「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (19)
  • (30)
  • (34)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 548
感想 : 40
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065213131

作品紹介・あらすじ

2019年末の時点のインタビューで、「2020年にはリーマンショックの5倍はインパクトのあることが起きる。あらゆる天災がいっぺんに来るような。世界構造そのものが激変する。」と言い切っていた星読みヒーラーyuji。

 占星術において2020年は、240年ぶりに時代が激変する年と言われています。今から240年前に起きたことは産業革命。それまでは「武力」で支配されていた世界が「経済」に取って代わられ、以来、会社や組織、学歴やブランド、物質や資産などが力を持つ「土の時代」が続きました。
 そして今年、240年ぶりに世界は「風の時代」へ。yujiが星を読んで予測していたように、いま新型コロナウィルスが世界構造を根底から揺るがしています。風の時代に価値をもつものは、オリジナリティ、センス、情報、波長など、「流れているもの」や「目にみえないもの」。新しい時代の新しい価値観に対応することを、私たちは否応なしに求められています。

 もう古くなった価値観をマインドセットし、新しい時代の風に乗るにはどうしたらいいのか。これからの仕事、暮らし、お金、人間関係、恋愛はどうなるのか。新しい時代を生きるための“ガイドブック”ともいえる星読み本で、withコロナの世界で迷える人々をyujiが導きます。 【長文の12星座別星読み付き】

古い時代の価値観のすさまじい破壊を経て、まったく新しい「風の時代」が始まるのは、2020年12月22日!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 風の時代
    世界の動き、歴史と占星術の関わりがとても興味深く面白かった。
    ビジネス本でも数年前から言われている働き方がこれからの働き方だと。
    世の中の動きと星の関係がとても面白く、もっと深く知りたくなった。

  • 気になっていたので読んでみた。星を読む人と知らなくて、読み始めて早々胡散臭い?と思い半ば斜め読みしていたが、今世の中で起こっているさまざまな変化と傾向が言語化されていて面白かった。なんとなく感じていたものが、言葉になっていた。

    「大量生産、大量消費からの離脱が進むのがこれからの社会トレンドだとするとその先にあるものは“サステナブル・エコ・アースマインド"。」その言葉が少しツボだった。

  • ネイタルチャートのエレメントから、4元素の「メイン-サブ」で分類。
    風-火タイプだったので、「新時代への適応のしやすさ」★5個で、一番多かった!
    それも後押しし、信じたくなる内容◎

    今年に入ってから、自分の興味関心が広がっていることから、ポジティブな変化を実感しているところ。

  • 『生き方の基本、指針を経典に求め、“心の安定”を常とすること。自然との共生をはかり、“地球と呼吸を共に”すること。財物を集めて、“安定とか安心”を得るマテリアルファーストで生きること。“刺激とか変化”を求め、旅の中や冒険に生きること。多種多様な生き方のオプションがこの世にはあり、メインシャフトに据えるものによって人生はいかようにも変化するものです。』

    きっとこれからは、各々が自分の信じる価値観に沿って生きることができるようになるのでしょうね。

  • サードパラダイムシフト
    i 自分の色を出していく
    付き合う人たちも固定化しない
    心地いい場所を意識的に見つける何をよりも誰と
    着替えるように居場所を変える

  • 読みやすかったです。

    よく巷で言われていることが多い内容でしたが、
    時代の流れに合わせて、かつ自分の心地よさも忘れずに生きていけたらなと思いました。

  • ▼memo------------------------------------------------------------

    ・風の時代とは「どんなふうに・いくら稼ぐのか」ではなくて、「どんなクリエイターになっていくのか・どんなのものをあなたは無から生み出していくのか」が問われる時代であり、それがそのままその人の価値になっていく時代であるとするならば、確固たる己のスタイルを求め、確立していく事、そしてそのためのセンス・感受性を磨いていくことが、風の時代における成長戦略といえるのではないでしょうか。

    ・うお座:2023~2026年までは一気に変化・変容のスピードが加速し、またそれと並行して、自分のあり方・肩書を大きく変えていくうお座の人は多いかもしれません。ちょうどその期間は土星と言う試練の星がうお座に入ってくるタイミング。ただ人生のステージを上げるためにやってきている“ 試験期間”のようなものなで、臆せずに、そして逃げずに変化や新たな負荷に立ち向かうようにしましょう。この期間が終わったとき、2027年になれば、まるでどこかの道場で秘密特訓をして、そこにいる名人に稽古をつけてもらった後のように、数段上の力を得ている自分がいるのを実感できるはずです。

  • 今まで何となく感じていた変化が、改めて言語化されまとめられていた。
    テレワークや複業、電子マネー、SNSによるビジネスや出会いなど既に大きな変化は起こっていて、でもそれが今後どう進んでいくのか、考えながら読み進めた。
    個人的には、自宅は買わなくて良かったと感じたし、メルカリも沢山利用していて良かった。今後は自分の色を出し、楽しいことを仕事に繋げられれば良いなと思った。
    また、自分が居心地の良いコミュニティに出会っていけたら良いなと思う(^^)

  • 土の時代から風の時代へ。
    なんとも自由な響き。
    カタチのないものは解釈自由、ワクワクと寄る辺ない不安が混ざって、少しだけ戸惑っている中途半端な状態も良しとしよう。
    200年周期にあたる狭間を体験できる幸せ。
    IもWeもwelcome
    この地球と宇宙に感謝。

  • だんだん時代が変わってきたなあと思ってはいたが、コロナでグッとそれが加速した感じ。で、風の時代は、納得したけど、具体的にどうしたらいいの?って問いかけたくなる一冊。風の時代に生き抜く具体的な戦略が欲しい。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

yuji
ヒーラー、星読み係、聖地巡礼家。香川県高松市生まれ。18歳でイタリアに渡り、現地大学院卒業。ミラノにてプロダクトデザイン事務所に勤務するも、ヒーラーとしての宿命に抗えず拠点を東京に移し、ヒーラーとして活動する決心をする。現在は個人鑑定、連載、講演など、幅広い分野で活躍中。毎日星読みを行い、星々からのメッセージをSNSにて発信している。著書に『神さまと顧問契約を結ぶ方法』『神さま手帖』『yujiの星読み語り』(いずれも小社刊)、『「風の時代」を自分に最適化する方法』『風の時代の未来予測』(ともに講談社刊)、『星2.0』(光文社刊)など。
Twitter @yujiscope / Instagram @yujigentle

「2022年 『「生き方のセンス」の磨き方/白』 で使われていた紹介文から引用しています。」

yujiの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ミヒャエル・エン...
リンダ グラット...
ロンダ・バーン
レイチェル・L....
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×