ナイチンゲール 「看護」はここから始まった (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065205037

作品紹介・あらすじ

看護の基礎を作ったナイチンゲール。その仕事と人生。

1820年に生まれたフローレンス・ナイチンゲールは、近代看護の基礎を作っイギリス人の女性です。クリミア戦争が起こると、訓練された看護婦チームを率い、現地のイギリス軍の病院で活動しました。 傷ついた兵士たちを看護するほか、病院の施設や衛生状況を改善するなど、看護の基本を作ったのです。看護学校での看護婦の養成や、職業としての地位向上にも尽力しました。 

(小学上級から。すべての漢字にふりがなつき)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2021/9/15-16読了

  • フローレンス・ナイチンゲールの生涯。

    裕福な家庭で育ったナイチンゲールの子供時代と娘時代。
    社会的弱者や病の人々を助けたい彼女と家族の間の溝。

    「ランプを持ったレディー」と慕われたナイチンゲールは白鳥ではなく鷲でした。

    傷つき倒れた兵士たちの母であったナイチンゲールは、看護師の母であり、病院施設の母であり、衛生学の母であり、働く女性たちの母であり、統計学の母でした。のちに、直接には関わっていませんが、赤十字の母ともなりました。

    フワッとした天使のイメージはくつがえる。ナイチンゲールは天使ではなく戦士だ。
    村岡花子さんのナイチンゲールを読めてよかった。
    大人向けの伝記も読んでみたい。

    統計学の本を読んでいて、ナイチンゲールの名前が出てきて驚いたのを覚えている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(1893年6月21日~1968年10月25日)
翻訳家・児童文学者。数多くの児童文学の翻訳で知られている。山梨県出身。


「2022年 『赤毛のアン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村岡花子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×