エトワール!(8) 白鳥たちのフェスティバル (講談社青い鳥文庫)

著者 :
  • 講談社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065216354

作品紹介・あらすじ

主人公・めいは中学生になり、仲よし3人――南、梨央、杏樹といっしょに、避暑地の高原で行われるバレエフェスティバルに向けて、合同レッスンに励む日々。中学の同じクラスで、何かと絡んでくる美人の麗華も参加している。めいが恋心を抱く月村透はヴァルナ国際コンクールへと旅立ち、それぞれがバレエと向き合う夏を描きます。<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

著者プロフィール

梅田みか(うめだみか)
作家・脚本家。東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。小説、エッセイのほか、人気テレビドラマの脚本を多く手掛けている。幼少期より橘バレヱ学校にてクラシックバレエを習う。小説『海と真珠』(ハルキ文庫)はその経験が生かされた本格的バレエ小説。バレエのほか、フィギュアスケートにも造詣が深い。

「2022年 『エトワール!(11) コンテの世界へようこそ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅田みかの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×