無能の鷹(1) (KC KISS)

  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065192306

作品紹介・あらすじ

就活で鶸田が出会ったのは、一目でわかる「デキる人」・鷹野ツメ子。一方、鶸田は見るからに気弱そうだが、実はポテンシャルを秘めた人間だった。同期入社を果たしたふたりは1年後、最強タッグを組む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 見た目は有能そうなのに無能な鷹野と、見た目が無能そうなのに有能な鶸田。ITコンサル会社を舞台にしたお仕事コメディマンガ。プロローグでめちゃくちゃデキる女感を出していたのに、社内ニートになっているのがまず衝撃(笑) 会社を受けた理由が「丸の内のオフィス街をパリッとした服でカツカツ歩いて 受付を社員証でピッしたかったの あと筆記試験のないところ」にまた衝撃!

    能力はあるのに緊張で力が発揮できない鶸田が、オーラだけはある鷹野と組んで契約を取りに行くという流れも面白い。デキそうな鷹野が「大丈夫です 彼は私などよりはるかに優秀です」と言うだけで生じる圧倒的な説得力!本当は深くない発言を、相手が深く解釈して回っていく交渉はすれ違いコントのような読み味がある。

    4話目の上司の話も好き。あまりにも何もできない鷹野をどう指導するかを悩む鳩山。フリーセルを始めるも理解できず止めようとした鷹野に「フリーセルをそんな序盤で諦めるな!」って真面目にツッコんでたのに笑った。

    「もうやめましょう 鳩山さんが構う価値ないですよそんな奴」という言葉に、
    「価値か…そんなのオレにもないさ…あるとしたら一体どの時点で決まってたんだろうな」
    と返した鳩山の言葉が印象深かった。コメディの中にも、相手と仕事をするにはどう接したらいいかという問いかけにもなっているよね。

    最後まで読み終わってから、最初の「私がこの会社を必要としてるから 会社に必要とされてるかは考えないようにしてる」という鷹野の言葉も味わい深い。とか思っちゃってるところが、鷹野さんのペースにやられてる気がしてならない(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

はんざき朝未の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナリ ミサト
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×