地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.68
  • (3)
  • (21)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 243
感想 : 21
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065192436

作品紹介・あらすじ

2020年1月17日、日本初の地質年代「チバニアン」がついに誕生!

千葉県市原市の地層「千葉セクション」が、地質時代の国際標準模式地(GSSP)に認定されました。
日本の地名に由来する地質年代(地球の歴史区分)が誕生するのは初めてのことです。

地質年代を決定するのに重要なカギを握っていたのが、「地磁気の逆転」。
この千葉セクションには、もっとも最近、地磁気(地球の磁場)が逆転した貴重な記録が残されています。

地球の磁場は、過去に何度も逆転しているということが記録からわかっているのですが、
最後の逆転は約77万年前――私たち人類は、この地磁気逆転を経験したことがありません。
人類が誕生する前の地球で、何が起こったのかを教えてくれるのが、この地層なのです。

いったいなぜ地球には磁場があるのか。
なぜ地磁気は逆転するのか。
次に地磁気が逆転するのはいつなのか。
そのとき、この地球はどうなってしまうのか。
――地磁気逆転のメカニズムは、地球科学最大の謎ともいえる重要なテーマとなっています。

チバニアン認定のための研究・申請プロジェクトをリードしてきた著者が、チバニアン命名の意義を分かりやすく解説し、地磁気逆転の謎に迫ります。

■おもな内容
・チバニアン命名の意義
・地質年代とは?
・地磁気とはなにか
・地磁気逆転の発見
・地磁気の変動
・いったいどうやって地磁気を測るのか
・地磁気はいつから存在するのか
・もしも地磁気がなかったら
・次の地磁気逆転はいつなのか
……など

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ある時スイッチが切り替わるように、磁場が逆転するのか。
    それとも、じわじわと移動していって、地磁気極が赤道上にあった時期もあるのか。

    地磁気逆転の経過が知りたくて手にした本。

    第36回講談社科学出版賞受賞作。

    とても面白かった!

    筆者は、地質年代名「チバニアン」が誕生することになる、GSSP審査の提案書執筆責任者。
    難しいことを取り扱っているはずなのに、平易でわかりやすい。

    磁石、海嶺とプレートテクトニクス、磁場のない他の惑星のこと。
    身近な知識とつながる部分が多く、興味をひく。

    日本列島の「観音開きモデル」のように、「ブラタモリ」とつながる部分も多かった。

    GSSP申請の際、日本国内である団体からの妨害があった件も、触れられていた。

  • ◯この本は一言でまとめるとプロジェクトX。いつものブルーバックスよろしく、噛み砕いた説明で、地学の歴史から最新の研究まで網羅しているものの、読み物として面白いのである。
    ◯地学に対する知的好奇心を満たすように読み進めていたが、終盤に至って、それまでとは異なり、不穏な空気に包まれる。「団体」の登場である(調べてみると、どうも個人のようだ)。なんのことだと二度見した。注釈がここまでに記載されていたいわゆる注釈ではなく、筆者の思いが溢れている。団体からの抗議、妨害活動が語られ始めるのだ。
    ◯学術的なものがどのように合意されていくのか、過程を知らない者にとっては、様々な紆余曲折やよく分からない拘りの元に遅々として進まぬことがあることを知る。とりわけ驚いたのは、地学において地中海近辺でなければならないという主張。もはや近代以前の発想である。科学とは平等ではないのか、、
    ◯国際地質学連合における審査の二度にわたる延期、団体からの妨害、様々な困難を乗り越えて選定されたチバニアン。見に行ってみるのも感慨深いのかもしれない。

  • チバニアンという単語は聞いたことがあったけど、何を指しているのかは全く知らない。そんな状態で読んでみたらおもしろかった。
    紀元前77~13万年の間が地質年代チバニアンとして命名された。巨大な磁石としての地球の性質を分かりやすく解説してくれる一冊。

    ■方位磁針は真北を差さない。平面方向にズレる(偏角)地球の中心方向も差している(伏角)
    ■レーマンのP波観測に関する論文のタイトル「P´」がカッコいい(中二的に)
    ■地球の外核は導電性の液体金属から成り、核の表層部と深部の密度差による対流(地球ダイナモ作用)で磁場が生成させる。
    ■地球の地磁気は何度も逆転していた。発見したのはフランスのブルン、明らかにしたのは京大の松山基範博士。その原因は現在でも諸説あるようだ。
    ■溶岩は加熱時に磁性を失い、冷えるときに磁場情報を残留磁化として記録する。電子の向きが偏った鉄やコバルトやニッケルは強磁性をもつ。
    ■地磁気の極性年代には先人研究者の名前がつけられる。ブルン、松山、ガウス、ギルバートなど。
    ■地磁気は太陽風や紫外線から地球を守るバリアとなる。
    ■地磁気の逆転は、過去80万年間で一度だけだが、過去250万年スパンでは11回発生している。おそらく今後数百年は地磁気逆転はなさそうたが、いざ逆転すると著しい気候変動が予想される。
    ■地磁気の強さや磁極位置は動き続けている。
    ■房総半島のは白尾火山灰が堆積しており、残留磁化と放射線同位体比計測から、地磁気逆転の年代が特定された。この地質年代(紀元前77万~13万)がチバニアンと名付けられた。

  • 地球の地磁気が過去に逆転した痕跡を観察できる地層として、千葉県の市原市の地層が一躍有名になったのはつい最近のことですが、本書ではそもそもなぜ地球に地磁気があって、その果たしている役割や、環境に与える影響について解説してくれています。
    地磁気や磁石に関する歴史の紹介では、中国が都市建設に際して風水のために磁石で方位を測ったことから真北を基準としていないのに対して、日本の都が真北を基準としているのは、とても興味深い対比でした。また方位には偏角と伏角があることも知りました。地磁気の方向や強弱により、こうした角度も影響を受けるとのことです。興味深かったのは、体内に磁性鉄をもつ生物が、地磁気を感知して行動するということでした。地磁気逆転現象は、フランス人のブルンと日本の松山が発見者として名高く、直近の地磁気逆転は77万年前だそうです。市原の地層でもこの痕跡が観察できる、とのことですから一度是非見に行ってみたいと思いました。そもそも地層から地磁気の逆転が観察できるのは、岩石や溶岩が磁性を固定するからですが、当時の地磁気の方向がこうして判明する、というのは大変神秘的な現象だと感じました。地磁気が大きく北極や南極からずれることをエクスカーションというそうですが、直近では4万1千年前に起こったそうです。フランスの地名からラシャン・エクスカーションと名付けられていますが、この時期がネアンデルタール人の絶滅と時期的に重なるため、影響があったのではと推測されているようです。エクスカーションで地磁気が弱まり、オゾン層が破壊され紫外線が強まったことによる影響と考えられているようです。地球の地磁気が太陽風から生物を守っているのです。1859年に太陽のフレアが突発的に発生すると、プラズマと磁場が一緒になって宇宙に放出され、その影響が地球に及んだことが紹介されています。この時、電化されていた国、例えばアメリカでは磁気嵐で電信ネットワークがダウンしたのですが、同様のイベントが今発生した場合の社会、経済への影響は甚大でしょう。地磁気がない火星では太陽風の影響によって大気や水がなくなってしまったようです。地磁気が地球上の生命に及ぼす影響の大きさを認識させられた良書でした。

  • 2020/12/01読了

    大学の講義で地球磁気学をとっていて
    少しずつ興味を持ち
    テスト勉強がてらに購入

    やはりブルーバックスは図や写真などが豊富で
    非常に分かりやすい

    講義を全て受けてからの本であったので
    内容がすらすら入ってきた

    しかし前半の内容(地磁気逆転)などは
    初学者には少し難しいのかもしれない

    星4の理由は
    後半の内容に少し失速を感じたからである

    前半は逆転の詳細や時期の説明など
    非常に詳しく書いてあった

    後半はチバニアンの内容だったが
    チバニアンがどんなにすごいものか
    というよりも、
    コレ登録めちゃめちゃ大変だったわ~
    というような内容

    夢やロマンのある古地磁気学
    もっとアピールしてもいいのではないか
    と思いました

  • 背ラベル:450.12-ス

  • ある「団体」の妨害行為でも有名になったチバニアンだが、国際的に認められるための当事者たちの奮闘には胸が熱くなる。

  • 2020年に地質年代の名称として決定したチバニアン。
    審査から決定に至る過程において重要なファクターとなった、地磁気逆転。
    地磁気の発見からなぜ地球には地磁気が存在するのか、地磁気逆転とプレートテクトニクスが深く関わったことなど、歴史からその検証に至る過程を解説。
    そして、地磁気逆転のうち最も最近の松山-ブルン境界の時期を特定するのに千葉の地層が大きく貢献する。

  • 地磁気が逆転するということを高校で習ってぼんやり知ってはいたものの、なぜそんなことが起きるのか、どうなるのかなどちゃんとわかってなかったなーと。レーマン不連続面のレーマンは女性だと初めて知った。
    地磁気が全く逆転しなくなるスーパークロン、北極または南極から北磁極、南磁極がはずれる地磁気エクスカーション、そしてチバニアンが年代を特定した松山ーブルン境界などなど、知らないことがたくさんありました。

    学問のへりでこそ面白い研究があるものだなぁとしみじみ。たまにこういう本も大事です。

  • ■一橋大学所在情報(HERMES-catalogへのリンク)
    【書籍】
    https://opac.lib.hit-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/1001173856

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(すがぬま・ゆうすけ)
国立極地研究所 地圏研究グループ 准教授
1977年、長野県生まれ。2000年、茨城大学理学部卒業。2002年、東京都立大学大学院理学研究科修士課程、2005年、東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了。博士(理学)。産業技術総合研究所ポスドク研究員、東京大学大学院理学系研究科特任助教、国立極地研究所助教などを経て、2016年より現職。専門分野は、地質学、古地磁気学。海や湖の地層や氷河地形などから過去の地球環境の変動メカニズムを解明することを目指している。過去6回の南極調査と、南極氷床上で150日以上のキャンプ経験も持つ。千葉県市原市の地層「千葉セクション」のGSSP認定と地質年代「チバニアン」の誕生を推進した研究グループの中心メンバーで、GSSP申請の論文執筆責任者をつとめた。



「2020年 『地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅沼悠介の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×