理系のための文章教室 もう「読みにくい」とは言わせない! (星海社新書 161)

著者 :
  • 星海社
3.14
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 59
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065199459

作品紹介・あらすじ

理系の生きづらさの原因は「文章」にあるーー理系ラノベ作家兼IT企業広報が文系社会で理解されない理系に贈る最強の文章ハック本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 例題と回答案で構成されており、書いてある事は納得感がありました。
    メールやSNSで実践出来そうですが、もう少しだけ「なるほど」と思う内容が欲しかったです。個人差はあると思います。

  • 読みにくいとされる理系の方の文章について、なぜ読みにくいのかというところから優しく解説。でもこのなかで読みにくいとされている文章はお役所や法律の世界でも同じように感じた。誤解されないこと、正確であることを意識するあまり読みやすさは二の次になってしまう。
    ワンセンテンスワンイシュー、漢字を開いて字圧を下げる、語尾を統一しない等、基本的なことながらとっても参考になる内容だった。丁寧語のなかにふとである態をまぜるというのもテクニックとして有効だと思います。逆もまたしかりね。

  • 九州産業大学図書館 蔵書検索(OPAC)へ↓
    https://leaf.kyusan-u.ac.jp/opac/volume/1361120

  • 請求記号 816/A 26

  •  

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

作家兼フリーランス広報
国立小山工業高等専門学校を卒業後、国立長岡技術科学大学に進学。教員免許を取得し、同大学大学院を中退。工業高校で講師として教科「情報」や「電子機械」などを担当する。エンターブレインえんため大賞にて最終選考に残り、2016年にファミ通文庫(KADOKAWA)より作家デビュー。その後、作家を続けながらIT企業の広報に転職。プレスリリースの作成やオウンドメディアの運営などを担当。独立し、現在に至る。その他、神職資格も所持。平成生まれ。

「2020年 『理系のための文章教室 もう「読みにくい」とは言わせない!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藍月要の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×