ルパンの帰還 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.25
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065165386

作品紹介・あらすじ

泥棒一家に生まれた「ルパンの娘」三雲華。紆余曲折を経て、警察一家に生まれた警視庁捜査一課の刑事・和馬と結ばれ、3歳になる娘の杏となんとか無事に暮らしている。訳あって籍は入れないままなのだが。
ある日、和馬が新人の女性新人刑事の教育係に指名された。北条美雲、23歳。京都の老舗探偵事務所に生まれ、祖父は「昭和のホームズ」、父は「平成のホームズ」と称された探偵一家のひとり娘である。
泥棒一家、警察一家、探偵一家の運命が交差して、新たな物語がはじまる――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとなく、両家族にもう少し存在感が欲しかった。。。

    ドラマは、ごめんなさい。興味なしです。

    続きは気になるし、引っ張り方も気になるけど、やっぱりおもしろいと思います。杏ちゃんが、ここからどうなるのか気になる。。。

  • 面白かった……けども!1巻ほどのワクワクがなかった。まぁ、事件は解決してないみたいだから次の巻がメインなのかな?三雲家は相変わらず格好いいけど、桜庭家がなんだかなぁってモヤモヤしました。ドラマは1話以降みてませんが、小説は次の巻がとても楽しみです。

  • え、ここで終わり?
    次巻に続くの?!
    ここで?嘘でしょという感じ。
    早く続きが読みたいけど、前半は微妙だったなー。

  • うわわわー!めちゃくちゃ面白かった!!3作目が待ち遠しい…!!!

  • やっぱり三雲家はかっこいい。これに尽きる。
    前半は結構モヤモヤしちゃうかもしれないけど、諦めずに読んでよかった。最後のあたりはかなりかなり面白くなるから絶対諦めずに読んで!そして、結末はまさかまさかの、、、!!続編楽しみ!!

  • 妻子がバスジャックに巻き込まれた和馬。犯人の狙いは? 人気シリーズ待望の第2弾!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1975年静岡県生まれ。武蔵大学人文学部卒。2010年『再会』で第56回江戸川乱歩賞を受賞。著書に『ルパンの娘』『K2―池袋署刑事課神崎・黒木』『ピエロがいる街』などがある。

「2018年 『スマイルメイカー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルパンの帰還 (講談社文庫)のその他の作品

横関大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする