ちはやふる(45) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (46)
  • (48)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 650
感想 : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065211403

作品紹介・あらすじ

クイーン戦第二試合。詩暢の歌の世界へ没入し3枚差まで迫るも、あえなく敗れてしまう。次負けたら、クイーンへの道は絶たれる――。できる限りを尽くした千早は、絶望感に苛まれる。そんな千早を救ったのは…!? そして、最強の名人に王手をかけた新。あとがない周防は、太一が引き合わせたおば・兼子と出会って、どう変わる…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    クイーン戦第二試合。詩暢の歌の世界へ没入し3枚差まで迫るも、あえなく敗れてしまう。次負けたら、クイーンへの道は絶たれる――。できる限りを尽くした千早は、絶望感に苛まれる。そんな千早を救ったのは…!? そして、最強の名人に王手をかけた新。あとがない周防は、太一が引き合わせたおば・兼子と出会って、どう変わる…!?

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • ドキドキして力入って息詰めて読みました

  • ・226 泣くの早くね?千早って、ここまでメンタル弱かった?
    ・227 葉子は補欠的とはいえ、大舞台で読手になれる人だったのね。季節柄、詩暢の着物の柄を梅でくくると、詩暢勝利の伏線なの?
    ・228 葉子対策していたか否かで優劣が。
    ・229 千早勝ったけど、運?千歳(姉)と太一のロマンス来るか?と思った私がバカでした。美人なので舞い上がることもなく、イケメンの扱いは慣れてます?な感じ。

  • 「全部 全部 私以外の人が くれたの」

  • 2敗で後がなくなった千早がみずさわ魂で復活。
    一方、新は自分らしさって?と迷いが生じ、なりふり構わず戦いに出てきたすおう名人に攻めこまれる。
    息がつけない









  • ファイト!!!!!

    凄まじいわ。ホントに。45巻まで積み上がったものが。

  • いやいや最近の中で渾身の1冊ではないでしょうか.ここまで来たかと感無量.

  • もちろん、そのままあっけなくクイーン敗退とは思ってなかったし、ストレートでキングとも考えてなかったけど、なるほど、さすがに興奮させられる展開。これは人気も衰えんわ。まだまだ続きそうな王位決定戦、目が離せません。

  • ドラマチックー!熱い!すごいです。読手さんのドラマも描き出すから濃いですねえ。だからこんなに長く続いてるんですね。千早の意識が変わるシーン
    、印象的でした。人の土俵に上がらない、自分が一番強い土俵で。いい歳になりましたが、この言葉は支えになります。ここから挽回するかな。次巻がすでにたのしみ。しっかし文字が小さいのはシニアの目にはつらいよお。

  • 今日子さんと九頭竜さんの話が良かったー。人と人の繋がりが今を作っててこの先も作っていくっていう展開良かったー。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1992年「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞、同作品が「なかよし増刊」(講談社)に掲載されデビュー。07年から「BE・LOVE」(講談社)で「ちはやふる」の連載を開始。09年同作で第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに「このマンガがすごい!2010」(宝島社)オンナ編で第1位となる。11年「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

「2021年 『ちはやふる(47)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×