幸せカナコの殺し屋生活 2 (星海社COMICS)

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (6)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065175347

作品紹介・あらすじ

読むと元気になる殺し屋漫画☆

ブラック企業を満身創痍で退職したOL・西野カナコ。
転職先はまさかの“殺し屋”!?
人殺しなんて無理無理無理無理カタツムリ――――――――!!
……と思ったら、天性の才能が大開花!

世のため人のため、伝説の殺し屋を目指すカナコの前に訪れる恋の予感と警察の影――――☆

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とにもかくにも巻末よ巻末ー!!!!
    「俺の女に手をだすな」という破壊力!
    先輩とくっついちゃえよカナコー!!!

  • 二巻も爽快だった〜〜〜最後めっちゃよかった次巻気になる〜〜〜

  • 警察の竹原さんも絡んでくるし、相変わらずバンバン殺しているしで、どうなるのかと思っていたら桜井先輩ー!

  • 幸せカナコの殺し屋生活、タイトルだけでガツンと気になり手に取った一冊。広告代理店OLだったがあまりのブラックな環境に病んで退職。朦朧としたまま再就職活動して、たどり着いた会社の業務は「殺し屋」だった...。入社試験は、自分が辞めることになった原因のパワハラ上司の狙撃。そつなくこなしてしまい、嫌な飲み会をやり過ごすために気配を消すこと、怒られないために教わったことは一度で覚えわからないことは率先して調べるスキルがここでも活き、そして街で見かける許されざる存在を密かに殺していくうちに、殺し屋界でも話題になり、殺し屋が目立ってどうする?という社長に怒られるかと思いきや、お前は伝説になれ、普通の会社は頑張ってる社員を評価するんだろう?と言われ。人には言えないけど仕事には幸せを感じるというカナコ。ひょんなことで好意を持たれた刑事に迫られたり、俺の女に手を出すな宣言をした頼るになる先輩社員が出たり、さあどうなるカナコ、と。2巻まで読了。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

Twitter @sankakujougi
1987年生まれ。漫画家。代表作に『徒然チルドレン』『恋するみちるお嬢様』『僕はお姫様になれない』などがある。

「2019年 『幸せカナコの殺し屋生活 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幸せカナコの殺し屋生活 2 (星海社COMICS)のその他の作品

若林稔弥の作品

ツイートする