朔と新

著者 :
  • 講談社
4.16
  • (19)
  • (26)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065175521

作品紹介・あらすじ

兄の朔(さく)が1年ぶりに家へと帰ってきた。朔と弟の新(あき)は、一昨年の大晦日、父親の故郷で正月を迎えるために高速バスで仙台に向かい、バスが横転する事故に巻き込まれた。朔は視力を失い、盲学校での生活を送っていたのだ。大晦日に帰省することになったのは、新が母親と衝突したことが原因だった。本来の予定より一日遅れでバスに乗ったのが、運命を変えたのだ。
中学時代、新は長距離走者として注目を浴びていたが、ランナーとしての未来を自ら閉ざし、高校に進学した後も走ることをやめた。
そんな新に、突然、朔が願いを伝える。
「伴走者になってもらいたいんだ、オレの」
激しく抵抗する新だったが、バスの事故に巻き込まれたことへの自責の念もあり、その願いを断ることはできなかった。かくして兄と弟は、1本のロープをにぎり、コースへと踏み出してゆく――。

東京2020オリンピック・パラリンピックをむかえるにあたり年、ブラインドマラソンを舞台に、近いからこそ遠くに感じる兄弟、家族の関係を描き切った一作。日本児童文芸家協会賞を受賞し、2年連続で夏の読書感想文全国コンクールの課題図書に作品が選出された、児童文学界屈指の書き手、いとうみくが渾身の書き下ろし!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高速バス事故で視力を失った兄 朔が、1年間の寄宿盲学校生活から帰宅したが、家族も、朔のガールフレンドも、誰にも頼りたがらない朔の態度に傷つく。兄が失明したのは自分のせいだと思っていた弟の新は、事故以来、将来を嘱望されていた陸上を止めていた。ところが、突然朔はブラインドランニングを始めたいから伴走者になってくれと新に頼む。朔の役に立ちたいが、走りを再開することに新は心の痛みを感じる。

    不幸な事故に遭いながらも、互いを思いやる気持ちを持とうと葛藤する兄弟の姿を、疾走感豊かに描く。






    *******ここからはネタバレ*******

    弟の都合で、兄も一緒に、両親とは違う高速バスに乗り事故に遭った。それが原因で兄は失明したので、弟は自責し、母は弟のせいだと責め、その罪滅ぼしとして、弟は、将来を嘱望されていた陸上を止めた。
    兄は兄で、自分が人に頼らないと生活していけない身になったと自覚しながらも、頼ることによって重荷になってしまうことを嫌悪するあまり、そっけないほど自立を望む。
    我が(我が子の)身の不幸を嘆くあまり、どこかに怒りをぶつけたいと、母と兄は弟に、弟も自分自身に、矛先を向ける。

    悲しむ人に寄り添うことの難しさを、この物語は付きつける。


    滝本兄弟とガールフレンドの梓が成長しているのに比べ、この物語では、母親がおそまつな役割を演じている。
    兄の失明を弟のせいだとなじったり、弟がその代償にと陸上を止めても気遣いしなかったり、兄が失明するや、それまで冷たく接していた兄のガールフレンドにやたら親しくするようになったり……。
    これは、母親というものの盲愛の象徴なのか。できの良い兄だっただけに余計失ったものへの未練があるのか?


    兄の立ち直りのきっかけとなったのが、事故当時まだ未就学児だった女の子めぐちゃんの訪問だったらしいのだが、彼女が事故のことを母親に告げて、その母親が兄のことを調べて、母子揃って兄の滞在先に訪問するって、すごい。
    母子揃ってすごい勇気だ。普通、自分に責任のない(と思いたい)事故で、深刻な傷を追ってしまった人と、積極的に関わりを持ちたくないでしょう。


    最後に兄は、表面的な優しさや強さに隠した卑屈な思いを吐露するが、これは高校生の弟には酷ではないのか?兄弟ランニングを止めるにしても、それこそ最後まで隠し続けて感謝して終えるのが男ってもんじゃないのかーっと感じる。



    笑顔の影で刺すような人間関係がチクチクするので、これは年長者に向けです。
    メンタルの強い(笑)中学生以上からにオススメします。

  • [本の森 医療・介護]『朔と新』いとうみく/『おっぱいエール』本山聖子 | レビュー | Book Bang -ブックバン-
    https://www.bookbang.jp/review/article/616092

    『朔と新』 いとうみく著 : 本だな : 本こども堂 : KODOMO新聞 : 読売新聞オンライン
    https://www.yomiuri.co.jp/kodomo/kbook/sinkan/20200406-OYT8T50053/

    『朔と新』(いとう みく)|講談社BOOK倶楽部
    https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000325114

  • もしあの時、出発日を変えていなかったら...。事故に巻き込まれて視力を失った兄、責任を感じ好きだった陸上をやめた弟。自分の本音だって、ぶつかりあってみないとわからない。清々しいラストでよかった。嬉しいサブキャラ登場も楽しめた!

  • 朔と新、優等生の兄とちょっとやんちゃな弟、仲の良い兄弟かと思って読みだしたが、そうでもない。
    朔はバスの事故で失明してしまう。
    そのことで二人の間にはわだかまりがあり、しっくりとは行っていない。
    マラソンをやっていた新にブラインドマラソンの伴走をしてほしいと言い出した朔。
    ぎくしゃくしながらも二人の練習が始まる。
    最後の場面で朔が新に語る場面は朔も一人の若者、と納得。
    ブラインドマラソン、いとうみくさんの作品に出てきたなあ、「車夫」にと思ったらここに出てきた、吉瀬くん。
    3巻の最後は吉瀬くんはブラインドマラソンの練習場に行って興味を取ったところで終わっている。
    繋がっていたのだ、ここに。
    「車夫」の続編を期待していた私には最高の展開だった。

  • 高速バスの事故で視力を失った朔。乗るはずではなかったその高速バスに乗る原因を作った新。
    事故の後、新は自分にとって特別だった陸上をやめてしまう。そのことを知った朔は、ブライドマラソンに挑戦しようと決め、新に頼む。「伴走者になってもらいたいんだ、オレの」

    ブライドマラソン、そのことをなんとなくしか知らなかった。なにも見えない状態で走ることを想像してみる。相当な恐怖。そのサポートに回る大事な役割が伴走者であり、その関係性と兄弟の微妙な関係性とが真逆にも重なったりも感じられて、読んでいて面白かった。

    「できなかったことができるようになることも、わからないことがわかるようになることも、知らない世界を知ることも、全部、オレにとっては見ることなんだ」
    「オレにとって、走るってそういうこと」
    そんなかっこいいことが言える人格者な朔の、そうではない一面も…いいなぁ。

    そして、吉瀬くん✨うれしい登場に、テンションが上がった!
    また読み返したいなぁ。





  • 不運な事故で全盲になった朔。
    その原因を作ったと思ってしまった弟の新。
    2人の思いが複雑に絡み合う。

    「障がいって個性だっていう人がいるけど、そういう言いかたは好きではない、
    障がいはその人の大きな特徴である。」

    グッときた。

    途中、ビックリ!うれしい‼︎「車夫」の吉瀬くん登場♪

  •  朔と新が乗った仙台行きの高速バスが事故に遭い、兄の朔が重傷を負い失明した。このバスに乗るきっかけを作ったと責任を感じた新は、大好きな陸上を諦めることで自分を責めることにした。
     それを知った朔は、新に陸上を続けてもらいたいと考え、自分がブラインドマラソンを始め、伴走者を新に頼んだ。
     走ることを拒んでいた新だが、朔の役に立ちたいと言う思いを優先し、伴走者になることにした。

     二人の本当の気持ちは…。家族だから言えなかったこととは…。

  • 失明した兄の朔がブラインドマラソンを始め、伴走者として走ることになった高校生の新。
    失明の原因を自分のせいだと考え、一度は辞めた陸上。が、また走ることで二人のわだかまりや葛藤が徐々にほぐれて行く。
    母との確執はちょっと行き過ぎかと思うくらいだったし、二人の優等生とやんちゃな弟の設定も出来過ぎ感あったけど。

    走るシーンは車夫を思い出すなーと思ったら登場人物がリンクしてた!

  • 家族だから言える事、家族だから言っちゃいけない事、難しいなぁ~(--;)視力を失った兄が始めたブラインドマラソン。その伴走者を弟に頼んで、兄弟のわだかまりが徐々に解けたように思うけれど、母はどうなんだろう?(゜゜;)タラレバの世界へ逃げたい気持ちも分かるけれど、やっぱり言っちゃいけない事ってあるよね(--;)でも言わなきゃ分かんないし…あぁ本当に難しい(-_-;)

  • この人の作品って、なんだかものすごくひねくれた人間が出てきて、そのひねくれ方がものすごく不自然な感じがする。そんなに歪んだ人間って、もはや心の病だろうと感じてしまうくらい。目が見えない兄も、その原因をつくったと自分を責める弟も、もう少しうまくやれよと思ってしまうし、母親もなんだか鬱陶しい。全員、なんてゆーか、人としての魅力に欠けていて、それぞれが成長していく過程より、うだうだと煩悶している過程が目についてしまった。ただ、読みやすいんだよな…

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

いとうみく 神奈川県うまれ。『糸子の体重計』(童心社)で日本児童文学者協会新人賞を、『空へ』(小峰書店)で日本児童文芸家協会賞を受賞。『二日月』(そうえん社)、『チキン!』(文研出版)が青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選ばれた。著書に『かあちゃん取扱説明書』(童心社)、『おねえちゃんって、もうたいへん』をはじめとする「おねえちゃんって、」シリーズ(岩崎書店)など。2020年『朔と新』(講談社)で第58回野間児童文芸賞を受賞。

「2021年 『つくしちゃんとおねえちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうみくの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
凪良 ゆう
辻村 深月
いとう みく
伊吹有喜
恩田 陸
今村夏子
小手鞠 るい
宮下奈都
ソン・ウォンピョ...
ヨシタケシンス...
R・J・パラシオ
小野寺 史宜
伊坂 幸太郎
村田 沙耶香
ショーン・タン
辻村 深月
小手鞠るい
ヨシタケ シンス...
米澤 穂信
砥上 裕將
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×