ハコヅメ~交番女子の逆襲~(15) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.63
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065217597

作品紹介・あらすじ




虎松譲二の逆問を受け、組織内の情報が漏れていたことが発覚!
息子の誠二をネタに脅させれる源の父。情報は一体どこから漏れたのか。無事に譲二をパクることができるの!?
「奥岡島事件の恩賞」編、ここに完結!もちろん通常回も絶好調!あの頼れるゴリラが、チンパンジーに甘えるゴリラに大変身!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前巻から引き続きの「奥岡島事件の恩賞」編が決着!恩賞って何のことだろうと思ってたんだけど、そう来たかと。源の過去や父との関係も掘り下げられてよかった。源からかけられたあの言葉こそ、父にとっての最大の恩賞だったのかなと。自分をネタに父を脅された譲二と相対した源、そこに譲二が可愛がる娘・菜摘の関係性を絡めて描くのも巧み。

    それにしても、マコの父親があの人とは…他の部分でもさりげないところに張った伏線を回収してくるよね。「暴走ゴリラ制圧事案」でも作者の巧妙な手口にしてやられた。警察もの以外を描いてもきっと上手いと思う。警察のあるあるネタに頼らず、あくまでストーリーやキャラという骨格がしっかりしてるし、3年で15巻まで駆け抜けてどんどん面白くなるのがすごすぎる。これも「仕事は追わなきゃ追われます」精神なのかな。

    川合の成長も著しい。菜摘に説いたあの言葉も胸に響いた。先輩たちに負けずに前へ出るようになった中でも、天然でツッコミがいある可愛いキャラも残っていて面白い。藤部長が甘噛みしちゃうのもしょうがない(笑) 地団駄を踏んじゃうところもパーフェクト。大きな事件が終わってどうなるかなと思ったけど、安定して面白くていいね。

  • 誠二の家族関係を思い出すため「奥岡島事件の恩賞」シリーズを読み直した。(13巻から)

    進撃、大捜査線。
    バンクシーという今ネタも入ってますます面白い。
    「コンクリートバイブ」・・!!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

某県警に10年勤務。2017年、担当編集者の制止も聞かず、公務員の安定を捨て専業漫画家に転身する。短編『交番女子』が掲載され話題になっていた「モーニング」誌上で、2017年11月より『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』の週刊連載がスタート!

「2020年 『ハコヅメ~交番女子の逆襲~(15)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

泰三子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×