夜カフェ(8) (講談社青い鳥文庫)

著者 :
  • 講談社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065219737

作品紹介・あらすじ

親友だと思っていたのは、あたしだけ? 

あたしはハナビ。みんなでごはんを食べる場所「夜カフェ」を開いてるんだ。
中3の新学期、期待もむなしく、またしても親友のティナちゃんと別々のクラスに。
でも、ティナちゃんは、学年でも目立つメンバーに囲まれて、「ぼっち」脱出。
一方、あたしは「ぼっち」のまま。
二人で一緒にいたいだけなのに、ティナちゃんがどんどん遠くなっていく気がして……。

<小学校上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 家を飛び出し叔母の愛子さんのところで暮らす花美(ハナビ)

    みんなで集まってごはんを食べる「夜カフェ」を仲良しの星空(ティナ)たちと始め、「夜カフェ 中学生ナイト」も軌道に乗っている

    3年生になり、学校では“ぼっち”のハナビとティナは同じクラスになれなかったが、ティナが目立つ女子たちと仲良くなるのを見てハナビは複雑な気持ちになる

      なにを言っても、ぜんぜんちがうふうに取られる。
      言いたいことがまったく伝わらない。どうしてわかってくれないの?
      言えば言うだけ、話がこじれていく。
      目の前にいるティナちゃんが、どんどん遠くなる。
      悲しいよ、ティナちゃん……。

    離れてしまった二人の心
    寂しさを振り切るように「夜カフェ」で張り切るハナビだったが……

    《この八巻は友だち関係がテーマです。……今なやんでいる人も、必ず乗りこえられる時がくるって信じてね!》──「あとがき」より

    青い鳥文庫『いちご』『青い天使』『パセリ伝説』などで高学年から中学生の女の子に絶大な人気を誇る倉橋燿子の新シリーズ第8弾、2021年1月刊

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

 広島県生まれ。上智大学文学部卒業。出版社勤務、フリー編集者、コピーライター を経て、作家デビュー。講談社X文庫『風を道しるべに……』等で大人気を博した。 その後、児童読み物に重心を移す。主な作品に、『いちご』(全5巻)、『青い天使』(全9巻)、『ドリームファーム物語 ペガサスの翼』(全3巻)、『月が眠る家』(全5巻) 『パセリ伝説』(全12巻)『パセリ伝説外伝 守り石の予言』「ラ・メール星物語」シリーズ、「魔女の診療所」シリーズ、「ドジ魔女ヒアリ」シリーズ、「ポレポレ日記」シリーズ、『生きているだけでいい!~馬がおしえてくれたこと~』(以上、すべて青い鳥文庫/講談社)、『風の天使』(ポプラ社)などがある。

「2021年 『夜カフェ(8)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉橋燿子の作品

夜カフェ(8) (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×