくなるくらいゴロが良くて好き。

  • 殺し屋の是非や倫理は棚上げにしてレビュー、これ語りだしたら大変(笑)あくまでフィクションだから。

    ブラック労働に病んで、次の仕事が殺し屋(人殺しではない)になったカナコ。
    初仕事は、ゲスなパワハラ元上司、事故死に見せかける仕事。
    (その後の顛末が、後で、ちゃんと描かれます)

    殺しをいつかこなしますが、
    電車の中の泣く子供に罵声をあげるモラハラ男を殺さずに解決したカナコの「銃なんてなくても戦えたよ~」の叫びは泣けた。これは、痛快でしたね
    正式採用?になった件は泣けた。
    社長の「普通の会社は、頑張った社員を大事にするんだろ」は刺さりましたね。報われたというか、自分が認められた実感がカナコの心を揺らします。

    西原理恵子さんの本にあった「人に喜んでもらえる仕事は長続きするんだよ」って言葉をなんとなく思い出しながら読了

    #幸せカナコの殺し屋生活
    #漫画好きと繋がりたい
    #漫画倶楽部
    #漫画好きな人と繋がりたい
    #漫画好き
    #パワハラ上司
    #パワハラはダメ
    #パワハラは心病みます
    #パワハラ上司からの解放
    #パワハラ上司が認められるなんてあり得ない

  • 800円という価格にためらいつつ、Twitterでの紹介でこれは絶対面白い!!!と思って購入。
    前ページフルカラー+シール付きだからあの価格なんですね。

    殺し屋というネガティブな仕事にネガティブな主人公。なのにストーリーはなんだかハイでじわじわ笑えてきます。
    ブラックジョークやシュールさが好きな人には面白いと思います。
    主人公がネガティブな元社畜っていうのもなんだか共感しやすくて読みやすい。それとかわいい。
    ちょっと最近悩みがちだったのですが、少し元気をもらいました。

  • 絵柄と天然主人公の可愛さで、殺し屋っていうダークな設定なのに全く暗さを感じない。
    動物ギャグ?がふふってなる!

  • 暗殺というダークな仕事に意外な才能を見せる天然ヒロインが面白いと思えるか、ギャグと捉えられずにまじめに倫理観出してしまうかで評価は分かれそう。
    別に人殺しでなくても他のダーティーな業種でも成り立ちそうな題材ではありますが、敢えてエグそうな物を持ってくる作者さんの少し冷ためな性格が垣間見えたりで僕は好きです。

  • ホワイト企業の殺し屋さん。桜井さん絶対ツンデレだと想う。

  • 設定がおもしろくてジャケ買い。軽く読めるし主人公のチート設定が気持ち良い。

  • ツイッターで初めて見た時から気になっていたアレ!
    心温まるお話ですよ!?

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Twitter @sankakujougi
1987年生まれ。漫画家。代表作に『徒然チルドレン』『恋するみちるお嬢様』『僕はお姫様になれない』などがある。

「2020年 『幸せカナコの殺し屋生活 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若林稔弥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幸せカナコの殺し屋生活 1 (星海社COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×