王家の遺伝子 DNAが解き明かした世界史の謎 (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (3)
  • (17)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 181
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065166147

作品紹介・あらすじ

駐車場から掘り起こされた遺体は、シェークスピアが嫌ったあの国王だった! DNA分析を駆使する分子遺伝学が世界史を書き換える!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • それは誰の遺骨?・・・DNA解析で解明される世界史のミステリー。
    ・プロローグ 欺かれたシェイクスピア
    第1章 駐車場から掘り起こされた遺体
    第2章 DNAは知っている
    第3章 リチャード3世のDNAが語る「身体改造」の未来
    第4章 「ツタンカーメンの母」は誰か?
    第5章 「エジプト人」とは何者か?
    第6章 ジョージ3世が患っていた病
    第7章 ラメセス3世殺人事件
    第8章 トーマス・ジェファーソンの子どもたち
    さくいん、参考文献有り。
    発見されたリチャード3世の遺体。ツタンカーメンの母は誰か?
    英国王室の遺伝性疾患。ラムセス3世の死因は?
    ジェファーソン大統領の子孫の問題。
    そして、日本人やエジプト人のルーツも。
    合間に、DNAや遺伝子、染色体等の最新の話を挟んでいます。
    さすがに文系人間には、数字の羅列を見ただけでクラクラ(汗)
    それでも遺伝等の仕組みはわかり、解明できることも多いのは、
    理解できました。
    ただ、DNA鑑定も万能ではないこと。
    家系等の問題は裁判に発展する恐れもあること。
    また、掲載された謎解き自身は興味深く、面白かったのですが、
    まだ真の解明には至っていない事例が多いのが、残念。

  • 非常に分かりやすくまとまっている。DNA鑑定の可能性にも驚かされた。

  • DNA鑑定で家系上の祖先の本当の子孫かどうかまでわかるのは驚いた。
    古代の天皇の遺体のDNA鑑定して今の天皇家が本当に男系継承しているのかどうかも調べられそうと思った。

  • ふむ

  • 本書の中で、遺伝/遺伝子/ゲノムに関する解説は相当な分量を占める。

    確かにゲノム等の知識がないと本書に書かれたDNAに基づく血統分析の中身がわからないので、仕方がないのだが、その分謎解きの面白味は薄れてしまう。

    少なくともタイトルに見合うほどの内容が書かれているとは思えない。が、著者はあくまでも科学畑の人であり、歴史家ではないので、やむを得ないともいえる。

  • プロローグ 欺かれたシェイクスピア
    第1章 駐車場から掘り起こされた遺体―行方不明だった国王の秘密
    第2章 DNAは知っている―遺伝子で何がわかるか、何ができるか
    第3章 リチャード3世のDNAが語る「身体改造」の未来―デザイナーベビーを可能にする24の遺伝子
    第4章 「ツタンカーメンの母」は誰か?―ミイラに遺されたDNAからわかったこと
    第5章 「エジプト人」とは何者か?―DNAが語る人類史
    第6章 ジョージ3世が患っていた病―歴史は科学で塗り替えられる
    第7章 ラメセス3世殺人事件―DNAによる親子鑑定の可能性とその限界
    第8章 トーマス・ジェファーソンの子どもたち―DNAだけがすべてか?

    著者:石浦章一(1950ー、石川県、分子生物学)

  • 久し振りの飛ばし読み~駐車場で見つかった骨はどうやら悪名高きリチャード3世。DNA鑑定で判った。アクエンアテンの息子がツタンカーメンで、母はその姉妹の誰か。トマス・ジェファーソンは奴隷女との間に子どもをもうけていたか?~説明したい気持ちは汲んだんだけど、どうも堪え性が不足していて飛ばし読みしてしまった。アメリカ人は家系が好きってことがわかった

  • 本書のDNAの最新の知識も興味深いし、イギリス王室の系統についてもミーハー的好奇心を刺激される。その関心ゆえに学問的な硬い話も読みやすく、遺伝学の新しい知識を得る喜びを感じることができた。
    小生は「壬申の乱」の小説も興味を持って読んだことがあるが、本書でのイギリス「プランタジネット朝」の骨肉の争いも実に面白い。
    しかし、現在のエリザベス女王の過去の系統に断絶があったことを強く示唆する結果には驚く。日本においてその様な調査は出来るはずもないが、もしや重要古墳の学術調査が許可されたらと、思うだけでも興奮する思いを抱いた。

  • 羅列は頭に入っていかなかった。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950年、石川県生まれ。東京大学教養学部卒業。同大学院理学系研究科博士課程修了。国立精神・神経センター神経研究所、東京大学分子細胞生物学研究所、同大学院総合文化研究科教授を経て、現在は東京大学名誉教授、同志社大学生命医学部特別客員教授。一般向けの書籍を多数執筆している。おもな著書に、東京大学超人気講義録シリーズ(羊土社)、『遺伝子が明かす脳と心のからくり』(だいわ文庫)、『老いを遅らせる薬』(PHP新書)などがある。



「2017年 『効かない薬・効く薬 薬の見分け方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石浦章一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
劉 慈欣
有効な右矢印 無効な右矢印

王家の遺伝子 DNAが解き明かした世界史の謎 (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×