僕と君の大切な話(7) (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
4.60
  • (33)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 271
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065189696

作品紹介・あらすじ

同じ学年の東くんに片想いしてきた相沢のぞみ。告白に超斜め上の返事をされてからも、めげずに駅のホーム、中庭、部室、喫茶店、図書室と、沢山の会話を続けて次第に東くんと仲良くなり、ついについに東くんから告白される。だけど、なぜだか付き合うのは待ってほしいと言われてしまって? 笑いもニヤニヤも”恋も”止まらない! すれ違う男女の新感覚”トーキング”ラブコメディー、完結の第7巻! ろびこさん描き下ろしイラストも収録したミニイラスト集付き特装版も同時発売!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ついに相沢さんに告白した東くん!しかし、彼には告白の返事をもらう前に、小説を書き上げるという決意を固めていた。「『僕たちは理解り合えない』『だから君と話したい』」って台詞がまさに東くんの心境を表していていいよね。再会が駅のホームなのも素敵だし、ラストのベンチのシーンも二人の縮まった距離を見せてくれているようでよかった。
    東くんに恋する九藤さんは可愛すぎるけど、とにかく周回遅れすぎた(笑) 想いを伝えた相沢さんと、伝えなかった九藤さん。会話がテーマなこの作品らしい二人の対比になっていると思う。最後でちょっと気になるフラグが?!恋することがあれば、今度こそ気持ちを伝えてほしいよね。

    カフェインとはまりんの関係性もいいね。古本屋巡りデートの話を聞いた東くんが「自分の趣味に招き入れてくれるなんて信頼してる証だな」とカフェインに言った言葉が好き。
    「一緒にいるのがフツーになるぐらい一緒にいれば 浜田さんもそういうこと気にならなくなるかもしれないし」とか「浜田さんが引いたらその分 オレが距離詰めなきゃダメな気がするんだよね」とか、カフェインのやさしいところがたくさん見られてよかった。素直な表情を見せたはまりんも可愛い!

    鈴と圭介の話もしっかり回収してくれてうれしかった。長年の片想いを伝えても無駄だと思っていた圭介に「言ってもないうちから決めつけるなよ」と背中を押した東くんの成長っぷり。会話することからすべてが始まっていくんだよね。会話劇というコメディの面白さの中に、思いを伝える大切さもしっかり詰まった作品だった。

  • 僕と君の大切な話(7) (KC デザート)

    サラッと終了、何かあっけないなあ(笑)

    東の告白に「はい」って幸せそうな笑顔♪ラスト、東の隣で肩にもたれ掛かり、東の♪に照れる相沢さんが可愛いです。

    嫌みなキャラもいない、同級生達のわちゃわちゃが楽しかった♪
    あ、九藤さんが不憫かなあ、もうちょい東に絡むの見たかったな♪

    #僕と君の大切な話
    #ろびこ
    #漫画好きと繋がりたい
    #漫画倶楽部
    #漫画好き
    #漫画

  • きゅんきゅん♡
    東くんと相沢さんも、はまりんとカフェインも、圭介もきゅん♡
    絵もお話もすき♡

  • ハッピーエンド。
    相沢さんのおうちの事情は語られぬまま…そんなのは二人の間にはさして重要なことではないってことなんでしょう…若くてつよい。

  • コメディ要素の多い作品だったけど、最後はしっかり青春の甘酸っぱさを感じる展開になっていてキュンとした。
    登場人物それぞれが幸せそうな終わり方でよかった。
    個人的にはやっぱりはまりんとカフェインのカップルが好き。おまけ4コマでカフェインが「浜田さんが引いたらその分オレが距離詰めなきゃ」って言うのが、二人の関係性をよく表していて素敵だった。
    東くんと相沢さんの会話はいつまでも聞いていたくなるくらい面白くて心地良くて、いい関係だなと思った。
    何よりこんな面白い会話を生み出せる作者さんはやっぱりすごい。

  • ふたりの会話が積み重なっていく感じがおもしろいです。繰り返し読みたい。

  • 今まで読んできたラブコメの中で一位二位をあらそう面白さだった。
    絵も構成も一話一話作り込まれてて完成度が高く、読んでいて多幸感に満たされる素晴らしい作品。
    東くんとはまりんのキャラが最高。
    女子にも男子にオススメ。

  • くううかわいい!!

    やっぱり相沢さんは理想の女の子……

    すっきりとまとまっていい終わり方だった。

  • 終わってしまったァ〜〜〜! いいラストだった… まだまだ読みたかったけれどよかった…

  • かわいく且つ綺麗にまとまった。相沢さんがぶれることなく、東くんの成長を見守る感じ(?)がもう愛しい。
    次回作に期待です。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作『となりの怪物くん』は2012年テレビアニメ化され、2018年4月には実写映画も公開された。他に『ひみこい』『彼女がいなくなった』『ボーイ×ミーツ×ガール』などの作品がある。

「2020年 『僕と君の大切な話(7)特装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ろびこの作品

僕と君の大切な話(7) (KC デザート)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×