それでも歩は寄せてくる(1) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.04
  • (9)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065161050

作品紹介・あらすじ

「からかい上手の高木さん」山本崇一朗が描く超尊い将棋ラブコメ!この恋、詰むや詰まざるや…?将棋の初心者・田中歩は部長の八乙女うるしに勝って告白したい。棋力は程遠いけれども、ぐいぐい攻めてくる歩の姿勢に別の意味でセンパイは“詰む”かもしれない…というお話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先輩のコトが好きでガンガン気持ちぶつけてくるも信念を貫く!
    後輩に心持っていかれる感が面白かったです。

  • 将棋部部長のことが大好きな将棋初心者田中歩くん。部長に勝って告白するという目標の下、歩はすぐどぎまぎする部長に着実にアプローチ!

    歩が剣道部に行ってしまうことを心配して寂しそうにする部長、これは確かに可愛い!

    将棋の棋譜とか各話ごとにでてくる。将棋やってる人は楽しめるのかもしれないですね。分からないので読み飛ばしです。

    面白いけど展開ワンパターンだしキュンキュン度合いもイマイチなので次巻はなしかなー。

  • 悪くないけど余りにもワビサビがなさ過ぎ奥が浅いという

  • 剃れでも歩みは寄せてくる(1)(KCデラックス)
    著作者:山本崇一朗さんの作品は実は初めて。アニメ化もされた『からかい上手の高木さん』も読んでみたくなりました。
    タイムライン
    https://booklog.jp/timeline/users/collabo39698

  • 『からかい上手の高木さん』の山本崇一朗さんが描く
    ビミョーで不器用で微笑ましい恋のかけひき。
    絶対お互いに好きだし、ちょっと押せばすぐに
    どうにかなりそうなのに、ギリギリのところで
    踏み込まない展開のバランスが絶妙です。
    照れて意識してグラグラの先輩はもちろん、
    ときどきちょっとボロを出す歩くんもかわいい。
    ほぼ2人だけでずっとお話が持つというのもすごい。
    この先どう転がっていくのか、目が離せません(^^)。
    山本崇一朗さんの作品は実は初めて。アニメ化もされた
    『からかい上手の高木さん』も読んでみたくなりました。

  • なんだこのどっちも気持ちを隠してないし、隠そうともしないのに先輩は自滅するし、後輩は踏み込んでくるけど最後の一線は越えないシチュエーションは。時々後輩がボロを出しそうになるあたりかわいい。どちらも鈍感ではないので、変なムズ痒さはあまりないんだけど、後輩の男性の好意の出し方と先輩の好意の出し方、西片が気づいていない好意と、高木さんの女性の好意の隠し方がどれも秀逸。私はどっちも好きだが、実は高木さんはアニメ見てるだけで読んでいない。何しろ11巻も出てるので中々。というかこれくっつけられるのか?

  • この恋、詰むや詰まざるや…?将棋の初心者・田中歩は部長の八乙女うるしに勝って告白したい。棋力は程遠いけれども、ぐいぐい攻めてくる歩の姿勢に別の意味でセンパイは“詰む”かもしれない…というお話。(Amazon紹介より)

  • ついつい2828してしまう。
    それにしても先輩の反応かわいいな。

  • 先輩の事が好きで将棋部(仮)に入った。将棋で先輩に勝ったら告白する!!と決めて、自分の「好きだ」という思いだけは伝えず仲良く将棋をするお話。
    ただ、好きだとは言わなくても先輩が照れて恥ずかしがるようなことを真顔で言い心を揺さぶっていく…このやり取りを楽しむ漫画だった。

  • 先輩のことが好きで、真顔で「かわいい」とか平気で言うくせに、告白だけは将棋で勝ってからと、ポーカーフェイスで信念を貫く後輩男子。
    その後輩の気持ちに気付いてデレデレになりながら、なかなか言わない「好きです」のひとことを言わせるために必死な先輩女子。
    後輩男子が将棋で勝てば、すべてはうまく片付くのに、先輩女子が手加減せず勝たせないばかりに、毎回同じ状況が繰り返される。
    とにかく、「もうつきあっちゃえよ!」なふたり。ごちそうさま!

全12件中 1 - 10件を表示

それでも歩は寄せてくる(1) (KCデラックス)のその他の作品

山本崇一朗の作品

それでも歩は寄せてくる(1) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする