クソったれ資本主義が倒れたあとの、もう一つの世界

  • 講談社
3.10
  • (3)
  • (7)
  • (10)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 299
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065219508

作品紹介・あらすじ

斎藤幸平氏、絶賛!
「株式市場をぶっ壊せ。21世紀の革命は、いま始まったばかりだ」
『父が娘に語る、美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話』著者による前人未踏の衝撃作!
資本主義が滅びた「もう一つの世界」では……。
*「1人1株1票」ルールができる。
ピラミッド型組織が消滅した未来、上司もリーダーも不要。すべての組織はフラット&流動的なチームに。議決権を握る大株主、幹部の利益独占、不公平な査定も消滅。
*富は言語化する。
市民は全員、1つの口座を生まれながらにもつ。全企業の売上5%を原資とした新たなベーシックインカムで、格差、所得税と消費税、老後の不安が消える。
*株式市場は廃止される。
口座を管理するのは、中央銀行のみ。銀行と資本家が仮想取引で富をふくらますペテンは成立しない。実体のない利益を生むシステムが消えたら、ゴールドマンサックスもJPモルガンも、くたばるしかない。

分岐点は2008年/ワームホール/この世界と異なる選択をした「もう一つの世界」/パラレルワールド/S F/経済学/ギリシャ哲学/オルタナティブストーリー/ファンタジー/資本主義の終焉?/新しい社会主義?/ユートピア?/サッチャリズム/スターリン/ジェフ・ベゾス/リーマンブラザーズ/貨幣/土地/議決権/強欲資本家/1人1株1票/スター社員も新入社員も基本給は均等割/パーキャブ口座/ヒエラルキーの消滅/銀行の消滅/イデオロギー/コーポ・サンディカリズム/家父長制/恋愛至上主義/フェミニズム/アクティビスト/リベラリスト/ワルキューレ/ヘパイストスの狂気

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界的経済学者が考える「法人税はもっと上げていい」これだけの理由(青木 由美子) | +αオンライン | 講談社(1/5)
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/88892

    クソったれ資本主義が倒れたあとの、もう一つの世界 | +αオンライン | 講談社
    https://gendai.ismedia.jp/list/books/plus-alpha/9784065219508

    『クソったれ資本主義が倒れたあとの、もう一つの世界』(ヤニス・バルファキス,江口 泰子)|講談社BOOK倶楽部
    https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000347999

  • 著者は、ギリシャの経済学者で債務危機の際にギリシャ財務相も務めた現役の国会議員。本書は、SFの形を採った壮大な思考実験。リーマンショックを機に分岐した「もう一つの世界」では、OC(ossify capitalism、資本主義を凍結せよ)革命が起こり、理想のポスト資本主義社会(「フラットな組織」、労働者1人1株(株取引は不能=株式市場廃止)、信用格付けの廃止・企業をランク付けする「社会力インデックス」導入、労働市場廃止、商業銀行の消滅、土地の公有化、貿易不均衡税や過大資金流入税の創設)が実現している、という架空ストーリー。

    本書に描かれているオルターナティブな社会システム、残念ながらあまりピンと来なかったな。やはり人って、できるだけ楽をしたいし他人よりいい暮らしがしたい、得をしたい、等と思う生き物なのだ(聖人君子を除けば、要望が活力の源になっている、と言い換えてもいい)。「足るを知る」という言葉が重たいのも、人間の欲望が暴走しがちだから。なので、平等性が重視され他人との間にほとんど差がつかない社会が実現したら、頑張りたくない、できるだけ怠けたい、と思う人がうんと増えちゃうんじゃないかな。

    そうすると、結局のところ、人間の欲望を(暴走させることなく)上手くコントロールして社会がいい方向に向かうためのエネルギーとする(社会課題に果敢に立ち向かわせる)ことが不可欠で、欲望を上手く掻き立てることができない社会システムは決して上手く行かない、と思うのだがどうだろう。

    行き過ぎた資本主義=貪欲な金融資本主義が最悪なのは全くその通りと思うのだが、本書が描くような、ポスト資本主義のシステムで、果たして世の中が上手く回るのだろうか?

  •  最近はポスト資本主義を提唱する本が多い。
     それぞれ理想的であり、また欠陥も抱えているが、提案と議論があることは良い環境と思う。
     読んで、どこが良いか、欠陥は何かを読者が考えることが重要ではないかと思う。

     さて、本書は2008年、リーマンショックを機に資本主義と分かれたパラレルワールドのポスト資本主義がどうなったかをSF小説仕立てで書かれている。

     作者が、特に重要視して説明したいところは図が示されている。

    ・給与体系
    ・株式市場亡き後の議決権
    ・配当、相続、積立

     その後もジェンダーやテック企業の市場支配について書かれているが、作者の主張は概ね上の3つだろう。

     さて、給与体系についてはメンバーシップ型からジョブ型、さらに先のプロジェクト型への移行は、おいおい日本でも進んでいくだろう。

     株式保有比率ではなく、一人一票の議決権というのは、プロジェクト専門の合同会社という形が広がっていけば成り立つのでは。
     スタートアップの資金調達も株式市場以外にも、クラウドファンディングという手法が取れる現在では、非上場は株式会社ではなく、合同会社でよいのではと思う。

     そして一点、どう考えても解決できそうにないのが「配当」にあると考える。
     社会資本から個人への配当は、つまりはベーシックインカムである。
     ベーシックインカムは、必要だとは思う。
     最低限の生活保証があるだけで、失敗しても最悪生きていけるというセーフティネットがないと、挑戦ができない。
     財源問題が出てくるが、ベーシックインカムは現金給付ではなく、クーポンの形になら実現できるのでは。

     しかし、俺が思うにベーシックインカムの欠陥が一点。
     ”誰がエッセンシャルワークを引き受けるのか”という疑問が解消できない。
     最低限の生活が保証されれば、誰が好き好んでキツイ仕事を引き受けるのか。
     ゴミ回収、建築物の解体、インフラ保全、その他諸々、更には国防とか。
     最低限の生活が保証されているのに、誰が率先してそんな仕事をやりたがるのか(仕事に貴賤はないと言うけれどさ)。
     ベーシックインカム論に違和感を覚えるのは、頭のいい連中が理想論で語るけど、実際に社会を支えている仕事を見ていないのではないか。
     労働者全員が頭脳労働して社会が回るってわけじゃないんだぜ。

     ベーシックインカムが可能になるのは、おそらく社会インフラが技術的に完全無人化を達成できればと思う。
     それができずにベーシックインカムの導入は、何らかの理由で無戸籍とかで社会保障から外れた人が、そういったエッセンシャルワークを引き受ける、本物の格差社会のディストピア社会が生まれると思うのは妄想すぎるだろうか。

     そんなことを読後に考えました。

  • 仮に資本主義が転覆して、あたらしい主義が台頭したとしたら、2008年からの世界はどんな風に転がっていったか?という実験的小説。
    ただし、かなり人間の善性に寄ったものであると思う。
    この本では目の敵にしている株式市場という存在も、
    本来はもっとまともな姿であったわけで、人間の富への欲望が、その在り方を大きく変えてしまったように、
    ここで提唱されている世界の有り様も、そこに生きる人々の
    心根によって、良い方にも、あるいは悪い方にも、変わってくるのではないかな、と思う。

  • 結局、現代ビジネスの訳者の方の記事を読んであぁ…となった。多分、SFとしてはハマらなかったんだな。

  • 経済学とSF小説を組み合わせた内容。SF映画でよくあるパラレルワールドの世界の話。優秀エンジニアがパラレルワールドと繋げることに成功し、もう1つの世界の自分達とコンタクトを取れるようになる。もう1つの世界ではリーマンショックを機に資本主義が倒れ、別の世界ができていると言う内容。経済学者の観点から非常に内容に凝っており、資本主義じゃなければそのような世界があってもおかしくないと感じさせられた。

    しかし、内容が凝りすぎていて、経済用語・歴史に追いつけず、理解することが難しかった。正直読み飛ばしている部分は多い。経済学の要素が多く、小説(フィクション)の部分の内容は薄いと感じた。

    経済学に強い人は楽しめるのではないかと思う。

  • 小説としてはのめり込む事が出来なかった。面白くない

  • 面白い,が,展開が込み入りすぎていてなかなか読みづらい作品だった.
    語りや伝聞の形式ではなく,折角なので「もう一つの世界」の実際の様子が描かれていたら,もう少し映像化して読めるのになぁ.

  • 資本主義社会が抱える様々な問題に憤る3人の知的で個性的な主人公たちが、それらを解決したもう一つの世界とワームホールで繋がり、その世界で生きるもう一人の自分たちと交流するSF的な小説。

    と言っても小説と言うより、経済学者である著者の思考実験であり、SFの枠組みを敢えて使いたかったのはわかるのだが、それでもやはり小説の形を採らなくてはいけなかったのかな、と疑問。それほど冗長で小説としての魅力には乏しい。夢物語と言われても、資本主義を乗り越える処方箋としてそのまま提言した方がよかったのでは、という気もする。

    とは言え、著者の真摯で情熱的な思考はよく伝わり、真剣に検討すべき点がいくつもある本だと思う。

  • 翻訳モノなのですが、こういう感じのって一般的なのかな。面白いなと読み進めました。実際の歴史や政治、経済と絡めての現代の前後をスペクタルに描かれております。日本ではあまり流行らないのでしょうか。でも、書かれている主義主張的な部分がクローズアップされてしまうのでしょうか。それはさておき、こういう捉え方もあるって認識でも十分に面白いと思うのです。で、後書き的な部分を見やるに当該国でも稀有な作品らしく、そうなんだと少々納得。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年アテネ生まれ。経済学部教授として長年にわたり、英国、オーストラリア、ギリシャ、米国で教鞭をとる。2015年、ギリシャ経済危機のさなかにチプラス政権の財務大臣に就任。緊縮財政策を迫るEUに対して大幅な債務減免を主張し、注目を集めた。2016年、DiEM25((Democracy in Europe Movement 2025:民主的ヨーロッパ運動2025)を共同で設立。2018年、米国の上院議員バーニー・サンダース氏らとともにプログレッシブ・インターナショナル(Progressive International)を立ち上げる。世界中の人々に向けて、民主主義の再生を語り続けている。主な著書に、『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』(ダイヤモンド社)『わたしたちを救う経済学――破綻したからこそ見える世界の真実』(Pヴァイン)『黒い匣――密室の権力者たちが狂わせる世界の運命』(明石書店)『世界牛魔人――グローバル・ミノタウロス:米国、欧州、そして世界経済のゆくえ』(那須里山舎)などがある。

「2021年 『クソったれ資本主義が倒れたあとの、もう一つの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤニス・バルファキスの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×