空電の姫君(1) (イブニングKC)

著者 :
  • 講談社
4.06
  • (3)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065172582

作品紹介・あらすじ

伝説のロックバンドのギタリストを父に持つ女子高校生・保坂磨音(ほさかまお)はアマチュアバンド「アルタゴ」のメンバーになる。歌が上手くて美人でミステリアスな親友・支倉夜祈子(はせくらよきこ)も絡んで練習やライブに挑む彼女の青春漫画。バーズコミックス「空電ノイズの姫君」全3の続編ですがここから読んでも大丈夫です。冬目景さんの最新作を是非どうぞ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ダイジェストもなく、ビシッと続きからスタート。
    ライブシーンのいかつい感じとか、最高。

  • マオとヨキコが帰ってきたぞい♪ 「……なんなの?最高じゃん」「これがロックなんですよねっ!」「そうか!」「そうなの?」「そうかなー……」まぁ最高の演奏はできたみたいで何より.たとえ夫婦であれ勝手に他人の物を捨ててはなりません.「マオちゃん天才!最高!しあわせ!」え? 誰の妹?

  • なんでタイトル変わったんだと思ったら、移籍していたのか。

    ヨキコさんとの別れが全面に醸し出されているけど、はたして。
    前回の雪辱を果たす演奏が出来ても、客が退いちゃうって言うのは、何とも哀しいところだけど、これも何かに繋がると思えば。

    引き続き楽しみです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1993年、「アフタヌーン」での四季賞受賞を経て、「モーニング増刊OPEN」で『黒鉄』の連載を開始。現在、『イエスタデイをうたって』(ビジネスジャンプ)、『幻影博覧会』(コミックバーズ)、『ももんち』(ビックコミックスピリッツ)を連載中。2008年7月より「アフタヌーン」で『アコニー』を連載再開。

「2016年 『新装版 LUNO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冬目景の作品

空電の姫君(1) (イブニングKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×