寄生獣リバーシ(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065185414

作品紹介・あらすじ

無軌道に殺人を繰り返す海老沢を追う、刑事・深見と目撃者・タツキ。逃亡を続ける海老沢が二人の前に現れた時、人類とパラサイト双方の思惑を超えた死闘が始まる!寄る辺なき男達によって繰り広げられた、もう一つの生存競争がここに明かされる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本編の市役所戦にむけて、重なる部分が増えてきて、続巻への期待感が増してきた。

  • うーん、ちょっとのんびりすぎるかも。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1979年生まれ。
2007年『囚われクローン』が「アフタヌーン」四季賞を受賞し、デビュー。
代表作に『鉄風』。

「2020年 『寄生獣リバーシ(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太田モアレの作品

ツイートする