フラジャイル(16) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.13
  • (14)
  • (16)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 207
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065178768

作品紹介・あらすじ

病理医とは、直接患者と会うことなく病気の原因を調べ診断を下す医者だ。同僚の医師は岸京一郎についてこう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と。ゲノム医療を扱った「未来は始まっている編」クライマックスへ!患者・作山紀子の願い。紀子の孫・郁の祈り。担当医・稲垣の焦燥。研究者・、円の矜持。製薬会社・間瀬の捲土重来。すべてが「JS1」に繋がっていく。そのとき、病理医・岸京一郎は未来を診る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 間瀬の“やれることがないと思ってる奴にチャンスなんか見えねぇよ。気づける奴だけが利用できる。機が来たと思ったら躊躇しない。”のセリフから始まる本巻。
    遺伝子変異性を持つ癌患者と臨床。圧巻の展開と、生死、緩和ケアについての考え方。重いなぁ。でもとても大切なこと。
    間瀬はどれだけやり手なんだろう(笑)。あと、感情で否定せずに凄いものは凄いと評価する岸も流石。次巻はそのアミノ製薬編かな?

  • 病理医とは、直接患者と会うことなく病気の原因を調べ診断を下す医者だ。同僚の医師は岸京一郎についてこう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と。ゲノム医療を扱った「未来は始まっている編」クライマックスへ!患者・作山紀子の願い。紀子の孫・郁の祈り。担当医・稲垣の焦燥。研究者・、円の矜持。製薬会社・間瀬の捲土重来。すべてが「JS1」に繋がっていく。そのとき、病理医・岸京一郎は未来を診る。

  • また泣けた。緩和ケア家族の場面で。こんな風に穏やかに死にたい、送りたい。最期の場面の、家族との貴重な時間。それを奪うコロナには絶対にかかりたくない!と強く思えました。死ねないねえ、、というセリフ、JS1開発時、火箱さんと患者とのデートの場面でも出てました。その時も沁みましたが、今回も沁みました。治療のための薬、少しでも早くできるシステムになることを祈ります。今も。ビフィズスの社長、好感持ててましたが、どうしたんでしょうか。

  • かなり踏み込んだところまで専門的知識がぶち込まれているけど、扱う対象が病理の世界となると、どうしても避けては通れないもの。患者側の人間ドラマとか、医療者側の普通じゃないキャラ設定とか、そのあたりがしっかりしているおかげで、ただ面白い漫画としても楽しめる。相変わらずの絶妙なバランス感覚。

  • 蕎麦屋さんの話はここで終わりだったかな?薬は引き続きだけどね。間瀬さんが相変わらず極悪面ですね。岸先生と混ぜると危険な気がするのも相変わらずです(笑)

  • 緊迫した話が続くなあと思っていたら、最後の話ww

  • よかった。なんだか泣けて泣けて。

  • コエー 泣きながらコ~エ~~

  • フラジャイル16(アフタヌーンKC)
    著作者:恵三郎
    恵三郎さんはアフタヌーン四季賞2012年のこんてすと「かのじょの鉄拳」でシンサイン特別賞を受賞。
    タイムライン
    https://booklog.jp/timeline/users/collabo39698

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アフタヌーン四季賞2012年秋のコンテスト『彼女の鉄拳』で審査員特別賞受賞。

「2020年 『フラジャイル(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恵三朗の作品

フラジャイル(16) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×