文字世界で読む文明論 比較人類史七つの視点 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065201473

作品紹介・あらすじ

ラテン文字圏、ギリシア・キリル文字圏、アラビア文字圏、梵字圏、漢字圏--
五つの文字圏を比べてみると、世界の見方が変わる!

・科挙はなぜ中国社会内部の凝集力を高めたのか?
・日本は長子相続、イスラム世界では?
・箸、フォークとナイフ、右手指食、なぜ違う?
・洋装はいかに非西欧世界に受容されたか?
・なぜ音楽は国境、民族を越えるようになったのか?
・古代ローマと現代アメリカの同化力の限界とは?
・「異才」を育てるための条件とは?
・モンゴル帝国などの開放空間型集団が瓦解した理由
・文明成熟のためのキーワード「フィードバック」とは?

楽しみながら世界史のツボがわかる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漢字はなぜ、世界4大文明の文字で唯一生き残ったのか? 『文字世界で読む文明論』 | J-CAST BOOKウォッチ
    https://books.j-cast.com/2020/08/25012704.html

    『文字世界で読む文明論 比較人類史七つの視点』(鈴木 董):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部
    https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000343062

  • 四大文字世界から五大文字文明に発展。
    「行け行けどんどん」の人類文明はまだ1.0、「フィードバック」することで2.0に発展可能。
    民主主義を機能させること、イノベーターを育てることが必要。
    ページの多くは文明論というよりは文明興亡史、世界史知らないと厳しい。比較文化論としてもおもしろく読めた。

  • 文字からの文明というタイトルですが、なかなか幅広く眺めて書かれています。
    1番心に残ったワードは「行け行けどんどん」でした。
    こう、著者が歩いてきた時代背景がうかがえて、フフッてなります。
    内容の深いところは、私には難しかった!噛みごたえがありました。

    「文明」…科学・技術。都市と社会の秩序。
    「文化」…人間が集団の成員として、後天的に習得し共有する、行動の仕方、ものの考え方、ものの感じ方の「くせ」とその所産の総体。
    「人種」…生物学的な概念
    「民族」…文化的な概念

    音声の可視化 → 文字言語

    楔形文字世界

    ・ラテン文字世界
    ・ギリシア・キリル文字世界
    ・梵字世界
    ・漢字 … 四大文字中、甲骨文字以来、本来の姿で用いられている唯一の文字

    広大な地域で用いられる文字は、共通語としての文化語の性格をおびる。
    大文字圏、大文化圏の形成。

    言葉を持つ → 「個々の経験知」から知の体系としての「体系知」を創り出す。

    宗教と科学
    太古、宗教は科学だった。
    『易経』『占星術』

    「自然的世界」  → 科学
    「超自然的世界」 → 宗教
    …かつては渾然一体としていた。

    ギリシア・アラビア・近代科学
    アラビア数字 0の概念
    錬金術→化学の萌芽

    宗教から科学の分離
    …宗教は「意味」と「救い」を与えるものに変貌したのではないか。

    「なぜ」を問う哲学は、宗教から見下されていた。
    哲学が宗教に取って代わり、世界は狭くなり、哲学も学問の発展により、領域が狭められているのではないか。

    家族の在り方の国による違い
    中国・西洋…「血統の貴さ」
    日本…「家門の誉」

    日本の家→労働組織(柳田国男)

    住まいの形…遊牧民・狩猟民・定住民

    城壁

    遊牧民…水に乏しく、なかなか洗髪出来ない→髪型に工夫→無帽は失礼であるという風習。

    食のマナー、食の禁忌

    唐辛子…新大陸産→日本→韓国(当初、害するために送り込まれた。と思われていた。唐辛子以前のキムチは甘い)→沖縄(コーレ・グース高麗草)

    グローバリゼーション第二段階…大航海時代

    「音楽は国境も民族も越える」
    →音の世界で、グローバルモデルとして、近大西欧モデルの需要
    →異文化圏との接触の中で西欧人の耳も異文化の音を捉える
    →共有する音の世界の拡大

    同化力↔多様性

  • 高校の世界史を思い出しながら読んだ。高校で習う以上の知見には乏しいが、知識の再整理と、著者がオスマン帝国の研究者である為、イスラム文字圏にやや突っ込んだ著述が見られる。自分にイスラム理解が乏しい事、日本の学校教育にイスラムへの視点が乏しい事も言えるが。

    世界史の副読本として、高校生にオススメ。

    くまざわ書店阿倍野店にて購入。

  • トピック毎にそれぞれの文字世界の事を紹介するので忙しい印象もあった。目がすべる所があるのは私の素養が足りないだけか。

    第七章の閉鎖空間と内的凝集力・同化力、開放空間と機動力・瞬発力、核、といったワードが興味深かった。

    「多様性の社会というものは、たしかに文化的に異なるバック・グラウンドをもつ人びとが、各々の特色を生かして、イノヴェーションを生み出しうるかもしれない。しかし、そのような社会が内的凝集力を保つことはなかなかに困難であり、統合の維持に要するコストは、少なからぬものがある(p235)」
    「努めるべきは文明の行き過ぎとその不都合な諸結果を防止し、生じたときにはこれに迅速的確に対処するフィードバックシステムを創り出していくこと…前例のない試みであるから、…創造的イノヴェーションを工夫することが、必須…(p251)」
    フィードバックすなわち「民主主義」が「正常」に機能すること(p12)

    民主主義によるフィードバックと創造的イノヴェーション、簡単なことではないけど忘れないようにしたい。
    今や滅びて謎を残す楔形文字やインダス文明は、今後研究が進むのが楽しみ。

    第二章 ことばと文字、第四章 文明としての組織 文化としての組織、第五章 衣食住の比較文化 は入りやすかった。

    行け行けドンドンは言葉としての印象が強くて邪魔だった…。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/531107

  • -2020/09/11
    新聞記事に引用されていたのでネット購入した。内容は、比較人類史の視点からの文明論。だが、「新書」は素養がなければ読み進められない。辛かった。▶︎惹かれたのは数カ所だった。①グリム童話が恐怖を題材にしているわけ。②日本に明治以前に肉食文化が広まらなかったわけ。③メキシコ原種のチワワが小さいわけ。

  • 東2法経図・6F開架:B1/2/2578/K

  • 2020.08.10 新書サイト巡回で見つける。2020.08.10 新書サイト巡回で見つける。古典文学の中の何気ない所作の中に文化・習慣の起こりが垣間見れる。
    https://gendai.ismedia.jp/list/books/gendai-shinsho/9784065201473

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。東京大学法学部卒業、同大学院法学政治学研究科博士課程修了。法学博士。東京大学名誉教授、トルコ歴史学協会名誉会員。専門はオスマン帝国史、比較史・比較文化。著書に『文字世界で読む文明論』(講談社現代新書)、『オスマン帝国』『イスラムの家からバベルの塔へ』『オスマン帝国とイスラム世界』など。学術文庫に『オスマン帝国の解体 文化世界と国民国家』がある。

「2020年 『食はイスタンブルにあり 君府名物考』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木董の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
トマ・ピケティ
スティーブン・ピ...
有効な右矢印 無効な右矢印

文字世界で読む文明論 比較人類史七つの視点 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×