南極ダイアリー (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065217733

作品紹介・あらすじ

深夜2時、白夜のに写るペンギンの長い影。
暑い氷の下のカラフルな海の表情ーー。

20年に亘り通い続けたからこそ書けること。
温暖化で変わるゆく南極の動物たちや景色を
貴重な写真83点と、
カラー口絵32ページで展開。

はじめに
第一章 温暖化の波のなかで――南極半島
第二章 南大洋に浮かぶ生きものたちの楽園ーーサウスジョージア島
第三章 コウテイペンギンの国ーーロス海、ウエッデル海の奥懐へ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 水口博也の見続けた南極のペンギンの生活を中心に、この20年の変化を記した本。

    水口博也といえば、オルカを追ってる海洋ジャーナリストというイメージが強かった。だから正直、南極へまで足を伸ばしているとはビックリした。
    南極の定義から、南極に住むペンギンのこと、南極を巡る歴史や、その地で営みを続けてきた生物が直面している危機や、氷山のことなど。
    専門的なことが、とても分かりやすく、筆者の立場から感じたこととして記されている。

    だけど、やはり専門的なので、もう一度ゆっくり読み返したい。
    そして、水口博也の話を聞いてみたいと思った。

  • ふむ

  • 【推薦コメント】
    地球温暖化が決して人ごとではないということを考えさせられる傍ら、懸命に生きる動物たちの姿に、心洗われます。
    (生命環境科学域 4年)

    【所蔵館】
    総合図書館中百舌鳥

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000951817

  • 南極の大自然やそこに息吹く生命の壮大さのみならず、南極探索の歴史や、現代において観光渡航する場合の実情なども織り交ぜながらぐいぐい引き込まれる文章を展開する。人間社会との断絶した厳しい環境が生み出す生態系の素晴らしさを、文明機器を持ち込んで活動し世に伝える自己矛盾を著者自身も感じているだろうが、南極に惚れ込んでしまった人の書くありのままの物語に嫌らしさは感じられない。
    願わくばいつか熟練カメラマンさえも言葉を失うほどに衝撃的だという何万というペンギン達のコロニーをこの目で見てみたい。

  • 12月16日新着図書:海洋生物写真家水口氏が複数回に及ぶ南極渡航で感じた南極海域の動物たちの様子や南極の温暖化による変化などを記した1冊。水口氏には「世界で一番美しいペンギン図鑑」「世界で一番美しいシャチ図鑑」などの著書があります。
    タイトル:南極ダイアリー
    請求記号: 400:Mi
    URL:https://mylibrary.toho-u.ac.jp/webopac/BB28176069

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

水口博也(みなくち ひろや)
写真家・ジャーナリスト。大阪府生まれ。京都大学理学部動物学科卒業。海棲哺乳類を中心に、写真集や写真絵本、書籍など多数手がける。写真集『オルカ アゲイン』(1991)で第22回講談社出版文化賞写真賞受賞。写真絵本『マッコウの歌 しろいおおきなともだち』(2000年)で日本絵本大賞受賞。 


「2022年 『クジラの進化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水口博也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
ヴィクトール・E...
トーンテレヘン
今尾 恵介
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×