新・信長公記~ノブナガくんと私~(5) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065204689

作品紹介・あらすじ

時は2105年。日本一の不良校・銀杏高校に戦国武将のクローンが集結した。最強・最悪のモンスター、徳川家康の絶大な力を前にまずは信長の天敵・明智光秀が屈服! 学校中に絶望感が広がったそのとき、信長がついに「うつけ」の顔を捨て(?)参戦!! 伊達政宗、武田信玄ら曲者そろいのクラスの中で“反・家康同盟”の結成をぶち上げるが!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 家康崩しを画策する特進クラスの面々。
    秀吉と黒田如水を参謀に、信長がみんなを導く形で作戦会議は進みます。まずは、総長戦の石高で家康を上回ろう。そのために、総当たりで石高稼いで行こう(八百長)作戦です。

    一致団結して打倒家康!と行きたいところですが、そうは問屋が卸さない。
    作戦開始早々に、破綻しかける総当たり作戦。特進クラスの中に、5人の裏切り者がいる。

    その5人は誰だ?

    家康の息がかかった裏切り者なので、史実の徳川四天王なのか?
    そんなありきたりの設定はしませんね。ひと昔、いやふた昔前ならそれもありかなと思うけど、今そんなことしたら、何言われることやら。

    最初の一人はすぐ判明。しばらくは、裏切り者探しの展開になるのかな。

    表紙は豊臣秀吉です。おさるさん。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

「LIAR GAME」「ONE OUTS」「ソムリエ」「無敵の人」の鬼才、ヤングマガジン初登場!!

「2020年 『新・信長公記~ノブナガくんと私~(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

甲斐谷忍の作品

新・信長公記~ノブナガくんと私~(5) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×