件 もの言う牛 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.69
  • (1)
  • (5)
  • (19)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 158
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065215555

作品紹介・あらすじ

件=牛から生まれ、人間の言葉を話すとされている。死ぬときに何か予言し、必ずその予言は当たると言われている。

奈良県葛城山山中で男女が遭難。発見された女性の遺体には獣に食い荒らされた痕跡があった。死体のまわりには牛のものと考えられる足跡があった。奈良県警の村口刑事は不可解な状況を不審に思う。

2ヶ月後、岡山県の山間部で、偶然件の誕生を目撃した大学生・美波大輔は何者かに追われる身に。彼は岡山での出来事を忘れようとするが、1週間後、件の予言通り現首相が急逝し、再び岡山を訪れる。

予言する牛の背後には「みさき教」という新興宗教団体の影が。明らかになった入信者の名前は明治以降の大物政治家や総理経験者財界人の名前が並んでいた。
戦前から日本の中枢を動かしていたのは件の予言だったのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上手くホラーと民俗学を融合させて、落とし込んでいるなぁと感心!

    雄略天皇は実在の人物ではないので、この辺りも史料と併せて考えた上で出来上がったんだろうなと想像。

    読ませてくれるホラーは少ないので、面白かったですね。

  • 田中啓文『件 もの言う牛』講談社文庫。

    『件』をテーマにした伝奇パニックホラー小説。『件』と言えば、小松左京のホラー短編『くだんのはは』を思い出すが、果たして本作はどうだろうか。

    単なるホラーに留まらず、スケールの大きい阿鼻叫喚の地獄絵図が描かれる。もう少し贅肉を削ぎ落とし、物語の筋を明確にすれば、もっと面白い作品になったかも知れない。

    奈良県葛城山の山中で若い男女が遭難する。男性は牛に襲われ、崖から転落し、九死に一生を得る。女性は牛に食い荒らされ、無惨な遺体となって発見される。その2ヶ月後、岡山県の山間部でフィールドワーク中に土砂崩れに巻き込まれながら、難を逃れた大学生の美波大輔は助けられた牧場で『件』の誕生と予言を目撃する。『件』の背後に見え隠れする新興宗教団体『みさき教』の姿……

    本体価格820円
    ★★★★

  • 生まれてすぐ予言を言い、すぐに死ぬという
    体は牛、顔は人の妖怪件(くだん)
    の復活を目論むみさき教
    予言を政治に用いようとする政治家の悪行
    それらと戦う、雑誌記者、警察、民俗学学生、信者の娘

    ホラーミステリーとして、スピード感のある話としては楽しめた。

  • 久々の田中啓文。
    絶妙に気持ち悪く、オカルト心をくすぐられる。
    これぞ!と言った感じで、とても満足。
    有り得ない話なのだけれど
    もしかしたら…と色んな想像をしてしまう、そんな作品。

  • ホラー開拓したくなって手に取った本。
    予言をした後すぐに死んでしまうという妖怪「件(くだん)」を信仰する宗教団体に主人公達は巻き込まれていく。

    牛が人間を旨そうに喰うという描写がなかなかゾワッとした。妄想力爆発で話は日本政府にまで広がり…とちょっとやりすぎかなとも思ったけどこのくらい思い切り爆発させた方が面白いよな!と思った。
     
    実際こんな妖怪いたらやべーな…って感じの牛でした…てか牛牛牛…でした笑

    作者は丑年を狙って書いたのかなぁ?

  • なんだろうなあ。圧倒的なB級感。
    B級ホラーというかB級スプラッタというか。真剣に読むよりもそういう気分で読めばそれなりに楽しかった・・といえなくもない。真面目なバカバカしさとでもいいますか。
    何作か読んだけど、この作者さんの持ち味みたいなものなのでそこを「つまらない」と全否定するのも違うかな。サメ映画を本気で否定するみたいなもので。はい。

  • 予言獣・件の復活を目論む新興宗教「みさき教」の封印された過去。書下ろし伝奇ホラー。

  • 史実に沿って話が進んでいくのは面白かった。

  • 件って聞いたことがあるだけの存在だった。
    恐ろしいものを恐ろしい方法で造りだすにはやっぱり代償がいるんだなあと思った。呪いと同じかも。

  • いろんな意味で
    勢いだけの小説。
    まぁ、楽しかった笑

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。93年「凶の剣士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、短篇「落花する緑」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。2002年「銀河帝国の弘法も筆の誤り」で第62回日本推理作家協会賞短篇部門を受賞。ミステリー、ホラー、伝奇と様々なジャンルで活躍し、時代小説では「鍋奉行犯科帳」「浮世奉行と三悪人」などのシリーズなどがある。

「2023年 『貧乏神あんど福の神 秀吉が来た!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中啓文の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×