2020年のゲーム・キッズ →その先の未来 (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 星海社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065216590

作品紹介・あらすじ

これが、SFが予言するアフターコロナだ!

結婚式まで会ったことがない完全オンライン恋愛の男女、
ビデオ通話のバグを使って正体を隠す妖怪、
子供だけが外出できる世界……etc.etc.

2020年の先の未来をくまなく描き出す「ゲーム・キッズ」最新作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生物の頂点だと思っていた人間は、底辺だと思っていたウイルスに勝てなかった。
    コロナによって変わっていく世界。

    家族以外の接触をすべて禁止。
    感染者は無症状も含め体が赤く光るようになり周知される。
    恋愛も友情もオンライン。
    バーチャルでしか会えない。
    加工アプリを使いすぎて、いざ会うとなったら美容整形に駆け込む人々。

    この先の未来に、ここに書かれたことが起こっているかもしれない。
    そう思うと少しぞっとして、でもそれが変化なのかなと。
    きっと昔の人からすれば、現代は理解不能な世界。
    歴史はそう言うものですね。

    離れていても登録した相手が星のように光って見えるメガネ。
    そのストーリーがいちばん好きでした。
    最も大切な光が消えるとき、私も一緒に消えたい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

小説家・ライター。ゲーム制作会社(株)GTV代表を務める。代表作に「ゲーム・キッズ」「プラトニックチェーン」「iKILL」の各シリーズ、『怪人21世紀中野ブロードウェイ探偵 ユウ&AI』、『吐田君に言わせるとこの世界は』などがある。

「2020年 『2020年のゲーム・キッズ →その先の未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺浩弐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×