なのに、千輝くんが甘すぎる。(2) (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065163443

作品紹介・あらすじ

人生初告白が黒歴史で幕を閉じ失恋してしまった真綾に、学校一のイケメン・千輝くんが提案してくれたのは「片想いごっこ」。
好きにならない約束で始まった関係だったけど、優しくて甘すぎる千輝くんのことを真綾は本気で好きになってしまって…! “これ以上好きになってはいけない”と、「片想いごっこ」の中断を決意した真綾だけれど!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 両片想いというおいしい状況に、お互いの勘違いが更に物語を盛り上げている。
    千輝くんは女の子と付き合ったことあるのかな?モテる割に自信のある感じでもないんだな。
    千輝くんの存在に現実味がないけど、特にリアリティは求めず「可愛いなぁ」と思って読んでいるので問題なし。

  • ちぎらくんてキラキラネームだなと思ったら名字だった。片思いごっこをするという謎設定。「佐山くん」と違い分からず。好きな気持ちをゲーム的に規制しようとして、結局抑えきれないのスキィ~!みたいな設定ばかりだな。こういうの一度禁止しようぜ。絵は少女漫画らしくきれい。

  • いやー、知らん間に発売されておった!
    今回もあまあまチギチギ。大好き。
    朴念仁なのになぜあんなに甘いのかと思っていたけど、早く上書きしたかったからなのかな。もう言っちまえよ千輝くん。

  • 千輝くんは真綾をどうしたいんだ、と思いつつ好きだから許す……という感じ。面白いです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

現在、「デザート」の別冊付録「Pink」での連載から火がつき大人気となった、『なのに、千輝くんが甘すぎる。』を連載中。1巻発売直後、異例のスピードで重版がかかり、その後も大重版が相次いでいる、人気作家。代表作は「マルコと数学王子」(全1巻)、「ボクは宇宙人に恋をした。」(全1巻)。

「2020年 『なのに、千輝くんが甘すぎる。(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

亜南くじらの作品

ツイートする