戦国時代 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065165522

作品紹介・あらすじ

大名はいかに戦ったか。
民衆はいかに生き抜いたか。
日本はいかに変容したか。

戦後日本史学の巨人が、戦国時代というものの全体像を描き出した決定的論考。
戦国大名たちはいかに統治し戦ったか。人々はいかにして戦乱の時代を生きたか。新技術によって木綿や鉄砲が普及し何が変わったか。
後北条氏の台頭から豊臣政権まで、時代の全体像と動因を、明晰かつ生き生きと描き出す!

―四つの「時代を見る目」で読み解く―
第一に、群雄だけでなく全社会層の動き構造的にとらえる。
第二に、動乱のもたらす社会変動を、もっとも深奥から考える。
第三に、革新と創造の時代として描く。
第四に、世界史的な視野の中で見通す。

解説(本郷和人・東京大学史料編纂所教授)より―
永原の研究成果は、対峙する人間を選ばない。どんな立場から歴史を研究するにせよ、それが実証的であれば必ず、彼の到達に直面する必要に迫られる性質のものである。研究者は永原の提示した推論に学ぶ。それを学んで、乗り越えるべく努力を重ねていく。ある研究者は、努力の末に、永原論のある部分を乗り越えることに成功するだろう。ある研究者は懸命に挑戦しても、永原論の確かさを追認するだけにとどまるだろう。ともあれ、彼の研究業績は、後からやってくる研究者のチャレンジを静かに待っている。乗り越えられることを待っている。この意味で永原は実にフェアーで、尊敬すべき先達なのだ。中世史の良心というべき偉大な研究者、それが永原である。

※2000年刊『戦国時代 16世紀、日本はどう変わったのか』(小学館ライブラリー)上下巻の合本復刊

【主な内容】
戦国時代の開幕
惣・一揆と下克上の社会状況
「世界史」の成立と新技術
関東・東北の争覇戦
中国・四国の戦い
軍事力の構成
領国経済体制
都市と商人
九州の情勢とキリシタン大名
畿内政権と京・堺
大名国家と日本国
織田信長の進出
一向一揆と本願寺
「天下布武」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 荘園公領制から大名領国制の移行は、自律性の強い郷村共同体を土台にして形成された。
    荘園では農民の自律性が養われなかったが、戦国時代を機に本当の地域社会が作られた。

  • 大変革期の時代を各種要点からバランス解説した、戦国時代に興味を持ち始めた人の必読書。他者の侵略を許さない最適解として「国」造りがあり、その必要条件とは何か、を各地の代表的(=勝ち残った)戦国大名の来歴を通しながら見ていくので、腑に落ちやすいし、興味が途切れることが無い。肝心なのは小領主階層からして、生き残りへの模索と権利拡大を求め、大名の領国支配体制はその妥結点を探った結果でもある点。また国造り(人々の組織化)は都市化を促進し、経済政策、建築技術、物流の発展と繋がりれは地域社会の再編を促し、日本いう括り自体を中世から引き上げもした。進化しなければやられる、という状況がそうさせるのだとしたら、この時代は過酷でもあり活気でもあるように感じる。それにしても列島各地での、築城、城下町、鉱山、造船、武器(鉄砲)等々の開発ラッシュにあって、よく職人が足りたなと驚きで、近代のモノづくり国家の礎はここが起点ではないかとさえ思った。原著は70年代に上梓され、最新研究を踏まえ25年後に再編されたものだが、それでも20年前の本、にも関わらず史観の適確さには古さが全くない。名著とはそういうものだと感銘を受けた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

永原慶二(ながはら・けいじ)
1922-2004年。大連市生まれ。東京帝国大学国史学科卒業。東京帝国大学大学院に入って後、東京大学史料編纂所を経て一橋大学で教鞭を執る。同大学退官後、和光大学教授、日本福祉大学客員教授。一橋大学名誉教授。和光大学名誉教授。経済学博士。専門は日本中世史。主な著作に『日本封建社会論』(東京大学出版会)、『日本中世社会構造の研究』『戦国期の政治経済構造』(ともに岩波書店)など多数。著作集として『永原慶二著作選集』(吉川弘文館)が刊行されている。

「2019年 『戦国時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永原慶二の作品

戦国時代 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×