スキップとローファー(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.55
  • (11)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 111
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065205396

作品紹介・あらすじ

岩倉美津未、15歳。東京の高偏差値高校に首席入学! それを機に上京した彼女は、勉強こそできるものの、過疎地育ちゆえに同世代コミュ経験がとぼしい。そのうえちょっと天然で、慣れない都会の高校はなかなかムズカシイ! だけど、そんな「みつみちゃん」のまっすぐでまっしろな存在感が、本人も気づかないうちにクラスメイトたちをハッピーにしていく! 高校生活にも慣れてきて、季節はいよいよ文化祭へ。クラスメイトたちのミュージカル上演、実行委員の多彩なお仕事etc....目が回るほど忙しいけれど、みんなで迎える一大イベントは全部が全力! 2020年マンガ大賞では第3位、各メディアから広く注目を集めるスクール・ライフ・コメディの最新第4巻は、不協和音スレスレだけど恋みたいに胸が躍ります!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • 読了。主人公の親にあたる世代だが、高校生の気分で読んでる自分がいた。


  • 学校生活では特別な時間が刻まれる「文化祭」。美津未はやや脇に回り、志摩くんを中心に、美津未と関わりがある人物たちの「自分見つめ」をメインストリームに描かれていきます。やっと自分の気持ちに気がついた志摩くん、ちゃんと認められた兼近先輩などなど…みんながそれぞれに自分を見つめ、また他人に見つけられていく姿がまぶしいです。いいね、高校時代!

  • あぁー好き!!
    青春群像劇!!
    みつみが浅野さんの話聞いちゃった後の志摩くんのフォローとか、二人で歌うとこ。青春の1ページ!
    まこがゆづきの紹介するとこ。友だち!嬉しいね!
    「気ぃ遣いぃ」よく見てるね!
    志摩くん、冷めてたものが少し暖まったならよかった。みつみは暖かい(熱い?)
    (風上先輩のプチ情報もよかったぁ〜)

  • 安定して面白い。登場人物皆良いキャラしてる。

  • クラスは文化祭のミュージカルに盛り上がる中、みつみは生徒会書記として、運営で忙しい。断り切れず、キャストになってしまった志摩くんは、、、?

    詳しく書くとネタバレになるのですが、この巻は、志摩くんのモノローグが多い気がします。物語も、かなり、志摩くん中心に進んで行きます。

    これまで通り、とても生き生きと、登場人物の心の動きが描かれていて、しみじみ良かったです。

  • 文化祭編。ダークサイドいかなくてよかった……。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

アフタヌーン四季賞2012年秋のコンテスト『箱庭のこども』佳作入賞を経て、集中連載『カナリアたちの舟』(全1巻)にてデビュー。
「アフタヌーン」2018年10月号より『スキップとローファー』連載開始。


「2020年 『スキップとローファー(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高松美咲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×