空電の姫君(2) (イブニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (5)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 109
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065201428

作品紹介・あらすじ

伝説のロックバンドのギタリストを父に持つ女子高校生・保坂磨音(ほさかまお)はアマチュアバンド「アルタゴ」のメンバーになる。歌が上手くて美人でミステリアスな親友・支倉夜祈子(はせくらよきこ)も絡んで練習やライブに挑む彼女の青春漫画。アルタゴのリーダー高瀬の引っ越しを手伝って新居となった古い一軒家を改装。バンド活動の拠点ベースと名付ける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 冬目景らしいコメディがあちこちに見えてちょっとうれしい

  • 街フェスにてついに夜祈子が歌うことになり結構な反響を呼ぶこととなったアルタゴ,木根ちゃんの思わぬサポートも入りMVまで完成させたのだった,そんな中老舗ライブハウスからのお誘いが.
    音楽を聴く習慣がないためあまりわからないのだが,連れられて何度か行ったライブはそれはそれで楽しめた,あの客との距離が近いというのが双方にとって良いものなのだろうと思う.いやしかし木根ちゃんなかなか.

  • うぇええぃいいい、、来てるぜ来てるぜぇえ!!!

    ヨキコ様とやり合ったあの女子はいけすかんが、そのおかげモアってかやってるぜやってるぜぇえ

    こういう風に動き出してくるとやっぱ盛り上がってしまう。
    はたして。

  • もっとバンドバンドした話になるのかなあと思っていたけど、そうでもないみたい……?
    しっかし絵がキレイだなあ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1993年、「アフタヌーン」での四季賞受賞を経て、「モーニング増刊OPEN」で『黒鉄』の連載を開始。現在、『イエスタデイをうたって』(ビジネスジャンプ)、『幻影博覧会』(コミックバーズ)、『ももんち』(ビックコミックスピリッツ)を連載中。2008年7月より「アフタヌーン」で『アコニー』を連載再開。

「2016年 『新装版 LUNO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冬目景の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×