裁判官も人である 良心と組織の狭間で

著者 :
  • 講談社
3.92
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065187913

作品紹介・あらすじ

原発再稼働の可否を決め、死刑宣告をし、「一票の格差」について判断を下す――裁判官は、普通の人には想像できないほどの重責を負う。その重圧に苦悩する裁判官もいれば、個人的な出世や組織の防衛を優先する裁判官もいる。絶大な権力を持つ「特別なエリート」は何を考え、裁いているのか?

出世欲、プライド、正義感、情熱…生々しい感情が渦巻く裁判官の世界。これまで堅く閉ざされていたその扉を、粘り強い取材が、初めてこじ開けた。「週刊現代」連載時から大きな反響を呼んだノンフィクション「裁判官よ、あなたに人が裁けるか」に大幅な追加取材と加筆を行い、ついに単行本化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書は、裁判官という独特の世界を「ぶっちゃけて」語った本であるが、この内容を読む限りどうもこの組織も腐ってきている。今日本全体「政治」も「経済」も閉塞感が漂っているが裁判所と言えどもその例外ではないのかとの思いも持った。
    本書を読みながら思わず「それじゃまずいだろ!」と何度もつっこむ。何事にも「建て前」はあるだろうし、誰しも「良心」「理想」はある程度はあるだろうと思っていたが、閉塞感漂う時代にはそんなものはドラマの中にしかないのかも知れない。
    本書の後半はあまりの悲惨さに読むのが辛い。日本の司法の頑迷さは「信頼」よりは「悲劇」を産んでいる。冤罪事件が今でも後を絶たないことを思うとやはり司法の変革は不可避だろうと思えた。
    また裁判員裁判制度を導入した意図には驚いた。このような司法官僚の本音は決して マスコミでは流れない。やはり閉じて隠された社会は例外なく腐敗するものなのだろう。司法の世界も、もっと広く知られるべきだと本書を読んで痛感した。

  • 週刊現代の連載をまとめて単行本化したものらしい。あまり手を入れないまま単行本化したみたいで、各章の連絡が十分でなく、ブツブツになっている。青法協弾圧から裁判所の政治従属が強くなったあたりを、若い人たちに知らせる意義はあるかもしれない。一票の平等に関しては、最高裁判事を辞任してから二倍を超える格差の選挙は無効判決を出すべしとする論文を果敢に書いた藤田宙靖・東北大学名誉教授のことに全く言及されていないのは調査不足。

  • ノンフィクションが好き。
    多分、こんな本に時々出逢えてゾクゾクする楽しみから、手に取る機会が多い気がしてます。

    裁判官などの内実や内心を知れるなんて生きていて全然ない。
    自分の生活に関わる範囲内のことしか、なかなか考えることすらも無い。
    多種多様な生き方を知る機会もないし、そもそも出会うことも無い人達のなんと多いコト。

    だからそこ、専門的なことになればなるほど、こうやった書籍がないと触れることすらなく時が進む。笑

    ドラマや映画とかにはない、リアルな人の声を拾っているので、色んな感想が頭に浮かびながら一ページ一ページ読むことになった。

    「裁判官って弱い。ただのひとりのサラリーマン。」
    「三権分立は立法・司法・行政ではなくて、立法・裁判・行政。司法は、行政の一部」
    多分、今後の人生で、いつかふと思い出しそうなそんな言葉たちでした。

    職業の一つではあるので、テクニカルなものもある、当然だ。
    でも、凄い苦悩の中で、一人一人が独立した一個人として、裁判に向かい事件に向き合っていることも少しだけ理解出来た。

    結局、どんな仕事も、人間がやっている。
    改めて当り前のことを感じた、そんな時間になりました。

  • これまで「裁判所の正体」、本書にも登場する岡口裁判官の「最高裁に告ぐ」を読んだことがあった。
    それ故に全く知らない話ではなかったが、それでも裁判所の有り様を描いた本書は衝撃だ。
    国策捜査という言葉はあったが、裁判まで「国策裁判」になっていたとは。人事権を通じて国家に従順な裁判官を作り上げ、国家にとって望ましい司法に変貌してしまった。恐ろしいことだ。
    きっと口が堅かったであろう裁判官たちに丹念に取材した著者の努力には頭が下がる。口を開いた裁判官たちもやはり心ある方々なのだろう。
    本書が多くの方に読まれますように。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1955年、和歌山県生まれ。ジャーナリスト。2004年、『年金大崩壊』『年金の悲劇』(ともに講談社)により講談社ノンフィクション賞を受賞。また、同年「文藝春秋」に掲載した「伏魔殿社会保険庁を解体せよ」によって文藝春秋読者賞を受賞した。他の著書に、『われ万死に値す ドキュメント竹下登』(新潮文庫)、『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(新潮社)、『新聞が面白くない理由』(講談社文庫)、『パナソニック人事抗争史』(講談社プラスアルファ文庫)などがある。

「2020年 『裁判官も人である 良心と組織の狭間で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩瀬達哉の作品

裁判官も人である 良心と組織の狭間でを本棚に登録しているひと

ツイートする